弁護士辻村幸宏のよしなしごと

弁護士としてもコーチとしても父親としても男としても、はなはだ未熟者ではございますが、暮らしの中で、仕事を通じて、コーチングを学んでふと考えたことを拙い言葉で紡いで、ちょこちょこと書いていきます。
どうかひとつよろしくお願いします。


テーマ:
お久しぶりです。

大変暑い日が続きますが、高校野球は毎日盛り上がっていますね。

先日、自分の高校時代のことを思い出すできごとがあり、心に留めておきたいこともありましたので、記しておこうと思います。

私は高校時代の3年間、バスケットボール部に所属していました。

顧問の先生は、バスケットがうまく、指導力や審判としての能力も高く、バスケットを高校生の人格形成の一つとして捉えておられ、他の教師からも信頼される人間的にも素敵な先生でしたので、(しかも、部員たちとバカな話も一緒にして大笑いしてくれたりするので)部員たちは皆親しみと信頼を寄せていました。

いい指導者と仲間に恵まれていたものの、私はもともと運動神経はよくなかったですし、当時練習はがんばったつもりですが、もっとうまくなるために努力していたかというとちょっと自信がない程度の取り組み方でしたので、正直技術的なところではあまり上手くはなりませんでした。

そんな私も、キャラクター的なところで、学校に対するオフィシャルな窓口としての「校内キャプテン」(他にゲームキャプテン、練習キャプテンという2つのキャプテンポストがありました。)に選ばれ、割合と顧問の先生からも信頼はあったかのかな、と思います。

先日、ひょんなことから10ウン年ぶり顧問の先生と飲む機会があり(59歳になられたのに溌剌として相変わらずかっこよかったです)、自分でも忘れかけていた当時のできごとに話が及びました。

私は、高校の最後の公式戦で、ベンチメンバーに選ばれたのですが(ベンチメンバーは部員の投票により選ばれます。校内キャプテンという立場もあって、気を遣って選出された面もあったのかなと思います。)、自分がベンチの1席を取ってもチーム全体のためにはあまり意味がないと思い、それだったら最後の大会だし自分は選手として入らずに試合ごとに交代で他の3年生をベンチに入れて欲しい(自分はアシスタントコーチか何かの枠でベンチに並んでいればいいからということで)と、顧問の先生に言いに行ったのです。

先生はえらく驚いておられたものの(私にはなぜそんなに驚いておられるのかすらピンときていなかったのですが)、私の希望をきいてくださいました。

実際、試合にまかり間違って出場してミスをして恥をかきたくないという弱気も数パーセントありましたし、どうやら、私のクラブ活動の捉え方として、単にバスケットが競技として好きということと、日々練習して皆でうまくなるプロセス、個人でなく仲間としかできないことを楽しむこと、仲間と切磋琢磨すること、いいプレイを見たり一緒に作ったりして盛り上がって楽しむこと、練習中声を出して盛り上げたり仲間に声をかけて励ましたり賞賛したりすること…に重きがあり、自分が試合に出るということをそんなに重視していなかったのかなと思います。

…ちょっと余計な私の回顧を挟んでしまいましたが、上記のようなエピソードについて先生が話をされ、今でも現役の教え子にこのことを話すんだと言っておられました。

先生曰く、クラブ活動は自分が試合に出たくてやっているのが普通と考えていたところ、当時私と話して「こんなことを考える生徒がいるんだ」と驚いたというのです。そして、何年かやっていると、ときどきお前のように指導者を学ばせてくれる生徒が出てくる、ということらしいのです。

当時の自分は大した考えもなくやったことで(むしろ消極的な行為だったかなと自分を責める気持ちも少しありました)、先生がそんな風に受け止めてくださっていたんだと知って感慨深く思っていたのですが、ポツリと「俺はお前を試合に使ってみたかってんけどな。その気持ちは酌んでくれへんかってんな。」とおっしゃいました。

私はそちらの言葉の方があまりにも意外すぎて嬉しかったのですが、自分の中でバランスを取ろうとして、
「いや、ぼく下手でしたし、なかなか出られへんし、出てたとしても…」
と返したところ、先生は
「お前うまかったよ。スペースついてのカットインとか、いい動きしてたやん。」
とおっしゃいました。

私が照れで逃げようとしたところに回り込んで言われたこの一言が本当に嬉しかったのです(その道の玄人から認められるのって本当にうれしいものです。)。

とともに、20年も前に指導した、とある生徒の練習での一コマを先生は本当によく観察しておられるなと感服したのです(実際、私はボールを持った状態から1対1で攻めるだけの力はなかったので、ボールを持っていないところでの動き、スペースを作る、スペースにカットインする、というプレイを自然と心がけていたし、他のプレイヤーのそうした動きに合わせるパスを狙っていたし、今でもそういう癖があるのです。自分でもきちんと意識できていなかったのでハッとしました。)。

先生とお話しさせていただくことで、自分の中で長年抱いていた「バスケットは所詮下手の横好き」という自分の思い込みが解放されていくのを感じ(技術はともかく、バスケットはうまい、と言われるだけのことはしてきたんだ、と。)、コーチングを勉強した身として、生徒からも学んだり、一人一人の部員の練習風景や取り組みをものすごく観察しているこの先生は「教育者としてコーチとして本当にすごい」とさらに尊敬いたしました。

そして、こんなすごい先生の指導を受けた自分は幸せ者だったと改めて思うとともに、今更、バスケットをもっとうまくなりたいと思い始めたり、バスケット指導の面(最近、娘のミニバスの練習を保護者として見に行っています。指導は期待されていませんが。)でも、もっと積極的にできることをしていきたいなと思った次第です。

高校時代の自分を肯定的に受け止められる機会となり、高校時代に顧問の先生と出会えたこと、今このタイミングで再会してお話しできたこと、コーチングを学び実践してきたこと、最近自分のあかんとこ含めて素直に受け止められるようになってきたこと、、等々全てがいい形でつながりました。

この一連の話を、私が受けているコーチングのコーチとのセッションで話したところ、先生の発言を引用する前に「その先生も辻村さんから学んだのですね」と、シンクロするようなフィードバックをくれて驚きましたし、コーチが「辻村さんって高校生のときからそういう人だったんですね。ものすごく辻村さんらしいエピソードと気づきですね。」と言って感動してくれました。

報われる準備が整うと、報われる瞬間というのは訪れるのかもしれません。

では。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
タイトルは西岡恭蔵さんの名曲ですが、このブログの内容は「ぼく住む町」の話です。

さて、この週末、小4の娘の宿題につきあってインタビューを受けたのですが、

「わたしの町(地域)の好きなところは何ですか?」
「不満とかよくないなと思うところは?」

という二つの質問でした。
これを家の人にインタビューしてくる宿題というわけです。

なるほど小癪な質問をしてきますな。
地域愛がほんとにあるのか?と揺さぶりをかけてきよりますな。

でも、改めて問われると、好きなところは案外たくさん挙がります。

駅近い、公共機関がかたまってる、静か、緑がゆたか、PTAのお父さんたちいい人多い、子どもらもいい子多い、、等々。
ハード面だけでなくソフト面も充実してますね。

で、不満……と言われると、ネガティヴに考えがちな性格なのに、なかなか出ません。不満言いたい、不満言いたい、スマートな不満、娘が発表してビシっと決まる不満言いたい、、とはやる気持ちはあれどもなかなか出てきません。

結局、「行きたくなるようなお店が少ない」、、くらいしか浮かばず。

プリントにメモを取る娘が習ったはずの漢字をあまりに知らず、しかも、部首の名前とかヒントを出してもそれすらわからないことには不満を感じましたし、最終、辞書を持ってくるように言いましたがね…。
わからない情報をそのままにせず調べる術をきちんと身につけてもらわんと…。

さて、考えると住環境には満足しているようです。特にコミュニティに良い方が多いのはほんとにありがたいですね。

話変わって、今年は私はPTAのお役もないのでのほほんとしていますが、妻の方は何やら子ども会の役職が回ってきたようで、先日、地域のお偉方や教育委員会の方らとの懇親会のお誘いを受けて参加してきました。

妻はお酒が飲める質でもなく、知ってる人もおらず、行こうかどうか迷っていたようですが、私が何の気なしに

「知らん人ばっかりやから懇親会するんやろ?」

と言ったらしく(本人は眠たかったのか酔っていたのか、全く覚えておりません…)、どうやらそれが後押しになって参加したそうです。

実際行ってみると、地域で子どもたちのために活動してくださっている気さくな大先輩方にたくさん話しかけてもらい、よくぞ来てくれた!と喜んでももらえたようです。
また、挨拶の際、今日来たのは夫のこんな発言があったからですと披露した際には「旦那、偉い!」とお褒めいただいたそうです。圧倒的に妻が偉いのが我が家です。

妻がほめられ、私までほめられ、気分が良いのですが、やはり人の輪に飛び込んで行くことって大事ですね。いろいろ物騒なことはありますが、少なくともこういう局面では、世の中はそんなに危険ばかりのところではない、という気がします。

わが町がまた少し好きになったかもしれません。

因みに、今年は大阪弁護士会のブログのブロガーになりましたので、こういう日常的なことは書かないですけど、またそちらはそちらでよろしくお願いします。

では。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
思いつきを書いておきます。

仕事で写真(デジカメデータ)を裁判所に証拠として提出する際、一般的には、

① A4用紙1枚につき2枚程度配置して印刷したうえで、
② 写真の右上方に「甲(乙)  号証」の赤色スタンプをついて、
③ 手書きで「甲(乙)号証の1」「甲(乙)号証の2」…と赤色サインペンで書き込んでいく

という作業が発生します。

しかも、最低でも裁判所提出用、相手方用、自分用、依頼者交付用の4つ作らないといけないので、愚直にやっていると大変な作業量になります。

デジカメデータであれば、Wordで作成する際に画像を文書内に並べてサイズを調整して、写真の右上方に「「甲(乙)● 号証の1」…とかテキストで打ってしまって、カラー印刷する、ということでだいぶ手作業は排除できますが、それでも写真の枚数がウン十枚となるといちいち大変です。

デジカメデータをまとめてドラッグ&ドロップしたら、差込印刷的にどんどん画像を挿入してサイズもいい塩梅で配置してくれるようなアプリとかマクロとかできたらいいなと思ってしまいました(画像はイメージです)。

写真の下に画像データに含まれる撮影日時とかも入られたらもっと役に立ちそうです。

すでにあったり、作ってみたよという情報があればお寄せくだされば幸いです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月になり少し経ちました。
今日の大阪は穏やかであたたかい日になっています。

さて、我が家では末の息子の新入学があり子どもたちが全員小学生となり、この4月は節目となりました。

一方、私の方はコーチ資格の更新時期となり、履修単位獲得のためにライフバランスのクラスに参加したり、自らコーチングを受けたり、弁護士業務以外のところでもバタバタしています。

なんとなくこの流れで、年明けに購入した文庫本、岸見一郎さんの「アドラー心理学実践入門」にようやく手をつけ、通勤時に読み始めたところ、非常に興味深い内容でグイグイと引き込まれてしまいました。

知り合いから「嫌われる勇気」という昨年話題になったアドラー心理学の本を勧められていたのに手をつけずにきたのですが、これはこちらも読まねばならないなと強く思っています。とりあえず夫婦で勉強しようと思い、妻用に購入しました。ちらっと見ましたが、冒頭から興味深い内容で、6年生になる長女にも読んで欲しいですね(少し難しいですが、なかなかの読書家ですから大丈夫でしょう。)。

まだまだ勉強不足ですが、特にアドラー心理学のいう「目的論」には、とてもインパクトがありました。
コーチングに心理学的裏付けを与えるような内容ではないか…という意味でも肚に落ちたのです。

すごく大雑把ですが、目的論は、原因論とは対局にある考え方で、人は何か原因や理由があってそれに基づく行動をとっているのではなく、何かしたいことしたくないことが先にあって行動を選んでおり、することやしないことを正当化するために理由を付けている、というような考え方です。

例えば、人は怒っているから大声を出すのではなく、大声を出して相手を従わせたいとか脅かしたいという目的ありきで、あくまでツールとして怒りという感情を利用しているというような話です。原因とか理由と言われるものは後付けだというのです。

この考え方はポジティブな目標に向けられた行動については割と理解しやすいと思います。

例えば、金メダルでも受験合格でもなんでもよいのですが、成し遂げたいゴールやビジョンがあり、これを達成するために練習や勉強などの行動を起こして行くことになります。
行動が実行に移せない場合、過程で原因(~のせいで)や理由(~だから)が出てくることはありますが、それもこれがあるからできないというところで終わりにはできないので(「じゃあ辞める?」と言うことになりますので、実現できないことになってしまいます)、次はそのような障害があるとしてどうクリアするかが課題になっていきます。あくまで目標を達成するためにはどうするか、どうしたいかをテーマにするとわけで、逆に言えばそれしか出てこないのです。

原因ありき理由ありきのスタンスは本質ではなくて、何をしたい、したくない、というところがやはり先にあって、その理由付けや正当化をしているだけ、という理解の仕方は、残酷であり厳しいのですが、行動を読み解く上で非常に明解で、かなり頭をすっきりさせてくれました。

そして、ここがありがたいのですが、目的論は厳しいだけでなくて、今を生きる希望も与えてくれるのです。
目的論は、過去や感情によって何も縛られることなく、目的に従って行動を選択できる、やっていないことでもそれはしたくないと決断している、という意味でストレートであり、自由なひろがりを感じさせるのです。

人間はいつにても選択ができるし、現に原因や感情や過去から離れて選択をしている、という感覚を持てることは、境遇や過去から自由になれる点で大きな意味があります。

という具合に、アドラー心理学の入口に立ちましたので、これをどんどん深めていき、自らの人格を高めて自分もご機嫌になり、紛争の渦中にある人にも何かしらの役立てたいなあ、と決意しております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大阪弁護士会には、意見集約のためや会務や委員会業務などの受け皿となる会派というものがあります。

一水会、春秋会、友新会、法曹公正会、法友倶楽部、五月会、法曹同志会(挙げた順番には特に意味はありません)と7つあるのですが、私はイソ弁として入所した事務所のボスの関係で、法友倶楽部に入らせてもらっています。

会派では会員同士の親交を深めることも重要なミッションですので、親睦行事を司る親睦委員会というのがありまして、今年度私は親睦委員長を拝命し、漁業体験やらボウリングやら会員向け・会員家族向けの遊びを提供しております。

そして、その親睦行事の中でも特に気合を入れて臨んだのが、昨日2月23日に行った「コラアゲンはいごうまんライブ2016@大阪弁護士会」です。

実はこの企画、角田龍平弁護士がコラアゲンはいごうまんさんとオール巨人師匠門下の兄弟弟子であったことがご縁で始まったのですが、角田さんの「兄弟子に弁護士会という場でネタをやってもらいたい」という思いから親睦行事として採用となり、今年でもう4年目になります。芸人の道から弁護士になった角田さんは、芸人を続けているコラアゲンさんに対して何かしらリスペクトと義理人情を表したかったのだと思うのですが、それを会派の行事としてやってみると大好評で、コラアゲンさんのファンがたくさんでき、毎年楽しみにしている人が増えてきました。私もその1人です。

今年は大阪弁護士会全会派参加可能にし、WEB上に参加申し込みページを設けたり、SNSで拡散したり、各派の幹事長に会派内での周知をお願いしたり、弁護士会事務局の掲示板でも告知をしてもらったりしました。

こうして、会派ぶちぬきで100人集めよう!という取り組みになったのですが、これはひとえにコラアゲンさんの話芸と真摯なお人柄のファンである当会派幹事長(コラアゲンさんを「師匠」と勝手に呼んでいます)と私と担当の松木俊明弁護士がコラアゲンさんの芸を皆に知って欲しい、広めたい、という思いだけで勝手で始まったことなんです。
断っておきますが、芸人さんを呼んで内輪でチャラチャラ盛り上ろうぜ!というような軽いノリではないのです。本当に面白いものがみたくて、観る価値のある芸を提供してくださるコラアゲンさんをお呼びしてるのです!

目標達成はなりませんでしたが、80人オーバーの方に集まってもらい、上々の入りでした。それに、気持ちで来ていただいているので皆さんあたたかい。初めての方も、いい雰囲気でご参加いただきました。
ご参加や各種ご協力をいただいた皆様、ありがとうございました。

さてコラアゲンさんのネタですが、メインのお話の題材は「組事務所」への1ヶ月の潜入取材、ということで、なかなか受け入れは難しいところなのですが、これはあくまで題材にすぎなくて、結局はコラアゲンさんが対象となる方々と魂でぶつかっていく中で生じる人間ドラマの緊張の緩和ぶりが醍醐味なのです。
大真面目だったり必死だったり怖かったりする光景の中にもなぜかほろっとした笑いが転がっているのです。
そして、コラアゲンさんが人間としてぶつかっていくからこそ開けていく世界があって、その稀有な体験を渾身の語りで、どんどんとお客さんを引き込んでいきます。
真剣な潜入取材が生き生きと語られていくので、お客さんはコラアゲンさんの体験を追体験しながら、脳内ではまさに今そこでそのシーンが繰り広げられているかのような、自分がその空間にいる聴衆の一人のような気分になり、気がつくと心の中で握りこぶしを作ってコラアゲンさんを応援してしまっている感じになるのです。

非日常的な場面にころがっている、よくよく考えてみれば…とじわじわ笑えてくるような面白みおかしみを紡ぎ出すコラアゲンさんの話芸に、笑って笑って、最後は感動させられるという、素晴らしいトークライブでした。長尺ネタ最高!

別の機会で聞いた話で、コラアゲンさんがご自身で言われていたのですが、ネタ欲しさで潜入している身ではあるものの、売れてない芸人という立場だから、マイノリティの方にもどこかで共感やシンパシーを感じてもらえ受け入れてもらえて、そうしていると欲得を離れて人間として触れ合う瞬間があって、得るものが大きいのだそうです。まさにそういう人間讃歌というようなところがコラアゲンさんネタの、またコラアゲンさんご自身の大きな魅力なんだと思います。

昨晩は、熱烈なリピーターだけでなく修習生などにも多数ご参加いただき、新たな広がりも生まれたように思います。準備したかいがあったというものです。
主催側でしたので、参加してくれたお客さん、とりわけ元ボスの表情をチラチラみていたのですが、ずっと嬉しそうな顔をして、ときどき歯を見せて笑っておられて安堵というか、やっぱりこの企画はいい!と嬉しい気持ちになりました。

もうすぐ親睦委員長の身は離れますが、また来年さらにバージョンアップした企画なり場にしてコラアゲンさんをお迎えしたいと思います。

ちなみに、大阪では、5月8日(日)午後1時から、十三シアターセブンにてライブをされるそうですので、興味のある方は是非ご参加ください。

チケット予約は、06-4862-7733(シアターセブン)まで。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。