未来は俺等の手の中

テーマ:

やま!!


SEEDAがBOSSと一曲創ってるみたいね。


噛み合うのかどうかも含めて、楽しみな組み合わせ。たまらん。



そんなBOSSがTHA BLUE HERB名義で出した「未来は俺等の手の中」を今更紹介。


この曲はTBHの中でも特に好きな一曲。





例えば。


AM5時くらい。


まわりが薄っすら明るくなってくる時間。


青の時間」と呼んでいたあの時間帯。


あの時間が作り出す情景のように、このトラックは青臭くてやわらかい。(個人的な印象)




実際、数年前、西新宿の早朝。


路駐しながら車の中で偶然この曲を聴いた時、不思議な感覚に襲われ身震いした。






もともとザブルーハーツの「未来は僕等の手の中」をカヴァーして、「ザブルーハーツ・スーパートリビュート」に収録される予定だったが、内容がかけ離れてしまった為お蔵入りになったのは有名な話。


2003年(?)、TBH名義でシングルカットされた。



時給650円のバイト下積み時代から、東京での初ライブにたどり着くまでを描写したリリック。

哲学的なまどろっこしい表現ではなく、ストレートな言葉の表現は、いつも以上に心に突き刺さった。


未来は俺等の手の中。




以下リリック部分抜粋






~未来は俺等の手の中~



油まみれなくたびれたシャツ とてもBOSSと呼ぶにはあまりにも惨めないでたち

窓からは空は見えない 明日は今日なのかも知れない


これ以上きれい事は無しにしようや このままじゃついに膝から落ちそうだ

理想は余裕のある奴のものだ 希望は今の俺にはまるで他人事だ


生きてくのでやっとだが これだけは言える それは俺等の手の中


99年5月2日 灯台 おとずれた場所は六本木 CORE

二人だけで閉じる最後のドア 二人だけで開ける最初のドア


「5月2日なんですけど、ライブなんで休ませてほしいんすけど」

「それよりも悪いんですけど、今月でやめてほしいんですけど」

OK 余裕 未来は俺等の手の中


音の間で出会った俺等は 何時になっても帰らない

増える事はあってももう減らない 多分ずっと一緒に歳をとって笑う


自分がもらったものを分け合うドラマ 未来は俺等の手の中


時は巡り 片時も止まらない 未来は俺等の手の中


東京に そしてそれぞれの地元に 宮古 京都 そして今日の札幌に

ここにこうして俺達は生き残り いつか皆がそろい遂に未来は俺等の手の中


終わらないものは無いが 変わらないものははたしてあるのか




未来は俺等の手の中


GET READY!!

4 THE FUTURE!!



AD

伊香保

テーマ:

やま!


先々週、生まれて初めて群馬に上陸した。


伊香保温泉。


ホテルの温泉がパないヤバかった。


言葉で表せない。


そんなに(ていうか全然)温泉というものに行った事があるわけじゃないけど、ここの露天風呂最高にチルでけた。


こがねの湯から始まり、ねたろうの湯へ。


ねたろうの湯は特に気持ちよかった。



足を伸ばしてゆっくり寝ながら入る一人用の露天風呂なんだけど、天気にも恵まれ星がすごいことになってた。


風が強くて、周りにある木を激しく動かすのよ。


それもまた良いんよ。


星・木・風・・・。風情ってやつ?


なんかね。すっげぇ平和。

この夜だけは・・・。




後日登った榛名富士も中々爽快!!



あぁ至福だった。




netarou

ねたろうの湯



kogane

こがねの湯

AD

動物と人間

テーマ:

やま!



更新更新。フォースワン!!



先週の月曜日、お台場に行ってきた。

目的はココ


グレゴリー・コルベールの「Ashes and Snow」を展示しているノマディック美術館。


コンテナを再利用して創られた、坂茂が設計した移動式美術館。NY・LA・と移動してお台場上陸。

コンテナが崩れてきそうでハラハラした。



外観↓


ノマディック美術館



館内には、写真作品と共に9分間の映像作品が2本、60分間の映画作品が1本、設置されていた。

この映像・映画作品が圧巻。


動物と人間のコラボ。


ゾウ、チーター、クジラ、鳥・・・etc。


幻想的な館内、あの映像を写すスクリーンの目の前で寝たらどれだけ気持ちが良いのだろう。

寝て、起きて、観て、また寝る。極楽ルーティン。


にしても、あのクジラとのダンスはすごかった。


世の中、色んなアートがあるんやね。それだけで楽しいわ。




久しぶりのカレー屋にも行けたし、最高に満喫した一日でした。



この美術館は2007年6月24日まで、お台場にあるらしい。





チーターと少年
















AD

やーーま



去年行われた 3ON3 MCバトル のDVDを観た。

早送りしながら。


もう半年はイベントに行ってない。現場に流れてる空気が懐かしかった。


やっぱ光ってたのは、BESチーム韻踏ミーラカンス


特に BES!!

SEEDAのCDにも登場したBES!

SCARS、スワンキーのBES!



BESのフリースタイルは初めてちゃんと聴いたわけだけど、久しぶりに衝撃を受けた。


あのゆる~いヴァイブス

レゲエよりの発声

日本語より英語の方が良さげなフロー(実際英語多かったけど)


が作り出す心地よいグルーヴ。最高。



ノンキ VS BES なんてすごく良かった。

チャカパーんが思わず 「スキルフルすぎるだろ!」と言ってしまったのも納得。



BESの負けっぷりにも笑った。

ラップ中、かんでしまって同じ事繰り返して言い直して、また別のとこでかんで自分でウケちゃってた。




あとは・・・やっぱメシア。

この日はキレてるねぇ。漢の引退宣言で火が点いたのか、大将として見事なフリースタイルをみせた。


遊戯 VS メシア これもよかった。

ピースでいて攻撃的。1年ぶりにバトル復帰の遊戯は、相変わらず楽しそうにラップする。



若いMCに多いんだけど、「俺が負けるわけねぇ」とか「おまえはカス」とか、もう聴いてて辛い。

もちろんスキルと内容があれば全然良いんだけどね。




なにはともあれ良いDVDを観せてもらった。(見所計10分)




3 on 3  2006





あぁHIPHOP

テーマ:

YAまん。



久しぶりON THE ブログ。


前の記事がいつだ?うわっサブ。一ヶ月前。


さすがに色んな事があったね・・・。ZARDさん亡くなったし。


世代的にショックうけてる人たくさんいるだろうな。


還元水大臣も亡くなったね。どうでもいいけど。




そんな悲しいニュースばかりじゃない。


出ましたよ。ついに。THA BLUE HERB 5年ぶり3枚目のアルバム。


LIFE STORY



1枚目とも違う。

2枚目とも違う。

3枚目。


当然のごとく賛否両論あるみたいだけど、僕は好き。


アルバムは序盤からトバシテいく。

中盤はゆっくり時間が流れる。

終盤そのまま更に深い霧の中に行くのかと思いきや、タフネス全開でしめる。




最後のMOTIVATION(?)なんて最高にかっこいい。


まっ、まだ一回しか聴いてないけど。


買ってから2週間も経って。



いやぁ、TBHだけにしっかり聴き込みたいじゃん。

ちゃんとアルバムを通して、コンディション整えて。


だってLIFE STORYだよ? STORY。


とぎれとぎれ聴けないよ。




そして!!ついに2年半ぶり(?)のライブツアーも!!!

恵比寿リキッドルームのライブも当然の如く、GETで・・・きなかった。

即完売だったみたいね。

発売日の昼には、オークションで30000円って・・・。


出品した奴、セコイ商売してんじゃねぇ!

おまえに30000円払うかバカ!おまえにトばすヒットマンには200000円くらい払うけどな!ばーかばーか。


はぁ



BOSSのインタビューみたら、HIDAや漢の事語ってた。


フリースタイルすげぇって。


実力者同士は出会うべくして出会うし。認め合う。


京都の一件 (新婚旅行中のBOSSと、近くのでかいイベントに参加していた漢達が路上で出会い、BOSSにフリースタイルをしかけた) なんて、ある種感動的。


最高にHIPHOPのおもしろさが出ている。




あぁライブ行きたい。



この夜だけは・・・




ゆずれない。





LIFE STORY


札幌かな?この写真好き。