「隠れてないで出てきなさい!」。大阪府警は3月1日から始める平成22年度第1回(春)警察官採用の募集に伴い、こんなキャッチフレーズのポスターを作製した。

 ポスターはコンペに出品された50作品から選ばれた。若者が就職先を模索している状態を“立てこもり”と見立て、そこから抜け出て警察官を目指してほしいとの思いが込められているという。

 募集は男性約410人、女性約50人。ポスターには「優秀な若者に告ぐ」とあるが、担当者は「能力も大事だが、何よりも志が重要。正義感とやる気のある人に来てほしい」と話している。

【関連記事】
「撮り鉄」線路立ち入り 大阪府警が実況見分
ハイテク捜査最前線 解析技術向上、情報共有も
「府民の盾になるねん」 大阪府警アメフットチーム奮闘中
大阪で「近畿の警察官」表彰式を開催
大阪府が全国初の貸金業者実態調査実施へ

北教組の深い闇 選挙活動、指導要領否定…諸悪の根源「46協定」とは(産経新聞)
【風】近畿の2路線は観光利用増加?(産経新聞)
<気象庁長期予報>春の訪れ早い見込み(毎日新聞)
賭けの対象は「球児の熱戦」 賭博場を開いた組幹部ら逮捕 警視庁(産経新聞)
高校受験の教育費、8割超が負担(産経新聞)
AD