※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
2011-11-14 15:13:29

うまい事いうなぁ、と思ったのは

テーマ:徒然なるままに
やっぱり、八王子の某友人だった。

「パンドラの箱やろ?」

それだけで、あれが何のことか、一発で伝わっているのが、凄いと思うのだ。

そんな彼が「急にギターを弾きたい。」と言いだし、中古を見に行った所。
そこで、やや古ぼけた、木目調のフレットレスベースが置かれてあった。

へ?と思うような破格の値。TUNEの4弦、木目調。
塗装のはげ具合、傷の具合といい、相当使い込まれたやつのようだ。

けど、弾きやすくて手になじむ。
いつもの5弦の子は、パッシヴで、狂いを含みでコントロールする文字通りの暴れん坊。
このTUNEの4弦は素直で。しかも、アクティヴ。
このモデル、よくわからんのだが、自前でフレット抜いたフレットレスか?

大体、前の持ち主が、どういうのを目指していたのかも、そこで、大体、分かっちゃうのが面白いのだが。

ただ、この使い込みっぷりと、ケースに入ってた薄汚れたグローブといい、
相当に戦場を駆け抜けてきた「古強者(ふるつわもの)」であることは、一目で分かった。

まあ、ここじゃ、売れないだろうな。この価格でも。

彼曰く「縁じゃないのか?」

そんな気がした。
この人、新しい持ち主をめちゃくちゃ探してるんだろうな、という気がした。
まだ、戦場を駆けたくて仕方が無い、といった面構えをしている。

三国志の登場人物の、黄忠に会った様な、そんな感覚。
かなーりの癖はあるんだけど、老いては、益々盛んなり、というような気を放つ。

オーラがあるんだよな・・・・そういう楽器って。
生きてるのか、死んでるのかも、そこで見えるんだよね。

めったに店頭ではやらない試奏をしてみた。
ああ、これは、確かに面白い。

「・・・まさか、店頭に置いて、5分で売れるとは思いませんでした。」

と、そこの店員が言う。

おかしいよね。
フレットレスベース弾きが、そんなところに、ふらふら出現するんだから。

恐らく、こいつに呼ばれたんだな、と思う事にした。

値段も値段だったので(というより、真面目にそんな価格でいいのか?というくらい)、
まあ、こんな古ぼけたフレットレスを買っていくのは、僕くらいだろうから、即決。

・・・Musu Bore が引き起こす不思議っていうのは、
こういうことが、短い期間の間に立て続けに連発するのである。

それは、タロットカードで、意に沿わぬ結果が出たからといって、
何度、同じ質問を繰り返しても、結局、同じ答えのカードが、何度も出現するという、
あの「異常な発生確率」の偏差にも似ている。

そして、一緒にいると、その確率偏差の発生確率が異様に高くなる現象を引き起こす人が、
僕には、今のところ3人いて、そのうちの1人が、間違いなく、彼だということ。

そして、止めようとするたびに、
それを妨害するほどの、より、大きな力が発動するという話であり、
その度に、Musu Bore の居る位置が少しずつ変わって行く、ということなのである。

バンドとか、ユニットが、それ自身、命を持ち出すと、
続けようとか、止めよう、なんていう、本人の意思なんか、まったく関係なくなるんだよな・・・

そのことを感じたことの無い人には、それは、永遠に意味が分からない話、なのだと思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Renさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:そういう時は

>iceさん

そうなんです・・・
そこに意思ではどうにもできないシグナルが出る。

そんなの気のせい、と言葉の悪い人は言いますが、
ところが、実際、こうなっちゃってるわけで・・・

1 ■そういう時は

正しい道なら、トントン拍子って言葉通りに過ぎ去るものだから、いいですよね♪
やらねばいけないことならば、避けて通れない…善くも悪くも。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。