住宅の性能を向上させるリフォーム

冬暖かく、夏涼しいお家に生まれ変わる、床下、小屋裏(屋根裏)の断熱気流止めや遮熱塗料の塗布、窓・サッシの改修などのリフォームをはじめ、自然素材や無垢材を使用したリフォームや耐震性能を向上させるリフォームなら弊社におまかせください。


テーマ:

とてもとても、暑い日が続いています。

梅雨・・・は、どこぞに行ってしまったのでしょう。

これから一気に来る?

もうこのまま梅雨明け・・・?

今年は、ゲリラ豪雨が多くなるのでしょうか。

都合が良い考えですが、これだけ降らないと流石に困ります。

ゲリラ豪雨は嫌ですが、干上がってしまうよりはよっぽどましです。

日本は四季があり、四季を楽しむ文化でありますが、

既に四季は無くなっているのでは・・・と。

春と秋が短くなり、何時春?何時秋?と言う感じになっている感じがします。

熱い、夏の期間が増えていますが。

日本の住宅は、冬の断熱を考えた施工に多くの補助金を費やしています。

夏の断熱(遮熱)に対しての補助金は・・・無かったと思います。

断熱材を増やす。窓の性能を上げる。と言う冬の断熱には補助金が出ます。

どうしてか、お分かりになりますか。

住宅の性能を上げると言う事を真剣に考えていないからこうなるのです。

大手メーカーの為の補助金政策ですから、大手メーカーにお金が流れない事には補助金出しません。

悲しいですね。

話は大きく変わります。

夏、建物が暑くなる原因は・・・なんだと思いますか。

では、大きく影響を与える熱は何だと思いますか。

そうです。太陽光=輻射熱です。

太陽の日差しが物質を温める大きな要素となります。

でうから、直接太陽光が当たらないようにすると暑くなりません。

そうです、日差しがあたらない様にすると暑さは防げる。

しかし、建物に陽が当たらないようにするのは基本無理です。

夕立で雨が降ると気化熱で建物の温度は下がってエアコンが効き易くなるのですが

毎日夕方に、建物に水を掛けれ冷やすのは現実的ではありません。

ではどうするか。

日が当たっても熱くならないようにすれば良いんです。

遮熱ですね。

熱さを防ぐには遮熱が一番効果的です。

渋谷のスクランブル交差点のアスファルトは遮熱しています。

知っている人は知っています。

夏の熱さは、断熱では無く遮熱だと言う事を。

外壁塗装をする際は、遮熱塗装をするのが良いんです。

暑さ軽減だけでなく、建物の寿命も伸びます。

色々な種類がありますから材質選びも大切です。

遮熱なら何でもいいと言う事ではありません。

今日はこの辺で・・・失礼します。 

投稿者:無添加計画リフォーム事業部 瀬谷
「スペックリノべーション」で

永く、快適で温かく、安心で健康に暮らせる家

一級建築士事務所 / 自然素材住宅専門店
【株式会社 無添加計画】リフォーム事業部

〒336-0025埼玉県さいたま市南区文蔵1丁目8-8
電話:048-711-8200 FAX:048-711-8201

Eメール:otoiawase@re-rust.com  

ホームページはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

瀬谷 忠司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。