■換地処分があった土地の所有権を移転する場合、どの権利証(登記識別情報)を添付すべきか?


(1)まず、換地処分は、以下の3パターンに分類されます。

①従前の土地が1筆(A)で、換地処分により、他の土地1筆(B)が割り当てられる場合。

②従前の土地が1筆(C)で、換地処分により、他の土地2筆(D・E)が割り当てられる場合。

③従前の土地が2筆(F・G)で、換地処分により、他の土地1筆(H)が割り当てられる場合。


(2)上記①~③の登記事項証明書 表題部「原因及びその日付」欄の記載について

①「平成○年○月○日 土地区画整理法による換地処分」 と記載される。

②「
平成○年○月○日 土地区画整理法による換地処分 他の換地○○番」と記載される。

平成○年○月○日 土地区画整理法による換地処分 他の従前の土地○○番」と記載される。

※表題部には、この様な記載がされるので、どのパターン(①~③)にあたるのかをこの記載により検討しましょう。


(3)では、上記①~③の場合、どの権利証(登記識別情報)を添付することになるのか?

①換地処分により、新たな権利証(登記識別情報)は発行されないため、従前の土地(A)の権利証(登記識別情報)を添付することになる。

換地処分により、新たな権利証(登記識別情報)は発行されないため、従前の土地(C)の権利証(登記識別情報)を添付することになる。

③換地処分により、新たな権利証(登記識別情報)が発行されるため、その権利証(登記識別情報)を添付することになる。
 但し、合筆登記があった場合と同じように、従前の土地(F・G)のすべての権利証(登記識別情報)を添付することも可。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
奈良県香芝市高7番地2
松井司法書士事務所
司法書士 松井睦人
http://web1.kcn.jp/office-matsui/(旧サイト)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



AD