沖縄の文化と歴史ブログ

本土と違う沖縄の文化と歴史を書き綴るブログです。


テーマ:

1600年、薩摩藩の島津氏は関ヶ原の戦いで西軍、豊臣家につきましたが東軍、徳川家康に敗戦となり薩摩に帰国しました。


徳川家康は戦後処理として豊臣家についた大名に厳しい制裁を課しましたが何故か薩摩には制裁をしませんでした。


当時の徳川家康は海外貿易による莫大な利益に目をつけていて南日本の海上を支配する薩摩の協力を必要としていました。


徳川家康はオランダ、スペイン、ポルトガルなどの情報を手に入れ南蛮貿易の独占を目論んでいたのです。


つまり家康は東南アジア、ヨーロッパ貿易の航路の安全と引き換えに中国貿易の利権を薩摩に与えたといわれています。


実はこの中国貿易こそが当時の琉球が独自に行っていた交易であり薩摩に琉球侵攻を許可することで琉球の中国貿易による利権を収奪する策略だったというわけです。


そしてこれが1609年の琉球への薩摩侵攻となって実行されたのは歴史の知るところです。


その後、徳川幕府は鎖国令、長崎出島などの政策で国際貿易の莫大な利益を独占していきます。


徳川家康自身は表に出ず薩摩を利用することで裏から琉球王国の中国貿易による莫大な利益という甘い汁を吸うことに成功したわけですね。


「鳴くまで待とうホトトギス」という策略家、徳川家康の一面を見たような気がします・・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヒロシさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。