足の形の重要性

テーマ:

最近足の形の重要性を痛感することが多いです。

以前にも書きましたが、扁平足は外反母趾の原因となっています。

また、足首が硬い状態も良くないです。

その場合にはふくらはぎの筋肉(腓腹筋)が過緊張(こり過ぎた)状態になっています。

足がつりやすい方の場合このタイプが多いです。

極端なケースではつま先が下に下がって、つまずきやすくなっています。

膝や股関節に問題がある場合にも扁平足や足首の硬さが合併していることが多いので、チェックをしてみて下さい。

扁平足の対策としては、タオルギャザーリング・ムカデ歩きを行なうと良いでしょう。

足首が硬い場合はふくらはぎのストレッチを行なってみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鍼灸治療に興味のある方・受けてみたい方は以下のホームページをご覧下さい。

http://muto-shinkyu.com/

 

AD

非科学的サプリメント

テーマ:

健康管理・病気予防の一環としてサプリメントを服用している方は意外と多いようです。

サプリメントや健康食品には効果が実証されているものもありますが、全く科学的根拠のないものもあります。

特におすすめできないものとして、コラーゲン・コンドロイチン・ヒアルロン酸の服用があります。

コラーゲンを服用すると、そのコラーゲンが皮膚に行くとか、コンドロイチン・ヒアルロン酸を服用すると関節に行くという保証は全くないのが実情なのです。

それよりは皮膚であれば保湿とマッサージ、関節症に対しては運動の方が確実に効果があると思います。

もちろんすべてのサプリメントを否定するつもりはありません。

もし今の健康に役立つものであればぜひ続けて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鍼灸治療に興味のある方・受けてみたい方は以下のホームページをご覧下さい。

http://muto-shinkyu.com/

 

AD

新たにスポーツを始める方へ

テーマ:

最近健康管理としてスポーツをすることが一般的になってきました。

特に高齢者の認知症・介護予防としても注目されています。

しかし今まで全くスポーツをしてこなかった方にはハードルが高く感じられるかもしれません。

おすすめとしては、とっつきやすく楽しいものです。

できれば一人でやるのではなく、他の人と一緒に行なった方が続きやすいと思います。

(健康器具が押し入れに入ったままの方が結構多いようです。)

ウォーキングは簡単に始められますが、楽しさからいうとどうでしょうか?

むしろヨガや体操教室などへ通って仲間を作ったり、刺激し合うことが良いのではないかと思います。

多くのプログラムを持つスポーツクラブへ入るのも良いかと思います。

色々試してみてご自分に合ったものを選べるからです。

スポーツクラブにはトレーナーさんがいて、様々なアドバイスをしてもらえます。

シニア向けのスポーツクラブや24時間営業のスポーツクラブなども出てきています。

あるスポーツクラブには100才の方が通っているとのことです。

素晴らしいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鍼灸治療に興味のある方・受けてみたい方は以下のホームページをご覧下さい。

http://muto-shinkyu.com/

 

 

AD

ピアスに注意

テーマ:

ピアスをしている人が増えているように思います。

以前は若い人が中心でしたが、年齢層が広くなっている印象があります。

イヤリングだと落としてしまうのでピアスにしているという方は結構いらっしゃいます。

見た目もおしゃれです。


しかし、健康面から考えると問題点があります。

ピアスは首肩こりの原因になります。

首肩こりは頭痛の原因となるだけではなく、不眠症やめまい・うつ病とも密接な関連があります。

したがってこれらの疾患がある人や健康状態を良く保ちたい方は、ピアスの使用は控えていただきたいです。

イアリングに切り替えるか、張るタイプのものにするのがお勧めです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鍼灸治療に興味のある方・受けてみたい方は以下のホームページをご覧下さい。

http://muto-shinkyu.com/

 

 

鍼灸治療の効果をアップする

テーマ:

同じ鍼灸師が治療をしても、効果が出やすい人と出にくい人がいます。

また、効果が出にくい人でも効果を出やすくする方法があります。

それは、ヨガをすることです。

ヨガをしている人が鍼灸治療の効果が出やすいのは「気」の流れが良くなるからではないかと考えております。

ヨガ以外では気功や太極拳なども効果が出やすくなるのではないかと推測しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鍼灸治療に興味のある方・受けてみたい方は以下のホームページをご覧下さい。

http://muto-shinkyu.com/

 

 

 

失敗しない入浴法

テーマ:

冬になると入浴時に脳卒中や心筋梗塞を起こす方が増加することが報告されています。

中高年以上で、動脈硬化・高血圧・糖尿病・脂質異常症がある方は要注意です。

その原因として、入浴による血圧の急上昇と急降下、高温入浴による血栓(血の塊)の形成、発汗による脱水、風呂場や脱衣所の温度が低いことなどが挙げられています。

予防策としては、入浴前にコップ一杯の水を飲むこと、風呂場や脱衣所の室温をあげること、高温のお湯に入らず39~41度位のお湯に入ること、飲酒をした後入浴しないことなどがあります。

また、浴槽の半分にふたをして、その上に腕をのせて入浴すると、万が一トラブルが起こった時でも溺死することが防止できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鍼灸治療に興味のある方・受けてみたい方は以下のホームページをご覧下さい。

http://muto-shinkyu.com/

 

鍼灸治療を開始してある程度良くなってくると、そろそろ治療を止めようかと思う方は少なくないかもしれません。

今回は治療を継続した方が良い方と一度止めて様子を見ても差し支えない方の見分け方についてお伝えします。

まずご自分の疾患が完全に治る疾患なのか、進行性の疾患なのかについて確認をします。
進行性の疾患・原因不明の疾患・現代医学での対処法がない疾患に関しては継続していただいた方が良いです。

次に年齢です。

50代以上では体調不良が出やすいので継続した方が良いと思います。

鍼灸治療を続けていると若々しくいられるという特典もありますのでぜひ続けて下さい。

40代以下でも疲れやすい・胃腸が弱い・自律神経が失調しているなどの症状がある場合は続けた方が良いです。

どちらにするか決めかねている場合は少し治療を休んでみます。

体調が悪くなってくる場合は継続した方が良いです。

もしどちらにしたら良いか分からない場合はご相談ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鍼灸治療に興味のある方・受けてみたい方は以下のホームページをご覧下さい。

http://muto-shinkyu.com/

 

家族が病気になった時

テーマ:

家族が病気になり、複数の治療法があるとき、どの治療が最も適切なのか悩むことはありませんか?

当院では現代医学の治療が良いのか、鍼灸の方が良いのか、漢方薬も併用した方が良いのか、提案させていただいています。

鍼灸より現代医学の方が確実に良くなる場合は現代医学の治療をお勧めすることもあります。

逆に現代医学の治療は副作用が強く、根本的解決につながらない場合は、鍼灸をお勧めすることもあります。

現代医学の治療法の中で、どの治療が最も良いのかはセカンドオピニオン外来を受診されると良いと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鍼灸治療に興味のある方・受けてみたい方は以下のホームページをご覧下さい。

 

目の疲れ対策

テーマ:

読書の秋となりました。

以前から読みたかった本を手に取り読んでいたら、字が見えにくい等という事はありませんか?

そのまま読み進めると目の疲れが強くなってしまいます。

この様な場合、目の調節機能が低下している事が考えられます。

目の疲れに効果的なツボをご紹介します。

眉頭にある攅竹というツボと耳の前にある和髎というツボです。

 

 

これらのツボを爪楊枝で押してみて下さい。

疲労感が軽減したり、物が見やすくなったりすると思います。

メガネやコンタクトレンズの度があっていない場合も目の疲れが強くなります。

極端に目が疲れる場合には一度眼科でチェックを受けて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鍼灸治療に興味のある方・受けてみたい方は以下のホームページをご覧下さい。

http://muto-shinkyu.com/

 

重大な疾患になる人の特徴

テーマ:

癌や自己免疫疾患など重症の疾患になった方には幾つかの共通点があります。

飲酒量が多い・極端に強いストレスがある・頑固な便秘がある・添加物の多い食事をしている・睡眠時間が極端に少ないなどです。

逆にこれらの要素を減らしていけば、病気が改善する方向に向かうと考えられます。

便秘の事をあまり気にしない方が多いですが、便秘は万病のもとです。

食物繊維が多い食事を心がけるようにして、便通を改善して下さい。

お勧めの食べ物としては、麦・ひじき・納豆・干し柿・プルーン・キウイなどがあげられます。

便秘に効果的なツボには、澤田流神門・大巨があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鍼灸治療に興味のある方・受けてみたい方は以下のホームページをご覧下さい。

http://muto-shinkyu.com/