10/22 早朝。
 
朝っぱらからスマホの画面を覗くのが習慣になってしまいつつあったこの頃。
 
それがアップされたのは、私が目にする前の日の、夜の事だった。
 
『 ~前略~
 
 本気で作るなら、これまでにない導入教材にしたいと考えます。
 
 こんなのが欲しかった、自分たちが一番使いたいと思うものを目指しましょう。
 
 ~中略~
 
 皆さんそれぞれに勉強されていますので、たくさんの知恵が寄せられ、良いものに昇華できるのではないかと思います。
 
 ~中略~
 
 これは絶対先生方にオススメできる!というものにして、身近な方からそうでない方まで広めていき、ピアノを習う生徒達の標準装備になることを目的としたいと思います。
 
 それが、生徒達の役に立てること、更には、導入指導に困っている先生方の役に立てることと確信しています
 
 ~後略~ 』
 
 
鳥肌が立った。
 
大嶋氏の“本気”がびしばし伝わってくる。
 
 
“これまでにない導入教材”
 
“標準装備”
 
 
投稿時刻を見ると、前日の夜11時。
 
夜の考え事ってさ、妙にテンション上がるっていうか、アツくなるときあるよねとか、そうゆう茶々はこの際一切無用。
 
 
(いやもう、そう来なくっちゃだよね!)
 
 
思わず生唾を飲みこんで、もう一度、文章の最初から読み返す。
 
一言一句、噛みしめながら。
 
読み返すうちに段々と、にやけてきてしまう。
 
初回のミーティング中、皆の意見を一つ一つ、丁寧に耳を傾けていた大嶋氏。
 
ミーティングの最後に、
 
“次回ミーティングまでに、コンセプトを決めて、スレッドにアップしますね”
 
と言っていた時には、どんなコンセプトが心にあったのか、ハッキリとは言わなかったし、むしろ全員の意見が出そろうまでは、方向性を明示するのは避けているようにも見えた。
 
このプロジェクトの総責任者であり、監修である彼女の選ぶ方向性が、どっちを向いているのかで、この教材の成否が大きく左右されることは間違いない。
 
 
(このプロジェクトは、成功する)
 
 
コンセプトを一読した瞬間、私はそう確信した。
 
沢山のピアノの生徒と先生の幸せを願う想いと、急造チームと言って間違いないこの、制作陣一人一人に対する信頼とが、文章の端々に現れている。
 
欠くべからざる2つの要素が、共にしっかりと。
 
 
「よーし!やりますか!」
 
 
教材制作部メンバーとのメッセのやりとりで、語尾にやたらに“!”が付き始めたのは、この頃からだったと、記憶している。
 
 
 
――かくして、アイデア過多ミーティングは、ますますヒートアップしていくのであった(笑)
 
 
 

制作秘話 バックナンバーはこちら

エピソード0 制作前夜~朝でしたが(笑)~
エピソード1 初回ミーティング
 

 

♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪
ピアノ脱力法メソッド導入教材セミナー@名古屋
【日 時】 2017年6月2日(金)10:30~12:30
【会 場】 名古屋市 芸術創造センター 練習室1(B2F)
      (地下鉄新栄町駅 徒歩3分)
      住所:名古屋市東区葵一丁目3番27号
      https://www.bunka758.or.jp/scd02_top.html
【講 師】松浦志保子(公認トレーナー)
♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪
 
♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪
ピアノ脱力法メソッド 指導実践セミナー@名古屋
【日 時】2017年10月某日 10:30~13:30(予定)
【講 師】大嶋聡子(メソッド開発者)
♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪
 
♪各セミナーの 情報は こちら♪
 

♪「にじのねいろ」のご購入は こちら♪

ピアノ脱力法メソッド公式HP 教材注文ページ


読者登録してね

 

虹の丘音楽企画

ピアノ脱力法メソッド教材セミナー@名古屋

虹の丘音楽企画 Twitter

↓導入期指導法講座(全6講座)メニュー↓
A 楽々譜読み習得法
B 音感を育てる
C 調性・スケール・コード
D レッスンの組立
E 発達障害とピアノレッスン
F 楽譜ソフト「Finale」「 PrintMusic」基本操作

 

 

お子さんに楽器を習わせているママ必見!?
現役ピアノ講師が本気で挑む!
実録☆凸凹キッズは、叱られないでそれぞれの楽器をどこまで上達できるか?
(別名・親ばか日記)
子ども達のハープとギターとヴァイオリンとピアノと勉強記録
AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る