夢酔亭主人のオムライス食日記

フードアナリスト
(社)日本フードアナリスト協会認定


上野、浅草など下町中心にオムライスや美味しいランチの食日記。


テーマ:

「浅草の蕎麦を楽しもう」シリーズ第5弾!


今回の訪問は浅草から隅田川を渡っての吾妻橋へ・・・


同じ浅草エリアなんだが住所は墨田区。


駒形橋を渡ると目の前に現れるのが、吾妻橋藪そばさん。


橋の手前には藪御三家のひとつ並木藪蕎麦があるが、実力では吾妻橋の方に軍配が上がるだろう。


「酒を飲まないなら蕎麦屋に来るんじゃねえ!」と喝破したのは池波正太郎先生。


確かに美味しい蕎麦を食べるためには日本酒は欠かせない。


そう思うとこの1週間はお茶やお水で我慢するのはつらかった(笑)



あって嬉しい菊正宗。


藪蕎麦系では徳利には袴を履かせるが、雰囲気もあっていいものだ。


蕎麦味噌が付くのも藪蕎麦系共通。


これを一口舐めると、これからの展開が楽しみになって来る。


いわばオペラの序曲のようなものだ。


●鳥わさ(540円)




この美味しさを表現する文章力がないのがもどかしいが、とにかく食べてごらん。


一度食べたらヤミツキになる事間違いなし!


アレッ?玉子焼きが見当たらない・・・


「すいませ~ん!玉子焼きなくなったの?」


実は・・・忙しいお昼時に注文が集中すると店が回らなくなるとの事で、メニューから消したけどちゃんとありますよとの嬉しい一言。


大と小のサイズがあるが、小で注文。


●玉子焼き小(864円)


鳥わさで飲む時はお酒も真剣勝負って感じだったが、玉子焼きに変わると、お酒もホッとしたような優しい味に変化する。


蕎麦屋の玉子焼きでは、「神田まつや」がいちばんのお気に入りだが、見た目は無骨なこの玉子焼も大好き。


蕎麦は腹具合によって大、中、小と選べるのもお客に親切なお店だという事が分る。


玉子焼きが入ったので、蕎麦は小でお願いした。


●もりそば小(756円)


かんだやぶそばの流れをくむお店だが、細く打たれた正統派蕎麦は見るからに気品があって美しい。


最初は何もつけずに蕎麦だけチュルン。


蕎麦の風味、喉越しの良さはまさに正統派の藪そば。


藪そば系なのでつゆはもちろん辛い。


並木ほどの尋常を超える辛さじゃないが、それでも先の方を少し浸けるだけでいい。


半分ほど食べ終えたところで、本山葵で爽やかな蕎麦に変身させましょう。


やかんで注ぐ蕎麦湯。


ネギを投入し、3回に薄めながら飲み干した時の幸福感は格別。


美味しい食事をいただき感謝をこめて
「ごちそうさま!」


【お店】 ★★★
・吾妻橋藪そば
・東京都墨田区吾妻橋1-11-2




にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(35)  |  リブログ(0)

夢酔亭主人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。