先日、石垣島にお住まいのMさんより、お手紙での
ご質問が届きました。(北と南の果てですね!)

お待たせいたしました。ムツさんからの
返信が届きましたのでここでご紹介します。

その前に、まずはMさんのお手紙を下記にご紹介いたします。
(一部省略させていただきました)

******************************************

拝啓

ムツゴロウ様、動物王国の皆さま、初めまして。

私、石垣島に在住のMと申します。
「ムツゴロウ動物王国のブログ」を拝読させていただき、
ムツゴロウさんに相談したいことがあり、
すがる思いでペンをとりました。

我が家のドーベルマン。
名前をサブロウといいます。
7ヶ月の男の子です。

5ヶ月頃まで厳しく育ててしまったのと、
社会化の不足により怖がりで神経質で
攻撃的な犬に育ててしまいました。

人、犬を見かけると、見境なく吠え、興奮し、
ガウガウいいながら私たちに飛びつき
体や腕を噛んでいます。

しつけ本やネットの情報を頼りに、いろいろ試して
きましたが、上手くいきません。

今の状態で、どのように人や犬と接し、
私たちへの噛みつきを改善する具体策が分からず、
悩んでいます。

現在交友できる知人や犬もいません。

サブロウも犬同士のふれあいの中で
楽しさや喜びを感じさせてあげ、
私たちも成長していきたいと思っています。
よろしければアドバイスお願いいたします。

~サブロウ君のプロフィール~

 名前 サブロウ
 犬種 ドーベルマン
 年齢 7ヶ月 
 性別 オス
 飼育環境 一軒家 室内(リード使用)
 家族構成 成人男性、女性 各1名
 飼主歴 1頭目
 成長過程 他の犬と遊んだ経験なし
 その他  生後55日目でオーナーさんから迎える。
      6ヶ月の時に去勢ずみです。
      散歩は朝と夕の2回。各40分。
      朝の散歩後、家の前でショートリードにつなぎ
      お座り、待て、伏せ、の練習中。
      夕方はロングリードにつなぎ、持って来いの練習中。
   

 以上です。   Mより

******************************************

ムツさんからの返信


びっくりしました。

ドーベルマンとは世界中で遊びました。
非常に気のいい犬種で、抑制の力もあり、
どれもすばらしい犬でした。
また、問題犬のセンターなどにも
ドーベルが収容されることは少ないのです。

ちょっと育て方を間違いましたね。

大型犬で、しかもドーベルマンという、
獰猛だというイメージが先行しているのをウノミにして
犬をダメにしてしまった傾向が見られます。
飼主が気張り、緊張した結果がうかがえます。

犬は、愛育すべきです。

でも、ここでは、しつけが先行しています。

しつけが、お化けみたいに犬にのしかかっています。

人(飼主)と犬に最も大切なのは、愛です。
しつけなんか2の次です。

新しい犬をむかえた時。
私ならどうするか。

まず、名前をつけます。
抱きます。
好きにさせます。
まずもって、何日も抱いて寝ます。
叱るなんて、とんでもない。
いっしょに遊びます。
上になったり、下になったり。

「人間大好き」
その点も大切です。

人を見ると駈けて行く陽気さは、犬本来のものであり、
ご夫婦で飼うとしたら、どちらにも
犬がニコニコして飛びついていくようにします。
まず、犬が持っているいい部分、
それを育てるのが「犬を育てる」ということです。

「あれをしなければ」
「これをしなければ」

という、変な理想像を押しつけるのは
どうかと思います。


この続き。まだ長くなりますので
明日に続けることとしましょう。


 To be continued 
 BY ムツさん 畑 正憲
AD