【ベルリン勝田友巳】第60回ベルリン国際映画祭は20日夜(日本時間21日未明)、トルコ映画「蜂蜜」(セミ・カプランオグル監督)に最高賞の金熊賞を贈った。山田洋次監督(78)にはベルリナーレ・カメラ(特別功労賞)が手渡され、授賞式終了後に山田監督の「おとうと」が上映された。最優秀女優賞以外の銀熊賞は次の通り。

 <審査員大賞>「口笛」=フロリン・セルバン監督<最優秀監督賞>ロマン・ポランスキー=「ゴーストライター」<最優秀男優賞>グリゴリ・ドブリギン、セルゲイ・プスケパリス=「僕の夏は終わった」<芸術貢献賞>パベル・コストマロフ=「僕の夏は~」の撮影<最優秀脚本賞>ワン・チュエンアン、ナ・ジン=「團圓」

【関連ニュース】
雑記帳:映画「京都太秦物語」完成披露試写会行われる
山田洋次監督:「ベルリン」特別功労賞を受賞
彼女がキレイな理由:蒼井優さん 休日は文鳥を放し飼い「プライベートを楽しく」
彼女がキレイな理由:蒼井優さん 山田組は「リアルな芝居の上の芝居」 ベテランの教えで開眼
注目映画紹介:「おとうと」 姉弟を中心に家族のきずな描く “山田組”独特の笑いと涙の物語

雑記帳 占いカードで足利学校を知る(毎日新聞)
阿久根市長「政治の体なさず」総務相が苦言(読売新聞)
一般サイト拡大、出会い系減少=児童の犯罪被害-警察庁(時事通信)
<民主党>生方氏ら政調設置の要求方針 執行部は警戒感(毎日新聞)
「検証し、今後に生かす」=石巻3人殺傷で警察庁長官(時事通信)
AD