書の道

テーマ:

やまんです。

またまた背景チェンジ!
「感謝」ってのがブログのメッセージとリンクしていたので、つい。


書き手は、武田先生!
きっと有名な方。
誰やねん!とは口がさけても言いません。


突然ですが、書道ってよくない?
昔昔習っていたせいか、かるく毛筆フェチなんです。

「はね」にやどる躍動感
「とめ」にやどる終わらせてやった感
「はらい」にやどる繊細感(?)
「文字のかすれ」にやどるスピード感。結構かすれフェチ。
黒と白ってのもいいよね。

逆に、習字の教科書に載ってる字は嫌い
パソコンのソフトで書いた字も嫌い
ザ・無機質具合が嫌い

かすれなどを、二度書きで修正する奴嫌い



瞬間の芸術ですよ。
左上の武田先生の名前見てよ。キレキレ。まさに日本刀。


表現がチープですみません…。


実際。語れるほど、書道をわかってないし、字も綺麗じゃない。

でも好き。
書だけじゃなく、絵も写真も好き。展示会に行ったことがある程度ですが。



一方
パブロ・ピカソがこんな事を言っている


「人は誰しも絵画を理解しようとする。

それなら、なぜ小鳥の歌を理解しようとしないのだろうか。」


「芸術とはわれわれに真理を悟らせてくれる嘘である 。」




出た!!パンチライン!

すごくおもしろい。
バッサリ!斬られた感じです。


磨けっ!








AD