住宅の性能を向上させるリフォーム

冬暖かく、夏涼しいお家に生まれ変わる、床下、小屋裏(屋根裏)の断熱気流止めや遮熱塗料の塗布、窓・サッシの改修などのリフォームをはじめ、自然素材や無垢材を使用したリフォームや耐震性能を向上させるリフォームなら弊社におまかせください。


テーマ:

疲れ目に良いと言う目薬が有る事をしり買ってみる。

サンテ メディカルAアクティブ 

いい感じです。疲れ目でお困りの方是非。

昨日、環七を走行中、反対車線に素敵な車が停車しているのを発見。

走行中でしたので「あぁ~~」と言う間に通り過ぎてしまいましたが

330GTだったと思います。

1960年後半67・8年位でしょうか

家に帰り嫁に話すと「で・・・」的な・・・

仕方が有りません。興味ないのですから・・・

昨日も今日は、強い日差しで夏の暑さ

太陽光に照らされてそこら中のモノが熱くなっています。

建物も照らされて熱くなっています。

外壁触っていられない状態では。

数秒触っていると低温火傷してしまうくらい熱く成ったり。

最高気温が28℃、外壁の表面温度は何℃になるのでしょう

50後半~60℃位になるのでしょうか。

この熱が、夜になると建物を熱くする原因になる事は

ご存知ですよね。

屋根は、もっと熱くなります。

多くの既存住宅は、屋根(小屋裏)の断熱がしっかり施工されていません。

断熱材が無い住宅もあります。

熱くならない様に出来るのが一番、人間は汗をかく事で体温を調整しますが住宅は出来ません。夕立でも降れば、汗の代わりになり建物の熱を奪ってくれるのですが、都合よく降ってくれません。

屋根に水を撒くのは、あまり現実的ではありません。

どうするか。

遮熱するのが良いですね。

遮熱塗装をする。遮熱素材に吹き替える。遮熱下地を引く

プラス小屋裏換気と断熱が出来るといいのでしょう。

毎年、言っていますが、住宅の暑さ対策は、遮熱

外装を手直しする際は、遮熱で相談しましょう。

価格は少し高く成りますが、日々の生活を考えると、安さを優先してしまうと

今日はこの辺で・・・失礼します。 

投稿者:無添加計画リフォーム事業部 瀬谷
「スペックリノべーション」で

永く、快適で温かく、安心で健康に暮らせる家

一級建築士事務所 / 自然素材住宅専門店
【株式会社 無添加計画】リフォーム事業部

〒336-0025埼玉県さいたま市南区文蔵1丁目8-8
電話:048-711-8200 FAX:048-711-8201

Eメール:otoiawase@re-rust.com  

ホームページはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

瀬谷 忠司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。