muur-catのブログ

独り言と恋愛小説を書きます。


テーマ:













                             忘れられない恋  no19















  何も言えなかった。

  



 目の前で愛しい人が涙に暮れても


 「ごめん。。。」 と言うのが精一杯だった。





 「圭吾、、、どうして? 」



 

 


 「私の事、嫌いになったの? 」

 嫌いと言葉にしたことで千里は瞳を潤ませた。

 












 「、、、ごめん。」










 ごめんしか言葉を知らないように繰り返した。


 もし、余計な一言を発したが最後、せきを切ったように話してしまうだろう。


 恨み言から 罵り合いになって 情けない男丸出しになってしまう


 その方が楽なのかもしれないし


 それが必要なのかも知れないけど


 





 「私達、これで終わりなの?  、、、終わりなの? 」


 



 「、、千里には 色々 感謝してる。 、、ありがとう。 」




 

 「感謝って 。。」

 千里は、一瞬声を荒げたけど すぐに言葉を飲み込んだ。


 それから、静かに立ち上がって玄関に向かうと振り返って

 「実家に帰る。。ね。」

 と言った。











 ドアがバタンと閉まった時、涙が零れた。








 ずっと堪えていたから、千里に見られなくて良かった


 俺は別れの理由を何も言わなかった


 何かを言っても 嘘かもしれないし 本心とは違うとしたら


 言わない事が俺の最後の優しさだった




 


 千里も言葉を飲み込んでいたのは 俺の為かもしれないから











 

 違う、、、、 




 俺は最後まで嫌われたくなかった







 千里を泣かせて傷つけるなんて出来なかった。


 でも、別れを選んだこと以上に傷つけるものなんて無いと後になって知ったんだ





 


 これで最後だなんて思っていなかったから


 「今」、この結論だというだけで


 離れてお互いを見つめなおす時期だと思っていた。





 



 


 









 





 ただ、どうしようもなく   千里が汚れて見えた 


 人を裏切り平然と隣で舌を出すような、、、、、


 そんな女に見えて どうしようもなかった
















 俺は千里の性格が好きだった


 

 いつも優しさに溢れていた



 俺は千里に何を求めていたんだろう



 


 



 涙が止まらなくて 目の前が歪んでいた


 こんなに好きになった人を失うなんて







 辛くて 辛くて      それでも   離れたくて







 俺はまだ子供だから    許せない



 どうしようもなく後悔するのは分かってる


 


 分かってる。。。。








  心が揺れて 折れそうだった



   



    


 

   



   

 







 




 


  その月の終わり、三か月分の家賃を払い引き払った。



  


   千里とはそれ切りで 風の便りも何も聞かない



   時々、信二の話を聞いたけど 独身を楽しんでいるらしい。













  




   千里、  君が忘れられない。    









   

   あの頃の君は、無邪気で その笑顔も泣き顔も 心に刻まれているよ。




   声が聴きたくて 君に逢いたくて 思いは募るけど




   昔の君は 何処にもいないから 思い出でしか逢えない。




   時間が止まって あの頃に戻れたのなら 




   君を抱きしめる以外に     何もしたくないよ




   俺は変わってしまったけど この思いだけは 変わらずに君の傍に



   








   千里、  この想い出を ありがとう。




   こんな切なさを 俺にくれて



   



   まだ、 夢には出てきてくれないけど、、、




    



   



   


   







    また、人恋しい冬がやってくる。


   


  街はクリスマスのイルミネーションで華やいでいた。




  「圭吾、あのコート圭吾に似合いそう! 」

  千里に腕を引っ張られて よろけそうになる。




  「赤が好きなんだから、赤にしたら?」

  千里がはしゃいで鏡の前に立って邪魔した。



   

  息苦しくて、呼吸がままならない


  君を思い出すと いつだって 胸が高鳴るんだ






   トクン    トクン    トクン







  

   心はずっと 君を忘れられないだろう





           終わらない恋を君と。。。。








 



                  忘れられない恋    「 完 」 。




















 最後まで読んでくれた方々、ありがとうございました(^人^)



 こんな感じになりましたが、忘れられない人って皆さんもきっといますよね(´∀`)


 こんなに忘れられなかったら辛いですけど 恋って素敵ですよね♥ドキドキ



  時間が掛かりご迷惑をお掛けしました(/TДT)/




 今日は大晦日ですね(=⌒▽⌒=) 


 時が経つのは本当に早いものですねガーン



 なんだかさっきから急に胃腸炎のような症状に襲われて


 

 ぐったりしていますガーンショック!



 何かに当たったのかなあ。。。。



 私は逆流性食道炎持ちなので胃薬は沢山持っているのですが



 漢方の半夏潟心湯を飲んで年越し蕎麦はお預けですよ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


 明日のお節を食べるためにね(笑)


 皆さんも胃腸炎はこの時期多いので気を付けてくださいねしょぼん




 それでは、今年ももう終わりですが

 

 ブログ仲間として大変お世話になりました(´∀`)


 来年もよろしくお願いいたしますドキドキラブラブ音譜



 良いお年を(*^ー^)ノべーっだ!ニコニコラブラブ!



   




  


 



 
























































AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「恋愛小説」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。