小さなゴッドハンド

テーマ:

 yaaa



 

 私事ですが、今月からまじめに勉学に取り組むことにしました。


 最近同じ時間に同じ行動してます。


 週休二日のロボット生活。 BY プライマル


 必然的に同じ時間に同じ場所にいるあの子に出会います。



 そうです。近所で、いつもリフティングをしてる坊や。(小学生低学年と推定)


 ボールを見る目つきは真剣!


 僕が目撃した中で最高回数が4回。


 

 

 平均2回。


 孤軍奮闘。



 



 そんな坊やは、たまにビックリする行動をします。



 ボールを投げて壁当て。


 サッカーボールを手で投げて、手でキャッチしてます。

 

 本人超真剣!!

 

 



 何がしたいのかはよくわかりません。


 キーパーになる夢も捨てきれないのか?



 


 どんな行動を取っても、夢を感じる。


 子供っていいですな。

AD

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

テーマ:

 やぁ!



 気付けばもう三月が終わろうとしてます。


 気付けばもう花粉のピークが過ぎたそうです。


 気付けばもう花見のシーズンです。



 今回はサクッと、最近読んだ本について。これから読む人の為にあまり詳細は書きません。



 


 タイトルは


 「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」  山田 真哉 (著)



 といった本です。


 ベストセラーなので知ってる方はたくさんいると思いますが、僕は最近知りました。


 活字離れしまくっている僕が、何年かぶりに読んだ本。



 まず、タイトルにもある 「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」 


 誰しもが一度は持ったことのある疑問を、山田さんが解決してくれます。


 僕は一度も疑問に感じたことはありません。




 もくじをあげると


 

1 さおだけ屋はなぜ潰れないのか? ―利益の出し方
2 ベッドタウンに高級フランス料理店の謎 ―連結経営
3 在庫だらけの自然食品店 ―在庫と資金繰り
4 完売したのに怒られた! ―機会損失と決算書
5 トップを逃して満足するギャンブラー ―回転率
6 あの人はなぜいつもワリカンの支払い役になるのか? ―キャッシュ・フロー
7 数字に弱くても「数字のセンス」があればいい ―数字のセンス



こんな感じです。


 タイトル通り 「身近な疑問で会計学を学ぼぅ」 ってことです。



 内容は会計学の専門用語も少なく、財務諸表が出てくるわけでもなく、著者のねらい通り誰にでも簡単に読めてしまいます。


 会計学の入門の入門くらいの位置づけでいいんじゃないかな?


 「利益を上げるためには売り上げを増やすか費用を減らすか」 など 当たり前の事が多々出てきます。


 ただ!この当たり前の事達が、複雑な会計学の基本なんです。




 

 にしても、著者の行動力にはあっぱれ。


 そういう姿勢・思考にも得るものがありました。




 少しでも興味を持たれた方、どうぞ書店へ。

 1~2時間くらいでおもしろく読めます。


 いやぁこの本は、色んな意味でずるいよなぁ・・・。




さおだけ

 

AD

曖昧me

テーマ:

やー!


まずい。


定期的な更新を目標にしていたのに、もう3月。


2月が早かった・・・。


大した事してないのに早かった。


珍しく、本をよく読んだな。


近々、ブログに載せる予定。





時間って不思議ですね。


イベント・やる事がたくさんあって、忙しすぎると時間が早く過ぎる気がするし。


何も無さすぎても、早く過ぎません?



旅行などで、充実した日々を過ごして帰宅すると、


「あっというまだった。長いようで短かったね。」


という感想を聞くけど。


旅行中の濃密な日々を思い出すと、


「短いようで長かったな。短時間で色々やったな。」


って気がしません?



長かったのか?短かったのか?


僕はよく葛藤します。


すごく曖昧です。



人間には自分自身でも気付かないうちに、曖昧な気持ちで過ごしてる事が多々あります。






すみません。

これ以上、話が広がらないです・・・。

支離滅裂です。






ちょっとブランクがあいて、見切り発車で書いたら、こんなもんです。


曖昧な気持ちでブログを書いたら、こんなもんです。





花粉症の皆さん、今年も戦いましょう!!!


亀やんの応援してきます!!




エナジー全開








AD