自民党島根県連は17日、同党の青木幹雄前参院議員会長(75)の長男で公設第1秘書の一彦氏(49)を、今夏の参院選で島根選挙区(改選数1)に擁立することを決めた。幹雄氏が脳梗塞(こうそく)と診断され、立候補を断念したため。18日にも党本部に公認申請する。

体力テスト結果、大阪府は市町村別のみ公開(産経新聞)
青木幹雄氏が脳梗塞“参院のドン”引退決断(スポーツ報知)
【新・関西笑談】Salad City KOBE(4)(産経新聞)
1000億円は疑問=口蹄疫対策で財務副大臣(時事通信)
<森林法違反>タケノコ盗んだ11人を書類送検 京都(毎日新聞)
AD