「にじのねいろ」の核ともいえる、メソッド図解に使われている写真は、そのほとんどが、音楽スタジオで、大嶋氏の手を撮影したもの。

当初、大嶋氏の自宅での撮影案もあったのだけれど、なぜわざわざ音楽スタジオを借りての撮影になったのか…。

とか、思わせぶりに引っ張るほどの理由でもないんだけど!

どうもカーテンがね、写り込んでしまったらしく(笑)

そら、教本に自宅のカーテン写っとったら、アカンやろね!

ついでに、照明も少々暗かったとか。

そんなこんなで、メソッドの図解に使われている写真の大半は、ちゃんとした音楽スタジオで撮影された。


が……実は、プレお山のページだけは、私の自宅で、しかもちょっとアレな状況で撮影された。

元々、ピアノ脱力法メソッドの重要トレーニングである、第3関節の支えを短期間で作り上げる「お山」の動きを分解して、小さい子用に、段階を踏ませる方法として考えたのが「プレお山」で、言い出しっぺの私が、自分の手を撮影する係となった。




さて、そこで問題です。

テキストをお持ちの方は、ぜひ、プレお山のページを開いてみて下さい。

この、両手の後ろの、黒っぽい背景は、一体何でしょうか?

①ピアノのふた
②黒い画用紙
③ソファーの側面
④フェルト生地

正解は……













③の、これっ↓


この黒い面の上に手を置いて撮影しましたとさ!

え?

側面には、手が乗せづらい?

そのとーり!

つまりこのページの撮影は、ほとんどこの体勢で撮ったということ!




身体張った(笑)



ちなみに、撮影したのは、うちの長男(小6)

あ、実際に、プレお山を実施する際は、普通に座って、普通の姿勢で行って下さい。

念のため(笑)


制作秘話 バックナンバーはこちら

 

エピソード0 制作前夜~朝でしたが(笑)~
エピソード1 初回ミーティング
エピソード2 コンセプト決定

エピソード3 二つの伴奏

エピソード4 QRコードと短縮URL

エピソード5 満場一致

エピソード6 両手交互奏

エピソード7 画伯出現!!

エピソード8 2の指一本から

エピソード9 3人の作曲者

エピソード10 ちょっとずつ小さくなる

 

 

*********************

 
♪各セミナーの 情報は こちら♪
 

♪「にじのねいろ」のご購入は こちら♪

ピアノ脱力法メソッド公式HP 教材注文ページ

 


読者登録してね

 

虹の丘音楽企画

虹の丘音楽企画 Twitter

↓導入期指導法講座(全6講座)メニュー↓
A 楽々譜読み習得法
B 音感を育てる
C 調性・スケール・コード
D レッスンの組立
E 発達障害とピアノレッスン
F 楽譜ソフト「Finale」「 PrintMusic」基本操作

 

 

お子さんに楽器を習わせているママ必見!?
現役ピアノ講師が本気で挑む!
実録☆凸凹キッズは、叱られないでそれぞれの楽器をどこまで上達できるか?
(別名・親ばか日記)
子ども達のハープとギターとヴァイオリンとピアノと勉強記録
AD