風呂敷メーカー「むす美」山田繊維株式会社のブログ

京都の風呂敷(ふろしき)メーカー「むす美」のブログです。

オリジナル風呂敷
風呂敷の使い方 等々
風呂敷に関すること、お気軽にお問い合わせくださいませ。

    ***風呂敷 むす美 スタッフブログ***


   風呂敷には物語があります。


              風呂敷にはアイデアがあります。 


            風呂敷には人と人を結ぶ力があります。









◇むす美 instagram



テーマ:

「FUJI ROCK FESTIVAL 2017」

 

おおきに。旅する  風呂敷「むす美」 生産管理、むす美のイイダです。

 

 

先日、フジロックフェスティバル‘17に行ってまいりました。

フジロックは15回目の参加になるのですが、今年も本当に素晴らしい空間でした。

 

皆さんはフジロックへ行ったことがありますか?

行ったことがない方、音楽が少しでも好きなら是非来年!

遠い?高い?暑い?きつい?いろんなマイナスなお声も聞きますが、それを遥かに上回る感動を得られますよ。

 

このフジロックをマーケティング視点でブログを書かれている方がいて面白かったのでご紹介しておきます。

http://kei4ide.hatenablog.com/entry/2017/07/31/215905

 

モノからコトへ。まさに今、時代はそういった動きが非常に強いですね。ジャンルに関わらず、みなさんコトへの参加型のビジネスが広がっています。

私たち、むす美でも風呂敷講習会と題して東京店、京都店共にイベントを行っています。

http://www.kyoto-musubi.com/event/index.html

 

講習会で風呂敷のいろんな包み方、皆さん是非覚えてみてください。世界が変わりますよ!

 

 

 

 

さて、フジロックではキャンプをしていたのですが、もちろん風呂敷が大活躍でした。

 

 

 

*きもの包みは大きさたっぷりなのでアウトドアの大きなテーブルにもばっちりです。綿素材なので汚れたらがつがつ洗えちゃいます!

 

 

*100アクアドロップは撥水加工を施しているので、汚れたり濡れたりしても簡単に拭いて取れます!これまた便利!

 

 

関西風に風呂敷のない時―、ある時―、で比較してみましょう。

※風呂敷のない時―

 

 

※風呂敷のある時―

 

 

 

いやぁ、やっぱりあるとおしゃれ感でますね~。インスタ映えしますね~。

ちなみにこちらの写真、友達がメキシカンなタコスを手作りしてくれてめちゃくちゃ美味しかったです~。

音楽と美味しい料理、素晴らしき友人たち、、、、、、あれ何か足りない。。。。。。。。

!!!

お酒だ!!!!

!!!

 

 

 

すみません、飲みすぎました。

 

というわけで、夏の楽しい思い出、皆さんも風呂敷持って是非作りましょう♪

たくさんのインスタグラムに風呂敷が映ることを願いまして、また。

 

 

 

 

それでは、また。

京都の風呂敷メーカー むすび(by山田繊維㈱)のイイダでした。

ありがとうございました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「山へいくつもりだった」

おおきに旅する  風呂敷「むす美」 生産管理、イイダです。

 

 

前回は海へ行くつもりじゃなかった(沖縄)でしたが、

今回は山へ行くつもりで山へ行ってまいりました(長野)。

 

 

 

 

八ヶ岳です。

 

八ヶ岳連峰最高峰、赤岳に登頂です。

序盤は神々しい森を抜けていきます。

 


 

 

上の方は急で高所恐怖症の僕にはなかなかハードルが高かったです。。。

 

 

 

 

 

ただがんばった後にはご褒美が!素晴らしき景色です。

 

 

 

 

富士山-間ノ岳-北岳

日本の高い山 1-2-3が一度に見れる贅沢な光景でした。

 

 

その八ヶ岳の麓でクラフト市が開かれていたので行ってまいりした。

 

 


 

 

そこで素敵な出会いがありました。

個人でシルクスクリーンの作品を作って販売されている坂本友希さん。

https://www.facebook.com/yuuuuukisakamoto/

 

 

一人で型を作ってプリントして、蒸し~水洗まで全部一人でされています。

 

山田繊維の風呂敷は生地屋さん、染屋さん、蒸し屋さん、整理屋さんなど全て

別々の分業で職人さんにお仕事をお任せしているので、一人でされていることに

びっくりしました!作品は一つ一つがとても丁寧できれいで。

八ヶ岳の周りの自然を映したような素敵な作品たちです。

 

 

 

 

山田繊維でも型染め作家さんの作品を風呂敷にさせて頂いています。

katakataさんのクジラ。今の季節に気持ちの良いブルーですね♪

 

 

 

 

クラフト市は普段なかなかお店では出会えないような作家さんに会えたりするので

とても楽しいですね。またいろんな所で行ってみたいです。

 

 

 

※長野へ行ってきたので、北アルプス国際芸術祭にも行ってきましたよ。

先週、石原のブログで紹介されていましたね。

 

 

 

 

 

それでは。また。梅雨が明けたみたいで暑い日が続きますが、お体にはお気をつけまして。

 

 

 

それでは、また。

京都の風呂敷メーカー むすび(by山田繊維㈱)のイイダでした。

ありがとうございました。

 

追伸綿花がついに。。。!続きは水谷のブログにて。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「新たな京都観光コース!?第二弾!!京都で気軽にお茶会!菊水鉾~松花堂庭園」

 

おおきに~☆風呂敷「むす美」 の小川です!

 

 

 

 

 

前回に引き続き、穴場の京都観光をご案内です☆

 

 

 

先ずは、やっぱり7月の京都といえば祇園祭!!

 

 

7月の京都に来たら祇園祭を体験したい。。。

 

ただ、歩行者天国を歩くだけでなく、特別なことをしたい。。。

 

京都に来たなら、お茶会に行ってみたいけど、

ちょっと勇気がいる。。。

 

そんな皆さんに朗報です!

 

 

 

実は、菊水鉾では毎年、お茶会が開かれています!

しかも、事前予約も不要!持ち物不要!

ふらっと立ち寄るだけで、祇園祭をちょっと特別に楽しめちゃいます!!

 

場所は

もちろん菊水鉾。

鉾の隣に、お茶券が売っています。

 

お茶券(¥2000)を購入し、階段をのぼると、、

いつもは見上げる鉾を見下ろしてみることができます!!

 

 

 

 

詳細は・・・二年前に石原がブログに書いているので

こちらを参照ください!!↓↓笑

http://ameblo.jp/musubi-blog/archive1-201507.html

 

ちなみに今年のお皿は青色でした(^O^)

 

祇園祭をさらに楽しみたい方は来年是非こちらへ!!

 

 

ここでうれしかったことが一つ!!

お客様の一人が浴衣に合わせて、

3巾伊砂文様の新芽ブルーを使ってくださっていたこと!(^O^)

しかもすごく使ってくださってる感じで、

味がすごくでている~!!

 

嬉しい瞬間でした!

 

みなさんも、浴衣のお供に是非風呂敷を(*^▽^*)

 

 

 

さてさて、京都観光は行ってみたいけど、人ごみはちょっと。。。

京都観光はもう行きつくしたわ。。。。という方はこちら!!

 

 

松花堂庭園

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1023398-d3572420-Reviews-Yawata_Shiritsu_Shokado_Garden-Yawata_Kyoto_Prefecture_Kinki.html

 

八幡とくずはの間にある、松花堂庭園!

 

定期的にいろんなイベントをしているようで、

 

お茶会だったり、寄席だったり、和ろうそく塗体験だったり。。。

また、隣には吉兆があるのでリッチなお食事がされたい方はこちらで楽しむことができます!

 

 

京都と大阪の境目で、駅からもすこし離れている(タクシーで10分くらい?)ので

人がいない!!(笑)

 

でも!

凄くすてきなお庭を独り占めで堪能できます!!!

 

庭好きな方、癒しを求める方にはおすすめですよ~!!

 

 

なんか、足立美術館を思い出しませんか!?

いや、小川は行ったことないんですが。。

 

 

 

手入れがすごく行き届いていて、

中にはめずらしい竹が生えてたりして。

めちゃ癒しです(^O^)

 

 

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが

垣根?ものすごく細かに編んであって、日本人の美意識と

細やかさを感じられます!!

是非写真を拡大してみてみてください!!

 

 

 

 

止め石(関守石)はいろいろな形があるらしいのですが

チラと聞いたはなしによるとこちらの結び方が本来のものらしい。。。

石フェチ?止め石フェチの方にもおすすめです(笑)

 

 

 

 

以上、マイナー?京都観光のご案内でした!!

 

京都の風呂敷メーカー むすび(by山田繊維㈱)の小川でした☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)