平野官房長官は21日午前の記者会見で、政府が沖縄県の米軍普天間飛行場のヘリ部隊の移設先として検討している鹿児島県・徳之島の3町に政府の考え方を伝えるかどうかに関し、「政府の担当の責任ある立場の者が、説明、理解を求めるのは大事だ」と強調した。

 同島の徳之島、伊仙、天城の3町長は20日に、平野長官との鹿児島市内での会談要請を拒否しているが、関係自治体へのハイレベルでの説明が必要だとの考えを示したものだ。

 その上で、平野長官自身が3町長と会談する可能性について、「(会談場所が)徳之島になれば、行くこともあるだろう。まだ最後の判断を明確にしているわけではない」と述べ、自ら説得にあたることへの意欲をにじませた。

 平野長官の徳之島入りについては、政府高官も20日夜、「政府案が決まれば、長官自ら徳之島に乗り込んで説得する」との見通しを示している。

警察署から盗み出す、高校生らオートバイ部品を(読売新聞)
美浜2号機、手動停止へ=ヨウ素濃度上昇-福井(時事通信)
首長新党は日本創新党 山田党首「国家・地方・国民の自立」(産経新聞)
橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」(読売新聞)
鳩山政権打倒を確認=麻生、平沼氏ら(時事通信)
AD