弁護士辻村幸宏のよしなしごと

弁護士としてもコーチとしても父親としても男としても、はなはだ未熟者ではございますが、暮らしの中で、仕事を通じて、コーチングを学んでふと考えたことを拙い言葉で紡いで、ちょこちょこと書いていきます。
どうかひとつよろしくお願いします。


テーマ:
タイトルは西岡恭蔵さんの名曲ですが、このブログの内容は「ぼく住む町」の話です。

さて、この週末、小4の娘の宿題につきあってインタビューを受けたのですが、

「わたしの町(地域)の好きなところは何ですか?」
「不満とかよくないなと思うところは?」

という二つの質問でした。
これを家の人にインタビューしてくる宿題というわけです。

なるほど小癪な質問をしてきますな。
地域愛がほんとにあるのか?と揺さぶりをかけてきよりますな。

でも、改めて問われると、好きなところは案外たくさん挙がります。

駅近い、公共機関がかたまってる、静か、緑がゆたか、PTAのお父さんたちいい人多い、子どもらもいい子多い、、等々。
ハード面だけでなくソフト面も充実してますね。

で、不満……と言われると、ネガティヴに考えがちな性格なのに、なかなか出ません。不満言いたい、不満言いたい、スマートな不満、娘が発表してビシっと決まる不満言いたい、、とはやる気持ちはあれどもなかなか出てきません。

結局、「行きたくなるようなお店が少ない」、、くらいしか浮かばず。

プリントにメモを取る娘が習ったはずの漢字をあまりに知らず、しかも、部首の名前とかヒントを出してもそれすらわからないことには不満を感じましたし、最終、辞書を持ってくるように言いましたがね…。
わからない情報をそのままにせず調べる術をきちんと身につけてもらわんと…。

さて、考えると住環境には満足しているようです。特にコミュニティに良い方が多いのはほんとにありがたいですね。

話変わって、今年は私はPTAのお役もないのでのほほんとしていますが、妻の方は何やら子ども会の役職が回ってきたようで、先日、地域のお偉方や教育委員会の方らとの懇親会のお誘いを受けて参加してきました。

妻はお酒が飲める質でもなく、知ってる人もおらず、行こうかどうか迷っていたようですが、私が何の気なしに

「知らん人ばっかりやから懇親会するんやろ?」

と言ったらしく(本人は眠たかったのか酔っていたのか、全く覚えておりません…)、どうやらそれが後押しになって参加したそうです。

実際行ってみると、地域で子どもたちのために活動してくださっている気さくな大先輩方にたくさん話しかけてもらい、よくぞ来てくれた!と喜んでももらえたようです。
また、挨拶の際、今日来たのは夫のこんな発言があったからですと披露した際には「旦那、偉い!」とお褒めいただいたそうです。圧倒的に妻が偉いのが我が家です。

妻がほめられ、私までほめられ、気分が良いのですが、やはり人の輪に飛び込んで行くことって大事ですね。いろいろ物騒なことはありますが、少なくともこういう局面では、世の中はそんなに危険ばかりのところではない、という気がします。

わが町がまた少し好きになったかもしれません。

因みに、今年は大阪弁護士会のブログのブロガーになりましたので、こういう日常的なことは書かないですけど、またそちらはそちらでよろしくお願いします。

では。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

弁護士辻村幸宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。