住宅の性能を向上させるリフォーム

冬暖かく、夏涼しいお家に生まれ変わる、床下、小屋裏(屋根裏)の断熱気流止めや遮熱塗料の塗布、窓・サッシの改修などのリフォームをはじめ、自然素材や無垢材を使用したリフォームや耐震性能を向上させるリフォームなら弊社におまかせください。


テーマ:

昨日、結露を抑えると言う事でカーテンを短くと話しました。

ある一定の効果はあるのですが

やはり、断熱性能がしっかりしていないと効果はまちまちになるのだと・・・

今朝、サッシを見て悲しくなりました。

昨日はこんなに・・・

結構な量の結露が右側のサッシの4分の3くらいまで

室温は14℃で湿度が52%、昨夜の室温が21℃で湿度が48%

室温-7℃ 湿度は4%アップ

この差であれば、結露は防げるはずですが、サッシは思いのほか温度が下がってしまようです。

よくよく考えれば、熱を伝え易いアルミとガラスですから・・・

室内の熱の影響を与えても・・・

しかし、まだ何か出来る事は???

ここで気になすのが左側のサッシにどれだけの結露が発生していたか。

同じくらい発生するのであれば右から左へ受け流すのですが

左側のサッシ、3分の1程度と右側より少ない。

これは検討の余地があります。

右側のサッシと左側のサッシの違い。

同じ状況で何故差が出たのか。(‐^▽^‐)

簡単な方法はやはり、ホームセンターで結露対策グッズを買ってくる方が良いのでしょうか。

これ言ったら終わりですね。

サッシ本体の温度が下がる原因は、素材の問題が1番ですが、もう1つ、原因がありました。

それが分かったのが左右の結露の出方です。

答えは、明日の朝でます。

さてどうなる事か。

戸建てだとサッシ数が無駄に多いので大変ですが、賃貸やマンションは少ないので色々試すと事が出来るので是非!!!やると、楽しいですよ。

良くなるのが分かると。

今日はこの辺で・・・失礼します。 

投稿者:無添加計画リフォーム事業部 瀬谷
「スペックリノべーション」で

永く、快適で温かく、安心で健康に暮らせる家

一級建築士事務所 / 自然素材住宅専門店
【株式会社 無添加計画】リフォーム事業部

〒336-0025埼玉県さいたま市南区文蔵1丁目8-8
電話:048-711-8200 FAX:048-711-8201

Eメール:otoiawase@re-rust.com  

ホームページはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

瀬谷 忠司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。