全国の裁判所トップが集まって司法行政の課題を議論する「高裁長官、地・家裁所長会同」が9日、最高裁で始まった。竹崎博允(ひろのぶ)・最高裁長官は、裁判員対象事件の公判が始まるまでに時間がかかりすぎている問題について「被告に迅速な裁判を保障するため、公判前整理手続きの機能を高め、速やかな審理を実現することが望まれる」と述べた。

 竹崎長官は冒頭のあいさつで、再審無罪となった足利事件に触れ「科学的証拠の意義、機能について速やかに検討し、結果を広く刑事司法の運用に生かしていかなければならない」と発言した。

 また、多様化する民事訴訟に対処するための知識の習得▽増加する家族間紛争に対する柔軟な取り組み--などの課題も示し、「従来の運用を漫然と踏襲するだけでなく自らが新たに実務をつくり上げていく気概を持ってほしい」と語った。

 会同は最高裁裁判官や事務総局幹部らを加えて、計約140人が参加し、10日まで行われる。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
最高裁:拳銃譲渡で無罪を破棄 大阪高裁に差し戻し
キャッツ粉飾:会計士の有罪確定へ 最高裁
土壌汚染訴訟:売り主に賠償責任なし…売却後判明に初判断
「キャッツ」株価操作:60億円粉飾決算、有罪判決確定へ--最高裁
裁判員裁判:制度違憲を棄却--最高裁

ザ・コーヴ 出演者が来日 「上映をお願いしたい」(毎日新聞)
航路開設100周年で宇高連絡船再現=香川県〔地域〕(時事通信)
<口蹄疫>宮崎市が運動公園を閉鎖…高校野球県大会会場(毎日新聞)
荒井氏の事務所費問題、民主内から説明求める声(読売新聞)
<菅首相>官房機密費 使途公開を検討も(毎日新聞)
AD