「やれやれ。」

テーマ:

「やれやれ。」





村上春樹の小説に出てくる主人公は、ちょいちょいこんな言葉を使う。


とても素敵だ。


なんだろ。この言葉に含まれるパワー。ヴァイブス。


どんなに場の空気が張り詰めていても、チャラにしてしまう。

この言葉は、温かく、ゆるい。






そう感じたから、僕は使ってみたんだ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





やまん。



某日午前10時。父が苛立っていた。


どうやら僕の駐車の仕方に文句があるらしい。




ぜろ距離


距離なし



うん。


たしかに車と壁がくっついてるようにみえなくもない。


ためしに車と壁の距離を測ってみると、ゼロ。


紙キレ1枚をも通さない。




この状態を世間では、 「車をぶつけた」 と表現する。







一通り記念写メった後、もちろんこう呟いた。







「やれやれ。」 








久しぶりになぐられた。

















AD