musickaz blog

Beatboxer/Singer KAZの音跡



World wide with Love

___________________________________________


___________________________________________

キラキラUP COMING EVENT!キラキラ


■12/13(金)深夜 KAZソロ
銀座 砂漠の薔薇「クリスマスナイト2013」
Ticket Door ¥3500/1D付
Guest・Advance Woman¥2000/1D Man¥3000/1D付
23:00 Open Close4:30

■12/15(日)夕方~夜 サポート
詳細未定 ウォリ

■12/21(土)夕方~夜 サポート
詳細未定 ウォリ

■12/25(水)夕方~夜 ソロ
“PLENTY MUSIC STUDIO presents Happy Christmas Time!
” MORICA FAMILY 開場 18:30/開演 19:00 前売 ¥2,000 /当日 ¥2,300 (1DRINK 別)

JBC2013
___________________________________________

キラキラPICK UP EVENT!キラキラ

テーマ:

春!多分あっという間に夏!NYCではすでにタンクトップ&ショートパンツが見られます。雪かきやったのは本当に一ヶ月前なのでしょうか!?

 

すべてがあっという間に過ぎていき、でも毎日を幸せに終わることができて本当に本当にマジで充実しています。

 

33歳にしてリセットボタンを押してよかったと心から思います。

 

去年の夏、グアムで演奏終わった時に、悲しいかな、貯金なし、定職なし、彼女なし、両親もしばらく元気、子供もなし、守るものなし、でも体も衰えて口の筋肉も衰え始めて、やり直すには今がラストチャンスって思った。

 

渡米期間中に本当は一緒にやりたい大切な人たちのお仕事もあったのですが、お断りしてしまった皆様すみませんね、その代わり今ようやく僕は僕を生きています^ ^ また帰ったら一緒にやりましょう!

 

金銭的と言うか経済活動として、どうしてここまで違うのかと思うほど、精神的充実度が高いのです。渡米前に用意した予算の半分を残して、すでにNYの全期間滞在費払い終え、次回の渡航費用の貯金が始まっております。だからお母さん、カズオは意外といい物を食ってますんで安心してください^ ^

 

日本では、人のために僕ができることを精一杯、誠意一杯でやってきました。もちろん楽しい時間でしたし、達成感も笑顔も沢山ありました!美味しいお酒も沢山飲みました^ ^

 

NYで僕がやっていることは、一人の人間として100%自分の力でぶつかって、それでお金を頂いています。路上パフォーマンスのチップだけでも、○千円~○万円に達する日もあります。

 

これが自分の自信にどんどん繋がって、自分の価値を見直せて、「俺できるじゃん!」って自己暗示かけまくって、登れる階段があったらすぐに挑戦して、たたけるドアがあったら全部ノックして、そこには沢山の今まで知らなかった自分が待っていました。

 

毎日路上で演奏して、センションがあれば飛び込んで、すげー奴らと一緒に過ごす!最高かよ!

 

NYCライフめっちゃ楽しんでます!!!  

 

しかし、この先の展開はもっと具体的に何を目指すか、しっかり見据えないと、毎日の日銭を稼ぐのに満足してしまいます。

 

パフォーマーで食っていくつもりはさらさらないし、やっぱりミュージシャンとして、一人のドラムじゃないけど一人の特別な楽器として「KAZと仕事したい、KAZの音が欲しい」ってこの国で、世界でレコーディングや演奏に参加して、グラミーも欲しいし、僕を見つけてくれた人の人生を1ミリでも幸せにできたらいいと思う。何より自分自身が幸せでありたい^ ^

 

そんな最中、O-1ビザと言う、俳優やミュージシャン向けのビザを取ろうという気にようやくなってきました。僕の入ってるJAZZバンドからもその話が出てきて、上に書いたように経済活動を正面切ってできるならそれも必要だなと思っています。「次の渡航費を出してもいいから演奏してほしい」という人まで現れました。

 

何よりメディアなんかに出て行くには必ず必要です。今その最初のチャンスも掴めそうです。

 

楽しみながら、僕が僕で生まれたわけを、この世界に刻んでいきます。

―――――――――――――――――――――

 

Apolloについて

応援本当にありがとうございます!2度目の勝利をつかむことができて本当に嬉しいです!!!!

全部で4回勝つ必要があり、残りあと2回!!!

 

前回2回だけでも日本人では快挙のようです。ウィキペディアで人物検索しても出てこないのは僕だけでしょう!誰か書いて^ ^

 

次回は5/17シーズンチャンピオン決定戦。さらにはSUPER TOP DOGと呼ばれる年間チャンピオン決定戦は11/22にあります。

 

beatboxer DaichiはこのSUPER TOP DOGの3位まで行ったそうですので、これを超えなければ男じゃありません。

 

Daichiが挑戦した時とは比較にならない、数段困難な闘いになっているのはアメリカの最強beatbox集団「The BEATBOX HOUSE」の6人のモンスターチームがこのトーナメントにいることです。

 

彼らは世界チャンピオン4名、アメリカチャンピオン1名を含む、マジで世界トップレベルのbeatboxerチーム。

 

前回の4月12日ではそんな彼らbeatbox houseを3位に抑え、2位で通過しました!!!

勝てた秘策は、「もはやbeatしない」だったかもしれません。

 

精度は劣りましたが、大好きなチックコリアのSpainをいきなりhuman trumpetで演奏しだす、バンドの迫力にいきなり切り替わるというシナリオにしました。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=_auof2mZ-0U

これに挑戦するにあたっては、帰国前夜まで僕の練習に何度も付き合ってくれた素敵すぎるルームメイトや、譜面に起こし、沢山のアドバイスもくれたmy Love、さらにはトランペッターJames、もちろん火曜日のDannyのJAZZバンドでも何度もSpain演奏に付き合ってくれました。

 

応援してくれたみなさんも本当にありがとう!!!

そしてこれからの課題がめちゃくちゃ浮き彫りになった戦いでもありました。

バンドへの指示の出し方が甘すぎた。

 

もっと英語で強く表現できるようにならなきゃダメだ。

 

何よりトランペットの精度が低すぎる!

 

身の回りは素晴らしいミュージシャンに溢れまくってるので色々と教えを賜りたいと思います。

何より実行して練習しないとダメ^ ^ 

 

次は5/17(水)!NYCにいらっしゃる方は必ず応援に来てください!! 

 

他の出演者もすでに超絶超人クラス! 

 

$30ドルでも安すぎる内容のチケットになると思いますよ!

 

僕の方でも団体割引料金で用意しますのでお声掛けください!

 

 

------------------------------------------------------------------------------------

 

ここから先の文章には、負のイメージを含むものがありますので、今日を幸せに生きて行きたい人は読まないでください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ちょっと先の未来、世界を生き抜けるのか、一度書き起こします。

 

■この先、音楽の必要性が問われ始める。

 

絶対に引き寄せたくないですが、残念ながら僕の存命中に2つの危機はやってくるでしょう。心配が過ぎるタイプですが、今ある社会や自然がこのまま続くと思っているより、何も備えていないより、強い人間になれます。

 

●1つは人間が引き起こす政治的危機や戦争です。

 

音楽は活力を与えることもありますが、悪人は音楽の力で人をコントロールします。自分の発することに深く知識を備えたいと思います。そしてそこまでの伝播力を持つ存在に上り詰めなければなりません。生き残るために僕はちゃんと音楽という言語を学ばなければなりません。そして平和のために、誰かの希望になるために、僕は楽器を使わない体一つの芸術を選んだことを再認識しなければなりません。何より命を守るのです。

 

●2つ目は地震などの自然災害、ひいては氷河期の到来です。

 

戦争に続き、天災、氷河期の到来により人類はサバイバルの時代になります。60日間にわたる急激な気候変動で半球凍結の後、食糧難になり全生命は90%以上が死滅。メキシコ以南の温暖地域に人口が集中するため、国境、宗教が崩壊し、人類は趣味趣向として音楽をやる余裕がなくなるでしょう。しかし、必ずや人の心が集うところに音楽は生き残り、鼓動ある限り人は幸せを求めて躍動するのです。

 

それらは2020年までに明確に方向性が見えてくることでしょう。

 

そういった近未来までに、僕は世界に必要とされる音楽を発信する力を持つ必要があります。

 

また、希望的な側面では宇宙へ行ける機会があるでしょう。楽器を持たないために僕が宇宙に行ける可能性は非常に高いはずです。重力を使う楽器(ピアノなど、管楽器もつば抜きができないためにおそらく難しい。弦楽器は肩に挟めない大きなものは無理。)

 

そこに選ばれなけなければならない。

 

Apolloでの優勝はアメリカを生き抜く上で「ちょっと有利な資格」と言えるでしょう。みんな知ってるし「アポロで2回勝ったんだ」で通じなかった現場がないぐらい知名度は抜群。資格は多い方がいいに決まっています。世界で最も大きな4つのマネジメント会社と契約することも目標です。最終的に必要な免許やパスポートのような称号はグラミー賞かもしれません。

 

複製可能な電子音楽の世の中にあるからこそ、人間力の強い古い音楽制作手法に立ち返ることでしょう。そして、地球資源の減少によりアコースティックが特に良しとされる時代がくると思います。

 

状況は僕が思うよりも急変するはずです。だから一刻も早く、登れる階段は上らなければなりません。

 

ですが「今日も幸せだ!」と言って眠りにつけるのが一番です^ ^

 

みんなで幸せになりましょ^ ^

この後もNYC生活を頑張ります!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。