ビクともしない体重は有酸素運動で減らす

ビクともしない体重は有酸素運動で減らす


テーマ:
減脂肪効果を引き出すためにはアミノ酸を積極的に活用するのがいいようです。

食事制限と運動はダイエットの基本です。

でもよりダイエットの効率を高めるには、それらの相乗効果を知っておく必要がありそうです。

運動効果を引き出すには、食事面での工夫が必要になってくるのです。

そのポイントは、アミノ酸の摂取にあるというのです。

筋トレをするにしても、エアロをするにしても、アミノ酸は運動中のエネルギー源になりやすいのを知っておきます。

運動の主役は筋肉ですが、筋肉を構成しているのはアミノ酸のかたまりのタンパク質です。

運動でアミノ酸が使われると筋肉が減ってしまうので、ダイエットには不利になってしまいます。

筋肉があることで代謝が高められますからね。

運動前にアミノ酸を補給しておくと、運動でアミノ酸が使われるのを抑えることになります。

食事でとるカロリーが気になりますが、サプリメントなら低カロリーで必要なアミノ酸を補給することができます。

アミノ酸をとると疲れにくくなって、運動を楽に続けられるという効果を実感することができますよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:
断食などで一気に体重を落とすとリバウンドの危険があります。

でも少しずつ体重を落とすエアロビクスはリバウンドの危険性が低いのがメリットです。

でも当初の効果が実感できないとなかなか続けられませんね。

体重が急に減らないとしたら、モチベーションを保つにはどうしたらいいのか。

がっかりするくらいなら、最初は体重計にのらないくらいのほうがいいかもしれません。

さぼらずに運動をしたことで達成感を感じます。



スケジュール帳やカレンダーに記録をしたりして、スタンプを押していく感覚です。

心理的な達成感が継続への意識を高めてくれます。

タイムを計るのもいいかもしれません。

エアロを続けると、2~3習慣で持久力が向上するので、タイムの変化に表れてきます。

心拍数をチェックすれば違いが分かります。

激しい運動をするほど心拍数は上がりますが、有酸素運動を続けると心臓が1回あたりに押し出せる血液の量が増えて、同じレベルの運動でも心拍数は上がりにくくなります。

それをモチベーションにつなげるのもいいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)

テーマ:
痩身口コミ★実際に痩身エステをお試ししてきた体験記です♪


最近少々太り気味で、体重の数値が高いところで安定してしまって、いっこうに減る気配がありません。

なんとかダイエットを成功させたいと思って、有酸素運動を取り入れることにしました。

体を絞って体重を落とすのなら、減らすのは無駄な体脂肪をなんとかしなければ・・・

体脂肪を減らすのに効果的なのは、ランのように息が軽く弾む運動をリズミカルに続ける有酸素運動ですよね。

運動中にエネルギー源として体脂肪をせっせと燃やしてくれますから。

でも2~3日走ったくらいでは体重はビクともしません。

当たり前ですけどね。

始めてから2カ月くらいは変化がないと覚悟をした方がいいようです。

それくらいのスパンで取り組まないと、変化がないとすぐに有酸素運動をやめてしまいますからね。



効果がないわけではありません。

体脂肪は1グラム7.2キロカロリーです。

フルマラソンを走っても消費カロリーは2400キロカロリーほどで、体脂肪換算だと約333グラムです。

焦らず地道に続けないと、エアロの減量パワーが実感できないだけです。

2か月ほど続けていると、計算以上に体重が落ちることになります。

安静時でも体脂肪を燃やしやすい体質にスイッチするからです。

エアロを継続すると、血液循環が良くなって、細胞内で体脂肪を燃やすかまどの役割を果たすミトコンドリアの数も増えます。

さらに脂肪分解酵素の活性も上がって、普段から積極的に体脂肪を使う体へと変わってくるのです。



エアロ直後に体重が減るのは汗をかいて脱水状態になっているからです。

サウナと同じで水を飲めば元に戻ってしまいます。

脱水状態だと体のストレスになるので、15分おきにコップ半分程度の水分は補給したほうがいいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード