それは、教材制作ミーティングも3ヶ月目に入り、いよいよ作業が始まろうとしていた頃。

作業の開始を前に、それぞれの担当を立候補で募ったところ、最終的に3人のトレーナーが作曲担当と決まった。

青山トレーナー、北野トレーナー、島崎トレーナーの3人。

実際の作業に入る前に、それぞれの使う楽譜浄書ソフトの互換性テストを兼ねて、仮の作曲をしてもらった。

楽譜浄書担当の私は、その原稿を取りまとめながら、密かに、舌を巻いていた。

いやだって、「ド」だけしか使っちゃいけない、しかも四分音符と四分休符と二分音符しか使っちゃいけないっていう規定で、こんな色んな曲ができるとかもう、すごすぎて意味分かんないよね!

テスト原稿のため、本編に入っておらず、ご覧にいれられないのが、惜しいくらい。

そしてこの作曲こそ、制作メンバーの“バラバラ”の真価が遺憾なく発揮されたところ。

同じ条件(使用音・使用音価)で、よくこれだけ違うテイストの曲が出来上がるもんだと、いっそ笑いがこみ上げてくる。

てゆーか、こんな教本見たことないよね!

だいたい、1人の作曲家が作曲するもんだしね。

しかも、この、1巻2巻合わせて33曲+α(採用外の曲も沢山…)の全曲が、わずか二週間、それも12/21~1/4という、年末年始直撃の日程でに作曲されたとていう驚異のスピード作曲!!

皆どんだけ働き者!?

お疲れ様です…m(_ _)m

 

そんなこんなで、年明け早々、山のような名曲に囲まれ、大嶋氏は一人、選曲に頭を悩ませるのであった(笑)

 

 

 

制作秘話 バックナンバーはこちら

 

エピソード0 制作前夜~朝でしたが(笑)~
エピソード1 初回ミーティング
エピソード2 コンセプト決定

エピソード3 二つの伴奏

エピソード4 QRコードと短縮URL

エピソード5 満場一致

エピソード6 両手交互奏

エピソード7 画伯出現!!

エピソード8 2の指一本から

 

 

   *********************

 
♪各セミナーの 情報は こちら♪
 

♪「にじのねいろ」のご購入は こちら♪

ピアノ脱力法メソッド公式HP 教材注文ページ

 


読者登録してね

 

虹の丘音楽企画

虹の丘音楽企画 Twitter

↓導入期指導法講座(全6講座)メニュー↓
A 楽々譜読み習得法
B 音感を育てる
C 調性・スケール・コード
D レッスンの組立
E 発達障害とピアノレッスン
F 楽譜ソフト「Finale」「 PrintMusic」基本操作

 

 

お子さんに楽器を習わせているママ必見!?
現役ピアノ講師が本気で挑む!
実録☆凸凹キッズは、叱られないでそれぞれの楽器をどこまで上達できるか?
(別名・親ばか日記)
子ども達のハープとギターとヴァイオリンとピアノと勉強記録
AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る