社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は19日、国会内で記者会見し、東京都の石原慎太郎知事が17日の外国人地方参政権の反対集会で、名指しこそ避けたものの与党党首の中に帰化した人がいるという趣旨の発言をしたことについて「私も、私の両親も帰化したものではない」と否定した。

 その上で、「私は外国人地方参政権には一貫して賛成してきた。政治家の政治信条を帰化したからだという事実誤認に基づいて説明することは、私の政治信条をゆがめ、踏みにじるものだ」と述べ、石原氏に発言の撤回を求めた。

 石原氏は17日の「全国地方議員決起集会」で、「この中に帰化された人、お父さん、お母さんが帰化され、そのお子さんいますか。与党を形成しているいくつかの政党の党首とか、与党の大幹部ってのは調べてみると多いんですな」などと発言していた。

 福島氏は会見で「『与党を形成している政党の党首』といえば、おのずと特定され、私のことをおっしゃっているのだと考えた」とした上で、「(帰化を)問題とすること自体、人種差別だ」とも述べ、発言を撤回しない場合は法的措置も辞さない考えを示した。

【関連記事】
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」
全国都道府県議会 外国人参政権」の是非 「反対」は35県に 
石原知事「日教組、馬鹿な教育」 陸自練馬駐屯地創立記念行事
「小泉路線と同じ」とみんなの党を批判 福島党首
仙谷氏同日選発言に不快感 社民・福島党首
外国人地方参政権問題に一石

普天間「県外軸に機能移転」官房長官、沖縄県議会議長に(産経新聞)
また幼児虐待?大阪・堺で男児死亡…顔に打撲跡(読売新聞)
<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)
阿久根市長ブログ「カネに汚い例」裁判官批判(読売新聞)
<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
AD