野人エッセイす

森羅万象から見つめた食の本質とは


テーマ:

歯磨き粉で口内微生物を一掃すれば食べ物のカスは分解されず腐敗する。

人は食べ物の消費期限にうるさく、スーパーでは表示をチェック、日々の食生活にも注意を払い「腐敗」に気を使っているが、足元ではなく口元の腐敗にまったく気付いていない。


「歯磨き粉使わない」と言うと決まって

「え~~~!不潔・・ドクロと言う声が出て、「歯磨きもしない」と言うと絶句、バイ菌扱いされかねないのだが、理由を確かめ、どちらが不潔なのか あらためて考えようとする人は少ない。

常識と習慣の壁はそれほど厚く、誰にでも簡単にわかる単純な道理すら押しつぶしてしまう。


子供の頃から奇人変人非文明人扱いされてきた野人は苦もなく言えるが、一般人凡人女人は恥ずかしくて面と向かって人には言えないだろうな、石鹸、シャンプー、洗濯、着替えも同じようなもの。

心中察して余りある・・ごめんね・・巻き込んで。


毎日腐敗菌を飲み込めば胃腸の不調の原因にもなるだろうが、もっと重大な事に気付いていない。



1、歯磨きしない野生動物には口臭も虫歯もない。


2、歯磨きする人間には口臭も虫歯も口内炎も歯周病もある。

3、歯磨き粉が口臭の原因なら、それらの症状も歯磨き粉が招く可能性が高い。


4、異常は口内だけでなく消化器系、肛門にまで及ぶことから、すべて微生物不在が原因とは考え辛い。


5、口内に存在するのは微生物と唾液、この唾液の異常に原因があると考えるのが妥当。


6、唾液には酵素が含まれ、消化と内粘膜の修復を担っている。


7、野生動物、抵抗力の弱い人の赤ちゃんは大量の唾液を出して入口からの防御の備えは万全。

8、不足すれば消化不良、内粘膜の異常、歯の異常を招く。


9、口内の症状がすべて当てはまることから、歯磨き粉が唾液に影響を与えていることがわかる。


10、 修復力不足に加え、微生物不在で腐敗菌が充満、分解されない歯垢や歯石が溜まり、口内の異常に拍車をかけている。


11、 これらの道理から、虫歯、口内炎、歯周病など、口内異常の原因は歯磨き粉である可能性が限りなく高い。


多くの読者の実践結果から、歯石は付かず掃除も必要なくなり、口内炎は完全に回復したという声が多いが、まだまだ探究の余地は残っている。

自らも体感したが、強烈な歯痛も歯磨き粉を止めた翌日に治まるという声も多く、唾液には痛み止めも含まれていることがわかった。

それは口内だけでなく、出口までの消化器官すべてに及ぶことも・・・


続く・・ 次回 消化器官の異常



歯を磨かない猿に虫歯はない

http://ameblo.jp/muu8/entry-10183293140.html


歯磨き粉は歯垢と歯石の原因

http://ameblo.jp/muu8/entry-10207825517.html


歯磨き粉は歯茎を弱くする

http://ameblo.jp/muu8/entry-10211605845.html


虫歯は元々存在しない人災

http://ameblo.jp/muu8/entry-10208150646.html




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

体臭と口臭を分けたのは仕組みがやや異なるからだ。

生物は粘膜に保護された海から陸へ上がり、外気に晒し続ける皮膚は粘膜から脂膜へと進化したが、目と鼻、口内と排泄口は変わらず粘膜に守られ、内部への侵入を防ぐ仕組みが出来ている。

粘膜が理想的な本来の姿であり、傷の治りも数倍早いから動物は傷口を舐め、人も本能で傷口を口に含む。


洗剤で脂膜を落とせば傷の治りはさらに遅くなり、微生物がいなければ雑菌が増殖、腐敗である化膿が進む。

洗剤だけでなく消毒液を使えば微生物は全滅、治癒はさらに遅くなる。

外皮は血液が凝固してかさぶたを作り、時間をかけて修復するが、入口の口内から内臓壁を経た出口の肛門までは粘膜で素早く修復する。

外皮と違って内粘膜の破損は生命にかかわるからだ。


これらを前提に、口臭から消化器系の異常まで一連のものとして個々に思考の順路をまとめる。


何故口臭が発生するか 思考順路


1、虫歯、口臭予防の為に人は歯磨きをするが、野生動物は歯磨きせずとも、虫歯も腐敗した口臭もない。


2、洗剤が皮膚の脂膜と微生物機能を破壊するのだから、歯磨き粉が口内の粘膜と微生物機能にも大きな影響を及ぼす可能性が高い。


3、彼らと人間の違いは歯磨きしかなく、虫歯口臭に悩まされたから歯磨きする習慣が出来たのか、歯磨きするから虫歯口臭が発生するのか定かではなく、確かめてみればわかる。必要性が先か販売が先かと言うことに絞られる。


4、口内すべての異常、口臭、虫歯、歯周病、口内炎だけでなく、胃、腸、肛門まで同様に比例して症状が重複することから、一貫して考え、関連がなければ切り離せば良い。

食べ物が肛門機能まで影響を及ぼすとは考え難く、歯磨き粉などが及ぼす影響に絞って考える。


5、動物の口内はバクテリアとも言う微生物が充満、これらが歯の細かい隙間に残る有機物を分解、腐敗臭の類の口臭は発生しない。

歯磨き粉と言う洗剤で口内バクテリアを一掃すれば、いくら歯ブラシで磨こうが落とし切れるものではなく、高温多湿の口内では数時間で残存有機物の腐敗が始まり

これが口臭の原因 パンチ!


「目覚めた時に口内がネバネバして気持ちが悪いのは腐敗が理由。

微量とはいえ、毎日終日腐敗汁を飲みこめば

胃腸の不調を招いても不思議ではない。」


      おまけ・・ ドキドキ

  多くの読者の実践でも同じ結果だが、歯磨き粉を止めると3日ほどで口臭は消え、ニンニク臭もまったく残らない。

食べるものに関係なく有機物を分解、腐敗と違い分解発酵中は生ごみ処理機同様に口内に残留物があっても腐敗臭はしない。

個人差はあるが、歯磨き粉を止めて1週間を経ても口臭が消えないなら原因は他に必ずある、体臭や足の臭いも同様だ。


続く・・・ 次回 虫歯 口内炎



口臭の最大の原因は歯磨き粉

http://ameblo.jp/muu8/entry-10205899018.html


毎日ニンニク食べても臭わず

http://ameblo.jp/muu8/entry-10214525477.html


歯磨き粉なしで口臭が消える  読者事例

http://ameblo.jp/muu8/entry-10339084748.html









いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

唾液の修復酵素は口内の傷や粘膜の荒れを修復をするようになっている。いつも大量によだれを垂らしている犬もそうだが、唾液が内臓を守り、消化を助け、食を通した生命維持活動の要になっていることは間違いない。表皮と違い口内の傷を唾液はあっと言う間に修復、痛みを抑える。そして胃から腸へ行き、最後まで食物と共に体内を通過する。つまり「唾液の守備範囲は口内から肛門まで」なのだ。唾液は胃潰瘍やガン、大腸ガンも修復しようとし、最後は肛門、つまり入り口から出口まで修復活動を続けている。内臓も大切だがこの二つの器官も同じように大切なもので、損傷は生命に関わるからだ。だから本来備わった口内の機能を狂わせることは寿命を縮める事に等しい。たかが唾液と思うだろうがそれくらい大切なものだと野人は確信している。

既に歯磨き粉をやめた読者は数十人はいるだろう、その中の一人から報告があったが、二年間も切れ痔に悩まされていた。程度は違っても排便の度に必ず切れて出血していたらしいが、それが歯磨き粉をやめて徐々に治まり、1週間ほどで症状が消え去ったと言う。

人間に限らず動物の機能からすれば「痔」は明らかにおかしいのだ。排便は規則正しく毎日正常だったようだがそれでも治らない。これは肛門内壁の修復が追いつかないと言うことだ。皮膚と違い、口内と肛門は次の食事、排便までには必ず正常に戻す仕組みが出来上がっている。唾液の細胞修復酵素はそれくらい強烈で優れたものだ。痔は薬や手術で治すものでもないし、治るものでもない。一時的には回復しても、また再発する可能性は高い。対症療法ではなく、痔になる原因を排除する事のほうが大切なのだ。現に二年間も苦しんだ痔がたった1週間で完治している。治療と言うほどでもなく、歯磨き粉をやめただけのことだ。嘘か本当かと案ずる前にやってみれば良い。何の労力も経費もかからない。世の中には痔に苦しむ人が大勢いる。産後の女性の大半は多かれ少なかれ痔の症状を持つと聞いた。是非試してもらいたい。野人は痔ではないから実験しようがないが、完治するかどうかはともかく、症状は改善されるはずだ。女性ならあまり大きな声で言い辛いだろう。しかしメッセージでも良いから結果報告を待っている。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。