ちりとり鍋

テーマ:

やまん!!

久しぶりに「食」ブログいきますか。

鍋ブームの昨今、

友人の渡辺君に子供ができました。

久しぶりに新店開拓してきました。

ちりとり鍋 「大島」

元ドロンズの大島さんが昨年オープンさせたお店。

店内は超昭和。BGMも超昭和。東京は恵比寿から徒歩約10分。

気になる鍋は・・

はいどん!


tiritori

こんな感じで出てきます。

『食べ方』

1.だし汁が煮立つまで静観する

2・煮立ったら中火にして、野菜をくずしていく

3.我慢ができなくなったら食べ始める

汁うめ~。

肉うめ~。

野菜もうめ~。

ハチの巣~。

〆にぶっこんだ中華ソバもうんめ~。

一人前の量をもう少し多くしてほしいけど、まぁ追加注文で問題無しってことにして。

いやぁうまかった。満足満足。

次は 〆に雑炊。絶対うまいよ。

大島さんは、僕のモロ地元駅の専門学校に通っていたらしく、軽くローカルな話もできて楽しかった。

また行きたいね。

※個人的には、「蟻月」みたいにあまりメディアに露出しすぎないでほしい・・・。

 あそこは、電話もつながらない感G。

AD

ユージュアルサスペクツ

テーマ:

やまん!

読みにくいと評判だったので、背景チェンジ。そしてリベンジ。




前回のSAWのリベンジってことで、サスペンス映画で評価が高い「ユージュアルサスペクツ」に挑戦。

いやぁ良かった!カイザー・ソゼは男心をくすぐる!


少々ネタバレがあるので、まだ観てない人はこれ以上読まない方がいいかも。





簡単に言っちゃうと、ケビン・スペイシー演じるヴァーバルのでっちあげ証言の話。

ただ、その中にも真実があるからおもしろい。

自分の顔をよく知るアルゼンチン人マルケスを消す為の壮大・緻密な計画。



いつものごとく・・・犯人当ては失敗。


2回、3回と観ると違った楽しみ方がありそうな映画だね。

犯人の立場になってもう一回観てみたい。


冒頭から色々なとこにある伏線がオチャメ。(僕は解説サイトで知った)


カイザーがつけている金の時計・ライターは、ヴァーバルが警察署から出る時に、受け取っていた。

ソゼ(SOZE) トルコ語で「おしゃべり」

 ヴァーバル(VERBAL) 英語で「おしゃべり」

架空の名前につかう、掲示板・コーヒーカップのメーカーにもしっかり目線が送られていた。



などなど凝っている。


SAWと決定的に違うのが、真犯人にしっかり感情移入できる。

だから、2度・3度見る時は、だましの手口を楽しめるのでは??


ラストでヴァーバルが 「役立たずのバカ」から「カイザー・ソゼ」に変わる瞬間なんて、かっこよすぎ!!

してやったりの名演技!!


デルトロ演じるフェンスターの奇妙なしゃべり方も僕的にツボ。


なんにしても、カイザーソゼ怖すぎ・・・。

警察だろうが犯罪者だろうが、天才的な頭脳を駆使して巧みに操ってしまう。

こいつに睨まれたら終わりだな・・・。

殺されるか、利用されるかの2択しかない。


裏社会の伝説になるのも納得です・・。



心に残る感動の名作とは違うけど、演技も合わせて深みのあるエンターテイメントだと思いました。



SOZE

この瞬間!







AD

やーま!



年末のMCバトルについてサクっといきます!



もりあがったなぁ。

音声感知システム・審査員・出場MCのとりまき・・・新しい試みが多々あったけど、広い会場をうまく盛り上げてた。


そして何より、全国大会ってことだけに、知らないMC盛だくさん。

その強さ!未知数。


未知と実績に賭けて僕は東京代表パンピーにBET。


そんなこんなで一回戦がスタート。


まぁ色んなMCおるわ。


そんな中でも目立ったのが、GOCCI ・ FEIDAーWAN ・ ANCHAIN ・ カル ・・・。

名前合ってるかな??


まぁ、カルデラビスタは前回優勝者としてのブランド・人気をうまく利用しロックし、安定したライミングで盛り上げてくれた。

さすが。

GOCCIのヴァイブス好きだなぁ。


そしてパンピー

期待のアキバ系ラッパー・・・。

登場の インパクト までは良かったんだけど、完全にRAPの内容で負けた。



んでだ。

あえて上に名前をあげなかった二人がいることを、マニアなあなたなら気付いてるでしょう。


一回戦にしてこの大会最大の山場。


FORK(アイスバーン) VS HIDDADY(韻踏合組合)


試合前のマイクパフォーマンスから、会場の空気が違った。

ヒダは 「かんっさいぃぃ」 節で会場をあげる。

フォークは 「ここが、この大会のハイライト!」と言い放つ。


詳しくは書かないけど、二人ともヤバスギルスキル全開。

2回の延長戦の末、フォークが勝利!!


そして・・・


決勝は カルVSフォーク

最近のブログでも触れた組み合わせ。


勢いが違った。

フォークが完勝&優勝!!!!


未知に期待してただけに、決勝の組み合わせに新鮮さは無かったけど、文句はない。

それだけ、圧倒的に強かった。


さんざん言ってるけど・・・、もうフォークは押韻主義者の完成形なんだよね。

スピード&韻のかたさ では誰も勝てないよ。


だから、ヴァイブス・フロー・内容 で勝負してくる、地方MCZに期待してたんだけどなぁ。


あと・・、今回思ったけどラップ中の 動き も大切だね。

客をひきつける。

カルなんかは、すごくうまいなぁ。あと岡山のFEIDA-WANもよかった!


このへんで雑な大会レポートを終了します。

詳しくはDVDで♪




○おまけ (曖昧な記憶で)


「おまえが準決勝!まで残ったのも運でしょう?!」

「おまえのチャンピオンは三日天下!次の就職先見つかってんか?」



「このゴールドマイク!取ったのはもちろんフォークのライム!!」








P.S.

徳島代表79。

スタイルが、昔のクレバとかぶって 古臭い 懐かしかったなぁ。


やりたいよ~にぃ♪やりなさ~い♪ 


AD

2007スタート 

テーマ:

おめあけYAまん!!



ベタすぎてベタすぎて1周まわって逆にアリかなと思っけど1周まわってるってことはやっぱりナシな感じのタイトルでブログ初め。



皆さんはいかがお過ごしでしょう?

年末のお笑い番組ラッシュについていけました?

僕は何一つ見れませんでした。

31日にいたっては、22時に就寝。



いやぁ


年末全然更新できなかった。


毎日このブログをのぞいてくれている約20人の方に、年末の挨拶をしようと思ってたのですがすっかり年明けちゃいました。てか、2006年最後の記事があれかよ・・・。



改めて、皆さんおめでとうございまし。



20人って!?


ブロガーとしてはかなり少ないと思いますが、僕にとっては多いくらいです。


そんな人達が、いったいどんな記事を求めてるのか?」と考えたところ、

何も思い当たらなかったので今年も カラミ辛い感じ見切り発車 でツラツラっといきます。



背景も変えてみました。

読み辛いとは思いますが、レペレペゼン「奈良」だったのでつい。

大晦日も奈良通過してきました。

あいかわらず良いヴァイブスが出てる町だったような気がしなくもないです。

奈良公園でトイレ借りただけですが。

悪そうな鹿ばっかりでしたよ。



2006年末、しっかりクラブチッタに行ってきましたよ。

超並んだし、時間おしまくりだし、審査員までしてきたし・・・。

でも熱かった!!


この話はまた今度。


新年一発目だし、いつもに増してゆる~~い感じで終わります。




今年もよろしくお願いします  ~さすけ~