総務省は7日、大使館や総領事館など在外公館の業務を調査した結果、職員配置などが適正でないとして外務省に見直すよう勧告した。
 勧告によると、1996~2005年度に新設された13公館のうち、5公館で2人以上の職員の欠員が3年以上続く状態が生じていた。このため、合理的な理由がなく欠員が常態化している場合は、速やかに定員を削減するよう求めている。
 また、在外公館の間で職員1人当たりの業務量に格差が生じていると指摘。適正な職員配置となるよう見直す必要があるとした。 

大阪市長に公開討論申し入れへ=「大阪都」構想で対立の橋下知事(時事通信)
[静かすぎる対策]EV/HVに音を付けてみました(レスポンス)
劇団四季 14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
酒気帯び運転で車に衝突、炎上 女性は全身打撲 君津(産経新聞)
首相、徳之島への移転要請=3町長は拒否へ-普天間(時事通信)
AD