TAあゆ好きのあゆバカ日記

TAあゆ好き(某所では旗振り緑サポ)のブログです。


テーマ:

鉄道友の会は24日、今年のブルーリボン賞(最優秀車両)にJR九州BEC819系、ローレル賞(優秀車両)にJR東日本E235系・えちごトキめき鉄道ET122系1000番台・静岡鉄道A3000形を選定したと発表した。JR九州の車両のブルーリボン賞は2001年の885系以来、ローレル賞も含めると2005年の九州新幹線800系以来の受賞となる。

ブルーリボン賞に選ばれたJR九州BEC819系は「人と地球の未来にやさしい」がコンセプトの交流架線式蓄電池電車で、愛称名は「DENCHA(デンチャ)」。電化区間は交流電車として、パンタグラフから電気エネルギーを取り入れて走行(架線走行モード)。非電化区間は車両に搭載した主回路電池に蓄えた電気エネルギーで走行(蓄電池走行モード)する。

BEC819系「DENCHA」は817系2000番台をベースとしたアルミニウム合金製の2両編成で、817系と区別しやすいように、乗降扉や電池箱外部などに青色を配した。2016年10月に先行車1編成が導入され、筑豊本線若松~折尾間(若松線)で営業運転を開始。今年3月に量産車6編成を導入し、同区間の気動車をすべて置き換えた。現在は筑豊本線・篠栗線の電化区間(福北ゆたか線)でも一部運用され、817系と連結しての営業運転も行われている。

気動車から電車(蓄電池電車)へ置き換えることで、沿線イメージ向上の効果が期待できるとともに、エンジンの騒音・振動・排気ガスがなくなり、動力費・メンテナンス費用の削減、回生ブレーキによる電気エネルギーの再利用など、環境負荷の低減にも大きく寄与する。ブルーリボン賞の選定にあたり、これらの特徴が高く評価されたという。

今年のローレル賞には3形式が選ばれた。E235系はJR東日本の新たな標準車両と位置づけられ、これまで電動車2両分をまとめて搭載していた制御装置を1両ごとに搭載する構成としたほか、車両制御システムとして新たに列車情報管理制御装置(INTEROS)を導入し、紙媒体の広告に代わってデジタルサイネージを車内の側窓上部と妻上部にも搭載するなど、ハード・ソフト両面で新基軸を取り入れた。

2016年3月から本格的に営業運転を開始した量産先行車に続き、今後は量産車も順次投入される予定。「今後の首都圏の快適な輸送サービスを担う存在」(鉄道友の会)として評価され、ローレル賞に選定された。

えちごトキめき鉄道ET122系1000番台は、リゾート列車「えちごトキめきリゾート雪月花」として2016年4月にデビューした2両編成の観光用車両。日本海ひすいラインの気動車ET122系をベースとしつつ、鮮やかな銀朱色の車体塗装や上下左右に拡大された側窓をはじめ、車体を新たに設計した。1号車(ET122-1001)はラウンジ形式、2号車(ET122-1002)はクラシカルなレストランスタイルの座席配置で、先頭部をハイデッキ構造とし、良質な眺望と開放感あふれる客室空間を生み出している。ローレル賞の選定にあたり、高いレベルの開発コンセプトを具現化し、沿線の観光振興に大きく寄与した点が評価された。

静岡鉄道の新型車両A3000形は、現在の鉄道車両で確立・熟成された高い信頼性を持つ技術をバランス良く選択し、路線規模・運行形態・保守性とのマッチングも考慮してコンパクトかつオーソドックスにまとめられた車両であることが評価され、ローレル賞に選定された。A3000形は既存車両1000形の置換えとして全12編成(計24両)導入する計画で、うち7編成は編成ごとに異なる7色のラッピングで装飾する予定となっている。

鉄道友の会ブルーリボン賞・ローレル賞は、国内における鉄道車両の進歩発展に寄与することを目的に、毎年1回、前年1月1日から12月31日までの期間に正式に営業運転を開始した新造・改造車両を対象に選定している。今年の候補車両は13形式だったとのこと。会員の投票をもとにブルーリボン賞・ローレル賞選考委員会が審議し、最優秀と認めた車両をブルーリボン賞、優秀と認めた車両をローレル賞に選定した。

(mixiニュースより@マイナビニュース)

2016年12月31日撮影

 

今年の鉄道友の会ブルーリボン賞とローレル賞の受賞車両が決まりました。

参照

E235系がローレル賞受賞しました。この車両は量産車が増備されています。

 

ちなみにこの記事は5月24日付の記事です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

どうも、TAあゆ好きです。

 

5月14日に行われた、Jtb-20-ツアー(Just the beginning -20- TOUR 2017)横アリ公演(16:00開演@横浜アリーナ)の帰り道、上野東京ライン宇都宮線直通待っていたら、特急「踊り子」が入線してきました。

185系です。

 

この車両は報道によると数年以内に引退するそうです。現在中央線特急で活躍中のE257系に置き換えられる話だそうです。

 

JR東日本に移行したときは全車健在でしたが、数年前から廃車が始まって徐々に減少しています。

 

今年のツアーでも遠征先中心に鉄道写真撮影したいと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

京王電鉄は26日、クロスシート・ロングシートに転換できる新型車両5000系を使用し、2018年春から運行開始予定の有料の座席指定列車の愛称投票を実施すると発表した。あわせて新型車両5000系の今後のスケジュールに関して、今年9月からロングシートで通常列車として営業運転を開始する予定であることも明らかにされた。

新型車両5000系の製作会社は総合車両製作所で、計50両(10両固定編成×5編成)を導入。既存車両と異なるシャープな外観でスマートな列車を表現し、クロスシート・ロングシート転換座席の採用は同社初となる。内装は沿線にある高尾山の木々の深いブラウン、「繊維の街」八王子の絹糸をモチーフに、華やかで上質な空間を演出する。車いすスペース・ベビーカースペースを各車両に設置するほか、さらなる省エネ推進も図る。

有料の座席指定列車は新型車両5000系をクロスシートで使用し、2018年春から運行開始予定。平日・土休日夜間の帰宅時間帯、新宿発京王八王子行・新宿発橋本行で運行される。これに先立ち、新型車両5000系は2017年9月からロングシートで通常列車として営業運転を開始する予定で詳細な営業運転開始日などは後日発表される。

営業運転開始前の9月17日には、100組200名を招待しての一般向け試乗会も実施。4月27日から始まる座席指定列車の愛称投票に合わせ、試乗会への応募も受け付ける。

座席指定列車の愛称投票は4月27日10時から5月19日17時まで行われ、特設サイトの専用フォームから投票を行う。「1.京王ライナー」「2.京王スマートライナー」「3.京王プライムライナー」「4.Luxpress(ラクスプレス)」「5.WESTAR(ウェスター)」の5つの候補の中から、愛称にふさわしいと思うものをひとつ選び、投票する方式で、愛称決定は2018年1月を予定している。投票者の中から抽選で「京王プラザホテル 最上級クラブフロア『プレミアプラン』ペアご宿泊」(2組4名)などの賞品がプレゼントされる。

愛称投票の5つの候補に関して、「京王ライナー」は京王電鉄の新サービスであることをシンプルに表現し、「京王スマートライナー」の「スマート」は「気の利いた(smart)」サービス、「京王プライムライナー」の「プライム」は「最上の(prime)」サービスを表現しているとのこと。「Luxpress」は「luxuary(贅沢な)」「express(急行列車)」の造語、「WESTAR」は東京都西部の「west」と人気を表す「star」の造語とされている。

(mixiニュースより@マイナビニュース)

001.jpg

※画像はマイナビニュースより

 

9月に運転開始ですが、是非とも乗ってみたいです。まずはロングシートの状態から。

 

京王電鉄の公式HPによると、愛称投票行う。

 

明日から、こちらのサイトで投票開始です

 

古河市の職場帰り、直接日野の実家へ帰るが、是非とも乗ってみたいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも、TAあゆ好きです。

 

4月1日のこと。南武線に乗ることがあったので、府中本町で待っていたら、偶然にも、E233系のN36編成であった。

この車両はもとは、中央線・青梅・五日市線用の車両で209系置き換えるために転属されたものです。

8500番台となっています。1本しかないです。

元青梅線ということで、半自動ドアがあります。

府中本町から分倍河原まで乗車しました。

 

その後、京王線に乗り換えた。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京急行電鉄は22日、田園都市線・大井町線・世田谷線で4月21日に実施するダイヤ改正の概要と、朝ラッシュ時における田園都市線・大井町線の混雑緩和施策について発表した。田園都市線は4月21日のダイヤ改正で、平日早朝に急行などを増発。大井町線は2017年度下期から急行を7両編成に増やして運行する。

○東急田園都市線ダイヤ改正、早朝の列車増発でオフピーク通勤・通学を推進

田園都市線は依然として朝ラッシュ時の混雑が続いており、2015年度の国土交通省「混雑率データ」でも、池尻大橋~渋谷間の混雑率は184%だった。東急電鉄は混雑を一因とした遅延の解消を重要な課題と位置づけ、これまでにも列車の増発や準急運転の開始、オフピーク乗車を推進する「早起き応援ポイント」など、混雑緩和に努めてきた。

4月21日のダイヤ改正でも、上り二子玉川発・鷺沼発・長津田発の初電時刻を1~5分程度繰り上げるほか、平日早朝に上り急行2本(長津田駅5時5分発・渋谷駅5時34分着、中央林間駅5時30分発・渋谷駅6時9分着)、下り各停1本(渋谷駅5時46分発・中央林間駅6時39分着)・急行1本(渋谷駅6時14分発・長津田駅6時45分着)を増発し、オフピーク通勤・通学を推進する。土休日も早朝に渋谷~長津田間で下り・上り1本ずつ急行を増発。田園都市線のダイヤ改正にともない、大井町線・世田谷線も一部列車の発着時刻が変更される。

東急電鉄は他にも混雑緩和に向けた施策を実施しており、国道246号線を走る東急バス(渋谷駅行)への乗車を促す「バスも! キャンペーン」も、利用方法を一部変更した上で4月以降も継続予定。それでも「田園都市線の平日朝ラッシュのピーク時間帯は渋谷着8時台ですが、この時間帯の列車の増発はダイヤ上難しいのが現状」だという。

○大井町線の急行停車駅でホーム延伸工事、2017年度下期から7両編成に

大井町線の急行運転も田園都市線の混雑緩和に向けた施策のひとつで、2008年3月から開始された。急行用の車両6000系を使用し、現在は大井町~溝の口間を中心に、田園都市線長津田方面へ乗り入れる列車も設定されている。大井町線は急行運転などで利便性が向上し、利用者が増加したことで混雑率も上昇している。そこで混雑緩和とさらなる利便性向上を目的に、急行用の車両を現在の6両編成から7両編成に増やすことになった。

大井町線急行の7両編成での運用開始は2017年度下期を予定しており、現在は急行停車駅の大井町駅・旗の台駅・自由が丘駅にて7両編成に対応するためのホーム延伸工事を進めているという。東急電鉄は田園都市線・大井町線の混雑緩和施策を実施し、移動手段をはじめとする多様な選択肢を提供することで、「朝のピーク時間帯に集中する混雑の分散化に取り組み、より魅力ある沿線を目指していきます」と発表している。

(mixiニュースより@マイナビニュース)

東急電鉄公式HP@PDF

東急田園都市線のダイヤ改正は大井町線と世田谷線も行います。東武鉄道と東京メトロ半蔵門線と同じ日ですね。

 

あと東急では8500系置き換え用の2020系が登場します。

東急電鉄公式HP@PDF

IMG_20170317_181717.jpgIMG_20170317_181720.jpgIMG_20170317_181723.jpgIMG_20170317_181726.jpg

※画像はマイナビニュースから

 

この車両東武スカイツリーライン経由で久喜にやってくると思う。

2018年3月に30両(10両編成×3)に導入されますが、以後導入されていきます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも、TAあゆ好きです。

 

昨日のことですが、ゆしん × miccieトークライブイベント『ここだけのぶっちゃけ話』」<記事>に行ってきたのですが、東京メトロ日比谷線に乗りました。

往復とも、北千住〜六本木です。

往路は北千住始発の列車で、東武20050系でした。始発駅では5ドアのうち、3ドアしかあかないのです。

六本木に着いたら、乗車位置に注目。

7両編成というのが、今月中に運転開始される、東京メトロ13000系に対応したもの(東武70000系もそうです)。

東京メトロ13000系(または東武70000系)に合わせた乗車位置です。

復路は初期の東武20000系でした。

東武もそろそろ置き換えが始まると思う。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも、TAあゆ好きです。

 

東武鉄道の公式HPによると<こちら>、4月21日にダイヤ改正行います。先に特急列車のダイヤ改正のご案内がありましたが、東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線直通のような一般列車のことです。

平日朝間ラッシュ時の東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線直通列車を増発・区間延長します。

現行の東武動物公園始発の列車のうち久喜始発に区間延長します。

最終列車の繰り下げ行います(平日)。

浅草発着の快速・区間快速が廃止となります。

東武6050系

快速・区間快速が廃止となる代わりに、南栗橋始発日光方面の急行・区間急行新設します。

などです。

新設する南栗橋始発日光方面の急行・区間急行の停車駅は、急行は、南栗橋・栗橋・

板倉東洋大前・新大平下・栃木・新栃木・新鹿沼・下今市・東武日光です。区間急行は新大平下から先各駅停車となります。

6050系が充当されるのではないかなと予想されますが。

栗橋が乗り換え便利となる。栗橋はいままで、快速列車通過していたので。

 

同じ日に東京メトロ日比谷線・半蔵門線もダイヤ改正行います<こちら>。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも、TAあゆ好きです。

 

昨日のこと。

 

Party AnimalのWS参加するべく<こちらの記事>東武スカイツリーライン半蔵門線・東急田園都市線直通急行に乗っていたら、越谷駅で特急列車通過待ちのため、停車していたら、新越谷方面から回送列車が到着するアナウンスが聞こえたので、急行列車から降りたら、なんと東京メトロ13000系でした。

 

15:30頃の出来事。

 

思わずビックリ。南栗橋方面に向かったそうです。

 

このこと、Party AnimalのWSに参加した東京メトロ車掌氏に話しました。

 

東武では、日比谷線直通用の東京メトロ13000系と同じ20㍍車両の70000系が導入されます。Twitterで見たら東武入りした模様です。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも、TAあゆ好きです。

 

昨日の仕事帰りに、JR時刻表と東京時刻表購入してきました。

3月4日JRグループダイヤ改正行うので、購入しました。

 

今年のJtb-20-ツアー(Just the beginning -20- TOUR 2017)での遠征時の資料となろうか。

 

JR宇都宮線はそんなに変わってないと思う。JR中央線は高尾→長野直通普通列車が登場する。

東京メトロ(東西線・千代田線)や横浜市営地下鉄などでダイヤ改正行う。

 

私鉄は3月25日に西武、4月21日に東武がダイヤ改正行うので、また東京時刻表買わねばならないのかなと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

JR東日本秋田支社は17日、秋田車両センター所属の交直流特急形寝台電車583系の引退を発表した。4月2・8日に583系の団体専用列車が設定され、4月8日の秋田~弘前間が最終運行となる。4月9日に秋田駅で車両展示会も行われる。

 

583系は国鉄時代にデビューし、寝台特急から昼行特急まで幅広く活躍した車両。東北地方では、1968(昭和43)年から上野~青森間(東北本線または常磐線経由)の夜行列車「はくつる」「ゆうづる」、昼行列車「はつかり」「みちのく」などで運用されたという。近年は急行「きたぐに」を最後に定期運用がなくなり、運行列車の減少による廃車も進んだことで、現在残る編成は秋田車両センター所属の6両編成(国鉄色)のみに。「わくわくドリーム号」をはじめ、団体臨時列車用として活躍を続けてきた。

 

この最後の編成が引退するにあたり、「国鉄時代から走り続けた『583系』が優秀を飾る姿を、多くの皆さんにご覧いただけるよう、団体専用列車として最終運行を企画しました」と秋田支社。団体旅行商品は4月2日出発「ありがとう583系 増田の蔵と日帰り温泉の旅」と4月8日出発「さようなら583系 日帰りの旅(秋田発)」「さようなら583系 日帰りの旅(弘前発)」の計3コース。2月20日14時から、秋田県内のびゅうプラザとびゅうプラザ弘前駅、びゅう予約センターなどで予約受付を開始する。

 

4月2日の往路は秋田駅9時39分発・湯沢駅11時5分着。ツアー参加者は温泉での昼食や増田の蔵めぐりを楽しむ。復路は十文字駅16時19分発・秋田駅17時35分着で運転される。4月8日のツアーは秋田発・弘前発それぞれ秋田~弘前間を往復する行程で、秋田発の往路は秋田駅7時21分発・弘前駅9時27分着、弘前発の往路は弘前駅10時0分発・秋田駅12時30分着、弘前発の復路は秋田駅14時50分発・弘前駅17時7分着、秋田発の復路は弘前駅17時35分発・秋田駅20時23分着となっている。

 

583系の最終運行となる4月8日のツアーでは、秋田発・弘前発ともにオリジナル記念乗車証とオリジナル掛け紙の弁当が付く。「時代の移り変わりを、お客さまや社員と走り抜け、多くの人の思い出に残っている『583系』。最終運行の乗り心地を存分にお楽しみください」(秋田支社)とのこと。なお、4月8日5時30分から「ありがとう583系」ラストラン記念入場券が秋田駅・弘前駅で販売(各駅1,000セット。発売期間は4月8~30日)される。

 

最終運行の翌日、4月9日は9時30分頃から11時30分頃まで、秋田駅2番線にて583系の車両展示会を開催する。ホームから583系の外観を見られるほか、完全予約制による車内見学も予定しており、応募方法などの詳細は後日発表される。車両展示に合わせ、583系にちなんだグッズ(行先標)の販売も予定されている。


 
(mixiニュースより@マイナビニュース)
583系ついに引退することになりました。JR西日本に所属していた583系「きたぐに」の最終運行が記憶に新しいところでしたね。
私も二十数年前に急行「津軽」として上野→横手乗車したことがありました。自由席で寝台設定はありませんでした。
老朽化により最後の6両となりました。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。