共産党の志位和夫委員長は20日の記者会見で、30日から5月8日までの日程で米国を訪問すると発表した。同3日からニューヨークで開かれる核拡散防止条約(NPT)再検討会議にオブザーバー参加するほか、各国政府代表団と個別に意見交換する。同党委員長の訪米は初めて。オバマ米大統領の09年4月の核廃絶演説をきっかけにした対米接近の一環で、志位氏は「唯一の被爆国の政党として最大限の努力を図りたい」と語った。

 志位氏は滞在中にワシントンを訪れ、米政府関係者と会談することも検討している。訪米に先立ち、21日にはルース駐日米大使と米大使館で会談する予定。米軍普天間飛行場移設問題など日米間の課題について意見交換する見通しだ。

【関連ニュース】
共産党:参院選に危機感…みんなの党台頭で
志位・共産委員長:みんなの党台頭で…参院選に危機感
語録:真剣に聞いてくれた--志位・共産党委員長
選挙:衆院選 共産、9議席維持 民主「側面支援」アダ、党勢伸長はならず
志位・共産委員長:もんじゅ再開反対を訴え--福井 /福井

開かずの門、400年ぶり開く=解体修理、足利尊氏逃げ込む-京都・東寺(時事通信)
非公式会談で米大統領不信感 首相「ない」と断言(産経新聞)
<仙谷担当相>中期フレームに消費税上げ方針(毎日新聞)
火山噴火 成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)
村本さん死亡「軍が実弾発砲」…タイ政府は否定(読売新聞)
AD