2005-05-02 19:09:03

老人2

テーマ:老人

田舎に住んでいた頃を思い出した。その寂しげな老人の目が、ふと記憶の

端にいた祖父を思い出させた。祖父とはよく話したものだ。何かを将棋の

駒に例えるのが大好きな人だった。人生、諦めてはだめだ。最後まで追い

込まれても、一つの歩で大逆転することもある。懐かしい言葉だ。お前が

巣立つ時、この歩の精神を忘れるなと最後まで言っていた。祖父の人生は

鴨の水掻きのようなもの。若い頃から苦労していたようだ。そんな祖父が

大好きだった。やがて千尋の頭の中に様々な考えが交錯していた。私は狐

塚にでも来たのだろうか。この老人の透き通る目の奥の青々しさが、心の

池に沁み込んでくるようだった。これは現実なのか。混乱していた。何か

袋小路にでも迷い込んだかのように。それでも、どこか心地良い。老人の

目は、千尋に安らぎを与えてくれた。何故かは解らない。どこか頭の中が

白くなるような感覚だ。やがて我に返った時、老人は歩いていた。




高齢なのだろう。老人はゆっくりと、それでも千尋から目を逸らさぬまま

田植えをするような姿勢で近づいてくる。千尋は慌ててベンチを立った。

馬鹿たれ! 老人の一喝が飛ぶ。千尋は腰を抜かした。「お前は今、この

場を逃げようとしただろう?」誤解だった。「わしみたいなホームレスが

新鮮に映ったか?」「違います。私は貴方と話がしたくてベンチを譲…」

大口を叩くな! 千尋の言葉が終わらぬ間に、また一喝が飛ぶ。「今日は

久々にいい目をした若者と出会えたのに。がっかりじゃ」千尋は冷静さを

保てなかった。何故、自分が怒られているのかわからなかった。それでも

新奇を好む千尋の胸は踊っている。老人にとりあえず謝ってみた。すると

宿泊していくかね、と聞かれた。身の危険。少し考えた。それでも一世一

代の機会かも知れない。神のお告げがここへ向かわせたと考えるなら。色

々と不安も考えていると老人が言い放つ。「安心せぇ。わしだって昔は植

木職人で、小さな孫だっていたんだ。お主にそっくりな孫が。交通事故が

原因で死んでしまったが、お主と同じいい目をしていた。だから安心して

宿泊しなさい。襲ったりはせん。話がしたいだけじゃ」千尋は頷いた。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

musou-maniaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■セックスフレンド

気軽にセックスを楽しめる!ご近所同士のスキンシップやセックスしたい純粋な願望を満たしてみませんか?写メもあって直接メール送信OK

5 ■アダルト

アダルトサークルをご紹介!素敵なきっかけ探し!アダルト好きな方にはお薦め

4 ■アダルト

アダルトな一時を楽しめる…素敵なアダルトライフを求める女性様より朗報です。

3 ■アダルトな時間には優雅な楽しみがあるのです

アダルト

2 ■どうもです。

いえいえ、うちに比べたらコメント全然多いですって(笑)

読み方は「たてかき」で合ってます。まぁ解る方には解るHNですけどね(^^;)

ぜひぜひこれからも宜しくお願いします!

1 ■けんいちろうでーす

楯垣様、ご意見を書きに来ていただいて、本当に感謝です。ありがとうございます。

私のブログはコメントが少ないんですよねぇ(嗚呼)
ありがとうございます、楯垣様のような読者様は、貴重です。

…ところで、「タテカキ」と読むのでしょうか?楯垣は。
間違っていたらすいません。
けんいちろうでした。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。