タロットの煌めき マルセイユタロット活用術

伝統的なマルセイユタロットを使っての、自分と人のために活かせる知識と方法をお伝えしています。

NEW !
テーマ:

年末になってきますと、大掃除もありますし、一年の溜まったもの、いらないものを整理したり、処分したりしようという気持ちになる人も多いでしょう。

 

タロットリーダーにあっても、このタイミングで、古いタロットを新しいものに切り替えたいという人も出てくると思います。

 

そのような時、古いタロットの処分をどうするのかという問題が出てきます。

 

それなりに方法がいろいろとあるのですが、そのことは講座でお伝えするとし、ここでは、古いタロットの処分についての考え方、基本姿勢の視点をもって書いてみたいと思います。

 

結局ところ、これが答えみたいなものになるのですが、「あなたはタロットをどう思っていますか?」の質問の回答自体が、タロットの扱い、処分にも関わってくることになります。

 

極端なことを言えば、今のタロットは、ほとんど印刷された紙でできていますから、あくまで「物質」として認識すれば、まさに物質的処分、つまり「古い紙のカードを捨てる」という処分方法になります。もっとあからさまに言えば、「燃えるゴミとしての処分(方法)」です。

 

ということは、自分が住んでいる自治体の示すルールとやり方に従って、紙ゴミとして出せばよいのです。大切なのは、ここにも実は「ルールがある」ということです。たとえゴミであっても、勝手に捨てることができないのが今の日本の社会です。

 

しかし、タロットを神だと思っている人はいても(これもそう思うのは問題なのですが・・・)、ただの紙と思っているタロットリーダーはほとんどいないでしょう。(笑)

 

では、どのようにタロットリーダーである(またはタロットを扱うタロッティストである)あなたは、自分のタロットについて思っているでしょうか?

 

何かのツールではあるでしょうが、生き物のような、魂とか何かのエネルギーが宿ると見ているでしょうか?

 

その思い、認識のレベル・程度によって、タロットの処分も決めればよいのです。

 

タロットを、あなたが、「簡単に捨てることは忍びないと思うほどの存在」と見ている、「捨てると何か悪いことが起きると感じている」(それが正しいとか間違いとかは別として)・・・人それぞれの思い、感じ方があると思います。

 

それに応じた扱いと処分をしないと、結局、心理的に言えば、あなた自身が納得しないか、恐れや不安が残るのです。

 

また、タロットはサイキックな分野として扱われることも多く、もしあなたが、タロットをサイキックや魔法・魔術の世界の道具として扱っていた場合は、処分に関しても、それなりの儀式を必要とします。

 

この時のタロットは、明らかにただの紙ではなく、一種の霊的エネルギーの存在の通路やフィールド、依り代になっているからです。(そういう世界観の設定の道具となっているのを、処分時に解除する必要がある)

 

さきほど、ゴミ処理の時にもルールがあると書いたように、どの世界観においても、そこのルールがあるのです。ルールがある以上、そのレベルのルールに基づいて処分も必要とされます。

 

要するに、ただの物質としてのタロット、心理的に特別な(思いや感情が入る)タロット、占いの道具としてのタロット、サイキック・心霊的、魔法的道具してのタロット、遊び道具(カードゲームやライトな遊び感覚的な道具)としてのタロットなど、自分の扱いの種類と思い入れによって、処分の方法も決まってくるということです。

 

自分の扱いを超えた処分方法、またはその扱いに応えない処分方法(扱いや設定に比して過剰であったり、軽すぎたりするもの)は問題と言えます。

 

ただ、やはり、タロットリーダーである者、タロッティストである者は、タロットに関しては、大切な扱いと処分になってくるのは当然でしょう。

 

ですが、カードそのものが何か特別な力をもったり、存在であったりするというのではなく、カードに描かれている図像・デザインが、扱う者、見る者の中にある力を呼び起こすと考えたほうがよいです。カードさえ手に入れれば何とかなるというのではないのです。

 

そういう意味では、やはりタロットは、決定的に図像が大切であるということです。

 

その図像がはげてきたり、汚れていたり、裏から見ても何のカードからわかるような状態になっていたりすれば、意味をなさなくなってくることはわかるかと思います。(ほかにも、目に見えない部分の汚れ、劣化も蓄積して行きます)

 

だから、印刷物としてのタロットの寿命は必ずあり、それは同時に精神的・霊的な寿命ともリンクすることになるのです。

 

言わば、永遠性を持つ天上性の世界が、限定の地上世界に降りているのが、象徴的図像を通して印刷の紙となっているタロットと、それを扱う人(寿命を持つ肉体と、永遠性の魂を持つ人間)との関係になっているのです。

 

地上にあるものは終わり、そして再生される宿命にあります。現実のタロットも物質である限り、同様です。新しいものに切り替える理由は、こういうところにもあるのです。

 

具体的処分方法については、教わっている先生にお聴きすればよいでしょうし、先生や師がいらっしゃらなければ、今やネットを検索すれば、必要な情報はたいてい入ります。

 

私たちは、始めること、創造することをポジティブに見る向きがあり、タロットを入手し、リーディングしたり、自分に使っていったりすることを楽しく思います。

 

反面、現実世界に、物事の終わり、死、破壊、収束という方向性もあることを忘れがちです。

 

タロットも替え時や終わり(寿命)があるのです。

 

タロットリーダーであるなら、生と死の象徴がタロットにも描かれていることは知っているでしょう。

 

あなたの使っているタロットも、死と再生を繰り返し、カード自体の見た目に変化はなくても、あなたの学びや経験が新しいタロットに受け継がれ、大きな意味では(実は自分が)成長、リニューアル、発展していくのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎月行っております、無料もしくは格安の価格で、マルセイユタロットリーディングをご提供するサービス企画、12月分のお知らせです。

 

今回は、私が現在行っている東京での中級的なリーディング講座の課題用として、無料メールリーデイングの形で募集いたします。

 

講座のリーディング用課題としてご応募いたたき、講座の受講生の方に、担当制でリーディングしてもらいますが、もちろん、私も監修いたしますし、私からのコメントもつけてお返しいたします。

 

募集も3名と、いつものサービス企画より数が多いですので、企画が受けられる確率は上がるかと思います。なお、今回は先着順となりますので、リーディング希望の方は、すぐにお申込みください。

 

規定人数に達しても、補欠や別の形での提供も検討される場合があります。

 

そういう意味では、まさに行動とタイミングが大事で、今、リーディングが必要な方には、「運命の輪」が回ってくると言えるのかもしれません。

 

皆様からのご応募、お待ちしております。

 

 

◆リーディングサービス企画 12月

 

●募集 

3名 先着順 ※募集枠に達成しました。補欠募集がある時は追加発表します。

決定者には、こちらからメールでご連絡いたします。

 

●リーデイング形式

無料のメールリーデイング。

講座で受講生にご相談内容を見てもらい、実際にタロットを展開し、リーディングしたものを文章でまとめて、メールでご返信いたします。

なお、文章のとりまとめ、メール送信は、宮岡が行います。
 

●その他

結果の送信は、来月1月になります。

応募後、決定のご連絡のメールをお送りしたあと、メールに記されている締め切り日までにお返事がない場合は、権利を次点や補欠の方にお譲りしますので、ご注意ください。

 

●応募方法

こちらからメールでお願いいたします。

「リーディングサービス企画12月分応募」の旨をご記入のうえ、お申込みください。

 

今回は匿名・仮名でも結構ですが、ご本名や普段使用されている活動名でのほうが、リーディングのリンク性(精度)は高くなります。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作映画「エンドレス・ポエトリー」が各地で上映されています。

 

前作、「リアリティのダンス」の続編となる、監督自身の自伝的物語であり、観る人を圧倒する芸術的センス、そしてホドロフスキー氏の仕掛ける多彩な象徴性マジックによって、観る側に浄化や変容を起こす仕組みもあります。

 

ホドロフスキー氏がタロットの研究家であり、マルセイユタロットメーカーの子孫であるフィリップ・カモワン氏と共同で、マルセイユタロットを復元されたことは、日本でも知られています。私も、この「ホドロフスキー・カモワン版タロット」を愛好する一人です。

 

ホドロフスキー氏の映画は、カルト映画と呼ばれるように、特殊なジャンルで独特な表現のため、理解しにくいところもあります。

 

しかし、ホドロフスキー氏が一生をかけて研究し、いわば「宇宙そのもの」「自分の師」とも述べている「マルセイユタロット」の象徴性をもって映画を読み解くと、私たちにも鮮烈な印象と、クリアーに納得できる合理性をもって伝わってきます。

 

京都でカフェ・オパールを経営され、もともとホドロフスキー氏とその作品群に深い敬意と愛情を持たれていた小川トモコさんが、偶然、いや必然的にこのタロットと出会い、マルセイユタロットの象徴性を自らに把握していくことで、今、ホドロフスキー氏の作品を、ほかの人にはまねのできないマルセイユタロット的アプローチをもって解説することを可能にされました。

 

先日、東京の映画館アップリンクにおいて、映画の上映後、小川さんによる、「エンドレス・ポエトリー」をタロットで読み解くトークイベントが行われました。その直前の私の記事はこちらです。私も会場で聴かせていただきましたが、すばらしい内容でした。

 

そして、関西でも、京都みなみ会館にて、12/16(土)、同様の企画が開催されることになりました。

 

ホドロフスキー氏の映画に関心のある方はもちろん、タロットに興味のある方、中でも、マルセイユタロットの象徴性とその力のすごさを映画から実感してみたい方は、是非、足を運んでみてください。

 

きっと驚きの結果が待っていることでしょう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。