「DISる」

mixiで普段日本語ラップを聴かない友人たちに向けて書いた文章をこちらにも転載したいと思います。普段からこのページを見てくださっている方には当たり前というか、なにつまんないこと言ってんだみたいな内容だと思うんですが、そうではない人たちに向けて書いたものなので、そこは大目に見てもらえるとありがたいです。カテゴリとして「日本語ラップを聴かない方々へ」(カテゴリの文字数の便宜上「日ラ」と訳しました。この訳し方は変な気もしますが。)というものを作ったので、今後もたまにこういうのも載せていけたらいいかなと思います。

「DISる」



最近は世間にも広まっている言葉なのかな。ヒップホップ文化の中の一つの象徴といえると思う。本場のヒップホップはほとんど聞いていないので詳しい歴史とかは知らないんだけど(よくないことだ)、日本でもネットの発展もあってどんどん増えてきている。

はじめてこの言葉が有名になったのは、キングギドラの「公開処刑」かな。Dragon AshのKjなどに対してのDIS曲。とくにZeebraはDragon Ashとの「Grateful Days」で脚光をあびて今の地位を築いたといえるようなところもあるので、この曲は「なんで仲良かったんじゃないの?」という意味でも衝撃的で話題にもなったと思う。その功罪に関しては賛否両論だけど。

普段人を誹謗中傷することは特に日本人はしないことだし(あ、でもネットの世界では別かな、特定人同士の話)、その意味でこの文化はなかなか受けいれられにくいものだと思う。もちろん自分もしないし。やっぱり普通の人同士の付き合いだったら、仲悪くなりたくないしね。

でも、彼らがなんでそういうことをやるのかというと、自分のアーティストとしてのアイデンティティを守るためなんだと思う。自分のアーティストとしての主張に反する奴を認めることは自分の主張を曲げることと同じことで、それを放っておくことは許されない。そういう意味で、そのアーティストとしての素の主張というか信念みたいなものが感じられておもしろいと思う。まぁたまに「お前のかーちゃんデーベソ」レベルのただの悪口もあるけど。あとは、サッチーvsミッチー(懐かしい!)みたいなワイドショー的な楽しみ方もあるしね。

そこで最近話題なのが、GUINNESSというあまり名が知れていなかったラッパーとSeedaという最近の中堅代表格のようなラッパーとのビーフ(DIS合戦みたいな意味かな)。このビーフのきっかけになったのがSeeda(+OKI)とm-floのVerbalのいるTERIYAKI BOYSとのビーフ。このへんはたぶん普段ヒップホップを聴かない人は知らないだろうけど、上に書いたような視点で聞いてみるとおもしろいと思うのでよかったらぜひ。

GUINNESS vs SEEDA
http://ameblo.jp/clapyourhappiness/
TERIYAKI BOYS vs SEEDA
http://gogonyanta.jugem.jp/?eid=2635
歌詞の内容も書かれているし一番詳しくまとめてくれてると思います。

長文ですんません。久しぶりに飲んで酔った勢いで書いた文章です。きっとあとで後悔するんだろうなぁ・・・。
AD