メインタイトル「にじのねいろ」には、とても大切な意味が込められている。

それは、ピアノ脱力法メソッドのフィンガートレーニングの中でも非常に重要な、

理想的な手のフォーム、豊かな音色を作る元となる、基本のフォームが、

“アーチ”

の形だから。

この手のフォームのアーチを、虹のアーチになぞらえ、さらには、限りなく豊かな音色を、虹の無限の色彩になぞらえて、このタイトルは、つけられた。


美しいフォームで、豊かな音色を奏でることを目的に作られたこの教本に、まさにぴったりなタイトルだと、自負している!!



さて、せっかく(なにが?)なので、ここで仮タイトル案、一挙公開!!

「さんかくおやまのつくりかた」
「脱力法メソッドによる・音のレシピ」
「こうやって弾くんだよ」
「アーチ先生と学ぶ音色の学校」
「きらきらぴあの」
「にじいろピアノ」
「ワンダーピアノ」
「びっくりするほど上手くなるピアノ教本」
「アーチ先生のおとの学校」

等々………。





……………。






「にじのねいろ」に決まって、本当に良かった(笑)









ともあれ、メインタイトルが

「にじのねいろ」

と決まったのは、既に今年に入り、1月も半ばの事だった。

そこで一つ問題が……

「タイトルに虹が入るなら、表紙イラストに、虹を入れてもらえばよかったね…」

シーン………。



表紙のイラストは、時間がかかるので、早めに発注をかけており、タイトルが決まった頃には、すっかり色塗りまで仕上がった後で、そこには虹のにの字も入っていなかった……

「ま、まぁ、別にいいんじゃない?」

「そうそう、もう出来上がってるわけだし!」

「かわいいし!」

「そうそう!素敵だし!」

次々とフォローを口にしながらも、

(しまったなぁ……もっと早くにタイトル決めてれば……)

という空気に、どんよりと包まれることしばし。

とりあえず、その日のミーティングでは、イラストレーターの有田ようこさんとの連絡を担当していた島崎トレーナーの、

「一応、聞いてみますね」

の発言で、その議題は終了となったけれど、メンバーに小さな後悔を残したこのミーティングの後、イラストレーター有田ようこさんから、この表紙案が届いた!



「虹だーーーー-!!!かわいいーーーーー!!!」

F.B.スレッド上で、メンバー一同大盛り上がり(笑)

こうして、イラストレーター有田ようこさんの機転によって、私たちの小さな後悔は、無事、無かったことになったのだった☆

本当に!

(多分読まれていない事と思いますが(笑))

制作部一同、有田さんに足を向けては寝られません!!!






そんな、超有能イラストレーター有田ようこさんのHPはこちら↓
https://yokoarita-kopeto.jimdo.com/


blogもあります↓
http://ameblo.jp/kopetoyoko/
 

 

 

制作秘話 バックナンバーはこちら

 

エピソード0 制作前夜~朝でしたが(笑)~
エピソード1 初回ミーティング
エピソード2 コンセプト決定

エピソード3 二つの伴奏

エピソード4 QRコードと短縮URL

エピソード5 満場一致

エピソード6 両手交互奏

エピソード7 画伯出現!!

エピソード8 2の指一本から

エピソード9 3人の作曲者

エピソード10 ちょっとずつ小さくなる

エピソード11 写真撮影

 

 

*********************

 
♪各セミナーの 情報は こちら♪
 

♪「にじのねいろ」のご購入は こちら♪

ピアノ脱力法メソッド公式HP 教材注文ページ

 


読者登録してね

 

虹の丘音楽企画

虹の丘音楽企画 Twitter

↓導入期指導法講座(全6講座)メニュー↓
A 楽々譜読み習得法
B 音感を育てる
C 調性・スケール・コード
D レッスンの組立
E 発達障害とピアノレッスン
F 楽譜ソフト「Finale」「 PrintMusic」基本操作

 

 

お子さんに楽器を習わせているママ必見!?
ピアノ講師のママが本気で挑む!
実録☆凸凹キッズは、スパルタ無しでそれぞれの楽器をどこまで上達できるか?
(別名・親ばか日記)
子ども達のハープとギターとヴァイオリンとピアノと勉強記録
AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る