2014-10-24 23:23:06

☆『DTM初心者ガイド』DAW・ソフト選び方編☆DTMはじめたい方、購入のご参考にどうぞ☆

テーマ:DTM初心者ガイド

MusicHouseFriends Presentz
MHFNEWS
『DTM初心者ガイド』 DAW編
DTM、音楽制作をはじめたいという方、興味のある方の疑問や不安を解消し、参考して頂ければと思います。
今回は、DAW編としましてこれからはじめたい方の為に問い合わせの多い内容、選び方などをご紹介させて頂きます。

■『DAW』とは・・・
「デジタル・オーディオ・ワークステーション」の略となり『DTM』の中心となるソフトウェアです。DTMをはじめるにあたり必ず必要となるものですが、数多くの種類があり環境、用途に合わせて失敗しないようにお選びください。

同じメーカーの『DAW』でもランクが分かれているものもあり注意が必要です。
本格的に『DAW』を導入する前にオーディオインターフェイスやMIDIキーボードに付属されている簡易版の『DAW』を試して見るのも良いかと思います。

■『DAW』の選び方・・・
『DAW』を選ぶにあたり重要なポイントして

○パソコンのOSが対応しているか・・・
Windowsのみ、Macのみ対応のソフトもありますし、OSのバージョンが古いものだと対応していい場合も・・・購入前の確認が必要となります。

○『DAW』のバージョン・グレード・・・
同じ『DAW』の中でも内容によってグレードが変わってきます、下位クラスだと価格は安くなりますが思っていた『DTM』が出来ないなんと事もありますのでご注意下さい。
また、
オーディオインターフェイスやMIDIキーボード等に付属されている『DAW』はお試し版が多いのですが、通常版にアップグレード出来るソフトで安上がりに抑えれるものもありますので確認が必要となります。

○『DAW』の特徴・・・
どんな『DTM』をしていきたいかによって『DAW』の特徴があっているかになります。はじめての方ですと大きく分かれるのは「楽器」を演奏するか、しないかになってくるかと思います。
はじめてですとそれ以外で選びにくい点だと思いますが
その『DAW』が普及しているか、参考本、ネットでの情報が多いか、なども選ぶポイントにしてよいかと思います。
行き詰ったときに簡単に調べる事が出来るのは安心ですから。


■『DAW』人気・お薦め商品
下記にてご紹介の『DAW』以外にも多数取り扱いが御座いますので下記よりご確認頂けます。
『DAW』ソフト一覧はこちら


STEINBERG(スタインバーグ) / Cubase 


現在のバージョン:Cubase 7.5
対応OS:Windows、Mac
プロからアマチュアまで世界中で使用さている人気『DAW』、楽器や歌のレコーディングから打ち込み系での音楽制作まで幅広く使用されています。
教則本なども充実しておりはじめての方でも安心して使用する事ができます。
・バリエーションも豊富にあるので用途に合わせてお選び頂けます。
■STEINBERG(スタインバーグ) / Cubase シリーズ
詳細はこちら


Avid(アビッド) / Pro Tools 


現在のバージョン:Pro Tools 11(10のアクティベーションも可能)
対応OS:Windows、Mac
スタジオの定番ソフトとして人気のモデル。スタジオでは上位モデルのPro Tools HDを導入しているところが多いがこちらで録音したものを持ち帰って自宅でPro Toolsを使用し編集する方などにお薦め。
高音質なレコーディング、オーディオ編集、ミキシング編集に優れており楽器、歌のレコーディングをされたい方にお薦めです。

■Avid(アビッド) / Pro Tools シリーズ
詳細はこちら


Ableton(エイブルトン) / Live


現在のバーション:Live 9
対応OS:Windows、Mac
他の『DAW』と大きな違いとしてライブパフォーマンスでの使用も可能な点、テクノ、ダンス系の音楽制作での使用が多いが他のジャンルにもしっかりと対応してくれます。楽器や歌のレコーディング、打ち込み系の音楽制作と対応してくれます。
最近では、オーディオインターフェイス、MIDIキーボード、などに「Live Lite」簡易版の付属が増えています。
専用のMIDIパッド・コントローラーも多く登場しています。
■Ableton(エイブルトン) / Live シリーズ
詳細はこちら



Propellerhead(プロペラヘッド) / Reason


現在のバーション:Reason 8 
対応OS:Windows、Mac
他のDAWとは違いソフト内に「ソフトシンセ」「サンプラー」「リズムマシン」「ミキサー」「エフェクター」「シーケンサー」などをバーチャルでラックマウントし音楽作成、編集をしていくDAW。以前は録音が出来ないソフトであったが現在ではオーディオトラックでの録音、編集が可能に。
トラック作成ソフトとして非常に人気を得ているDAW。
現在、Reason7の購入で8に無償アップデート可能と非常にお得となっています。
■Propellerhead(プロペラヘッド) / Reason
詳細はこちら



BITWIG(ビットウィグ) / BITWIG STUDIO


現在のバージョン:BITWIG STUDIO 1.0.15
対応OS:Windows、Mac
2014年に登場した新しいDAW。 MIDIとオーディオを同一トラック内に表示、編集をしていく事が可能。いままでのDAWとは全く違う編集、音楽制作を行っていく事が出来ます。
画面構成も見やすく扱いやすいので早い音楽制作をしていく事が出来ます。

■BITWIG(ビットウィグ) / BITWIG STUDIO
詳細はこちら


下記からはWindowsのみ対応の『DAW』となりますのでご注意下さい。


Tascam(タスカム ) / SONAR X3

現在バージョン:SONAR X3
対応OS:Windowsのみ(7,8)
作曲、編曲、レコーディング、編集、ミキシング、マスタリングなどの作業を直感的に行うことができるWindows専用のDAWです。
付属のソフト音源が豊富でMIDI入力がしやすく音楽制作がやりやすいDAWとなっており楽器の演奏が出来ない方でも問題なく制作が出来ます。
本格的な作曲、編集、ミックスマスタリングまでこなせる人気のDAWとなっております。
■Tascam(タスカム ) / SONAR X3 シリーズ
詳細はこちら



Sony(ソニー) / ACID MUSIC STUDIO

現在バージョン:ACID MUSIC STUDIO
対応OS:Windowsのみ(7,8)
はじめての方でも簡単に音楽制作を楽しめるDAW、ループ素材を並べていくだけで曲作りをする事が出来ます。楽器、歌のレコーディングも可能。
Windows対応のみのDAWだが価格帯もお手ごろで扱いやすい点からはじめての導入で使用される方も多いモデルです。
非常にわかりやすい教則本バンドルがお薦め。
■Sony(ソニー) / ACID MUSIC STUDIO 10
詳細はこちら

各商品のお薦めポイント、シリーズ等の詳細は随時編集させて頂きます。
ご不明な点、疑問点など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
頂きました内容から企画ページ反映させて頂きますのでよろしくお願い致します。
お問い合わせはこちら

----Facebook ---- 
お気軽に友達申請お願い致します♪

http://www.facebook.com/musichousefriends.musichousefriends
----Facebook ページ----
http://www.facebook.com/pages/MusicHouseFriends/301313293224862
Twitterも更新
http://twitter.com/mhfriends

DJショップの総合サイト

Music House Friends
http://www.mh-friends.com



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-10-22 21:17:40

☆DTM初心者ガイド第1回☆『DTM入門』はじめたい方、興味のある方必見♪ご参考に

テーマ:DTM初心者ガイド

MusicHouseFriends Presentz
MHFNEWS


DTM初心者ガイド』としまして
DTM、音楽制作をはじめたいという方、興味のある方の疑問や不安を解消し、参考して頂ければと思います。

■『DTM初心者ガイド』 Contents
DTM入門編
オーディオインターフェイス選び方編
MIDIキーボード選び方編
MIDIパッド・コントローラー選び方編



今回は『DTM入門』
「DTMとは?どのような事ができるのか?どんな機材が必要なのか?
など初めての方が気になる内容、お問い合わせの多い内容をご紹介させて頂きます。
第1回としましてご紹介させて頂きますが、お問い合わせ内容などに合わせまして随時内容を追加させて頂きます。
ご不明な点、ご質問等御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

■『DTM』とは・・・
音楽制作に興味のある方が必ず目にするのが
『DTM』・・・「デスクトップ・ミュージック」
ネット検索でもいろいろな意味合いが出てきますが、
広い意味で言うと、コンピューターなどを使用して自宅で音楽制作をする」という事
最近では、パソコンだけでなくiPadやiPhone、アンドロイドなどでの音楽制作も増え、こちらも含まれてきます。
必ずしも作曲、編曲、打ち込みだけでもありませんし、録音を含んで言う事もあります。
録音で考えるとホームレコーディング(宅録)もパソコンを使用した場合、『DTM』という事になります。
DJの方がミックスを録音したものを編集やりミックスすることも『DTM』となってきます。
『DTM』で使用している機材、ドラム音源やソフトシンセでリアルタイムに演奏プレイをするのは『DTM』とは異なってきます。

■『DAW』とは・・・
もう1つ良く目にするのが
『DAW』・・・「デジタル・オーディオ・ワークステーション」
皆さんが疑問に思われる中で多いのが
『DTM』、『DAW』の違いは何?
という点があり、いろいろな解釈もありますが
DTMを行う為のツールとしましての1つが『DAW』となります。
「デジタル・オーディオ・ワークステーション」
の略で、一般的にはソフトウェアの事となります。
『DTMソフト』と呼んでも良いかと思いますが、DTMソフトの中にはプラグインソフトやソフトシンセもありますのでそういったのもを含まずメインとなるソフトが『DAW』となります。

以前はMIDIしか扱えない「シーケンスソフト」が主流ですが、最近は録音もできるものが一般的となり「オーディオ」という単語が入る、『DAW』となります。

■『プラグイン』とは・・・
大きく分けてプラグインには、エフェクトとインストゥルメント(音源)があります。
基準としている『DAW』ソフトにエフェクトや音源を追加していく事が出来ます。
注意点としましては、プラグインにはいくつかのフォーマットがあると言う事です。
使用している『DAW』ソフトによってVST、RATS、AAX、Audio Unitなど対応フォーマットが異なってきますので、使用できるかどうかが需要となります。たいていのプラグインは複数のフォーマットを持っていますので確認が必要となります。

■『DTM』に必要なものは・・・
では『DTM』をはじめるにあたりどのような機材が必要となるのでしょうか。
使用機材に関しましては、どのうな『DTM』音楽制作をしたいのかにでも変わってきます。
まずは大きく分けて
・楽器は弾けないけけれど音楽作成をしたい方
・楽器演奏やボーカルを録音して音楽制作をしたい方

でご紹介します。

どちらとしましてもまずは
○パソコン
こちらが必要となります、『DTM』をはじめるにあたり購入する方ですとWindows、Macどちらを選ぶか、どれぐらいの性能で選ぶか迷われる方も多いところですがこちらは今後ご紹介出来ればと思います。
また最近ではお手軽にiPad、iPhoneではじめる方も増えています。

・楽器は弾けないけけれど音楽作成をしたい方には・・・

○『DAW』ソフトウェアーは・・・
ループシーケンサーの機能があるものがお薦めとなります。
素材の音をブロックのように並べていき曲を作成できます。
この場合、専用の『MIDIコントローラー』に付属されているソフトでの『DTM』がお薦めです。
代表的なモデルとしましては
Native Instruments(ネイティブインストゥルメンツ) / MASCHINE シリーズ
Akai(アカイ) / MPC シリーズ
M-Audio(エム・オーディオ) / Trigger Finger Pro
Arturia(アートリア) / SPARK LE
などとなってきます。

○予算を抑えてはじめたい方には・・・
『MIDIキーボード』をお選び頂くのもお薦めです。
大体の『MIDIキーボード』にはLE版の『DAW』ソフトが付属されています。
楽器(鍵盤)は引けないからという方でも問題ありません、演奏できなくてもキーボードで打ち込みをして曲を作っていく事が出来ます。

○『オーディオインターフェイス』は必要か・・・
用途としましては、『DAW』への録音、スピーカー、ヘッドホンへの出力となってきます。
音の出力に関しましてがパソコンからも可能ですのではじめは必要ないと考えても大丈夫です。
ただ「良い音での音楽作成をしたい」という方には必需品となります。


・楽器演奏やボーカルを録音して音楽制作をしたい方
DAW』、『オーディオインターフェイス』が必要となります。

『DAW』は価格帯が高額なものから幅も広く、種類も多いので迷われるところです。
メージャーブランドの『DAW』を購入したが上手く使いこなせない、用途に合わなかったなんて事も考えられます。
『オーディオインターフェイス』には大体『DAW』のLE版が付属されてくるのではじめての方はまずこちらで試されるのがお薦めです。
LE版でも十分に使用できますし、使い慣れてきたら通常ソフトに安くアップグレードという方法も可能です。
もちろん、他の『DAW』を導入しても『オーディオインターフェイス』は使用可能です。

こちらに関しましての詳細は後日ご紹介させて頂きます。

今回は、『DTM初心者ガイド』の第1回としまして簡単なご紹介をさせて頂きました。
下記のクリックで各商品ページをご確認頂けます。



----Facebook ---- 
お気軽に友達申請お願い致します♪

http://www.facebook.com/musichousefriends.musichousefriends
----Facebook ページ----
http://www.facebook.com/pages/MusicHouseFriends/301313293224862
Twitterも更新
http://twitter.com/mhfriends

DJショップの総合サイト

Music House Friends
http://www.mh-friends.com



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-10-22 20:23:38

☆『DTM初心者ガイド』MIDIパッドコントローラー選び方編☆DTMはじめたい方、購入の参考に☆

テーマ:DTM初心者ガイド

MusicHouseFriends Presentz
MHFNEWS
DTM初心者ガイド』 MIDIパッド・コントローラー編
DTM、音楽制作をはじめたいという方、興味のある方の疑問や不安を解消し、参考して頂ければと思います。
MIDIキーボード編ではDTMで使用する鍵盤をご紹介させて頂きましたが、今回はMIDIパッド・コントローラー編をご紹介致します。
これからはじめたい方の為に問い合わせの多い内容、選び方などをご紹介させて頂きます。
MIDIパッドの場合ですと、『指ドラム』といったパフォーマンスでの使用も多くなります。
また最近ではお手軽にiOSのアプリでの使用、対応のMIDIパットも御座いますので合わせご紹介させて頂きます。

■MIDIパッド・コントローラーとは・・・
『DTM』で使用する場合は即興でのプレイではなく音楽作成で使用するものとなります。MIDIパッドの場合は打ち込み系で使用しパッドに割り振った音色を打ち込んで曲を作成していくものとなり、『DAW』上にリアルタイムでリズムとって打ち込んでいく事も可能、ドラム音源などに最適となります。
キーボード、マウスを使用しての打ち込みよりも各段に扱いやすく、操作子での『DAW』の操作に非常に便利なものとなります。
MIDIコントローラーに関しましては、『DAW』のコントロールを最適にする操作子をもったモデルとなってきます。

MIDIパッド・コントローラーと言いましてもUSB接続が主流となり、USBケーブル内をMIDI情報が流れるものとなります。
ソフトが付属されているものが多く『DAW』としての使用も可能ですし、他『DAW』でプラグインソフトとして使用する事も可能となります。

■『指ドラム』とは・・・
MIDIパッドに音源を割ふってリズムに乗って演奏するパフォーマンス。
下記の動画を見てい頂くと分かりやすいです。


歴史としては、ドラムマシーンからはじまり、サンプリングをしてドラム音以外も取り入れられるようになってい
曲の全てをパッドを指で演奏して作成するといのが発祥となります。
これを広げる事となったルーツがAKAI(アカイ)のMPCとなり名機として今でも愛されています。



■MIDIパッド・コントローラーの選び方
MIDIパッドの場合ですとモデルごとの機能面もありますが、付属されるソフト、ブランドで選ばれえる方も多くなります。
今回は人気モデル、お薦めモデル、特徴等をご紹介させて頂きます。
他モデルに関しましても下記よりご覧頂けます。
MIDIパット・コントローラー一覧



Native Instruments(ネイティブインストゥルメンツ) / MASCHINE シリーズ

MASCHINE STUDIO・・・詳細こちら
MASCHINE MK2 ・・・詳細こちら
MASCHINE MIKRO MK2・・・詳細こちら

の3モデルにて各2色展開。
・音楽制作、トラックメーカーに人気のモデルです、どのモデルも同じソフトMASCHINE 2.0(2014年10月現在)が無償ダウンロードにて付属で直ぐに音楽制作が可能。
ドラム音源はもちろん、豊富なサウンドライブラリに加えて、『MASSIVE』 が付属されているのも魅力の1つ
また、同じ
Native Instruments社の人気インストゥルメント・エフェクト・パッケージ、KOMPLETEシリーズとの連携や他主用『DAW』にプラグイン使用が可能で幅広い人気で使用されています。


AKAI(アカイ) / MPC シリーズ


MPC RENAISSANCE・・・詳細はこちら
MPC STUDIO・・・詳細はこちら
MPC ELEMENT
・・・詳細はこちら
の3モデル展開、パッドコントローラーの元祖ともいえるのがこのMPCシリーズ、現在のシリーズよりパソコンを使用しての音楽制作環境に。
MPC RENAISSANCEにはオーディオインターフェイスが内蔵されており、タンテ、CDJなどの機材からサンプリングして使用する従来のMPC要素ももちろんあります。
RENAISSANCE、STUDIOには『MPC SOFTWARE』が付属され7GB以上の豊富なサウンドライブラリにて音楽制作が可能。
ELEMENTには下位クラスの『MPC Essentials』ソフトウエアが付属となります。
どちらも『DAW』ソフトへのプラグインとして使用可能なので今の音楽作成環境にプラスしての使用が可能です。


M-AUDIO(エムオーディオ) / Trigger Finger Pro


価格を抑えて高機能なMIDIパッドを手に入れたい方にお薦めのモデル。
付属ソフト『Arsenal』とドラム音源『AIR Drums』、ソフトシンセ『Hybrid 3』で豊富なライブラリーから直ぐに音楽制作が可能。
本体にステップシーケンサー内蔵なのでリアルタイムでの打ち込みが苦手な方、初心者の方にもお薦め
『DAW』ソフトへのプラグインとしての使用も可能で、本体もメージャーソフトで直ぐに使用できるようにプリセットが組んであり選択して直ぐに使用可能です。
メーカーキャンペーンとしまして
数量限定:MIDIキーボード『Keystation Mini 32 Ⅱ』プレゼントキャンペーン中です。(ご購入後にメーカー登録となります。)
※ご購入のタイミングによってはキャンペーン終了の可能性も御座いますのでご了承ください。


■M-Audio(エム・オーディオ) / Trigger Finger Pro
詳細はこちら


Arturia(アートリア) / SPARK LE

ドラムマシーンとしてトラックメーカーに人気のモデル。
パット数は他のモデルと比べると少ないがステップシーケンサーを搭載、ドラムの打ち込みにも非常のにお薦めです。
『DAW』ソフトにプラグインとして使用も可能。
現在数量限定での特別プライス、『SPARK2』が無償提供となっています。

■Arturia(アートリア) / SPARK LE
詳細はこちら



これからはじめる方、価格を抑えたい方に最適のMIDIパッド・コントローラー
KORG(コルグ) / nano シリーズ

nanoKEY2・・・詳細はこちら
nanoPAD2・・・詳細はこちら
nanoKONTROL2・・・詳細はこちら

3モデル2カラー展開のコンパクトMIDIコントローラー。
低価格なモデルながら様々な『DAW』、ソフトにマッピングして使用できる人気モデル。
さらに購入後にKORGサイトより多くのソフトをダウンロード可能なので直ぐに『DTM』をはじめる事も可能です。



■お手軽iOS対応MIDIパットコントローラー・・・
お手軽に使用した方にはiOSアプリと対応のMIDIパッドがお薦めです。
こちらも順次更新させて頂きたいと思います。
・iOSアプリ・・・
GarageBand・・・Macユーザーにはなじみ深い、『DTM』にお薦めなアプリです。
iMPC Pro・・・AKAI(アカイ)のMPCアプリ、iOS対応のMIDIパッドで本格的に使用可能です。
SampleTank Free・・・IK Multimediaが無料で出しているアプリです。
他にも『DTM』アプリ様々御座いますのでまたご紹介、追加させて頂きます。

・iOS対応MIDIコントローラー・・・
上記でご紹介しておりますモデル
MPC ELEMENT
KORG(コルグ) / nano シリーズ
などApple純正Camera Connection Kitを使用してiOSでの接続使用が可能です。
その他
IK Multimedia(アイケーマルチメディア) / iRig Pads・・・詳細はこちら
Lightningケーブル付属、上記でご紹介しておりましたアプリを操作が可能となります。

この様にまずはiOSからお手軽に『DTM』をはじめて見るのも良いかと思います。
こちらに関しましてはまた別途、ご紹介させて頂きます。

今回は『DTM初心者ガイド』でのMIDIパッドコントローラーの紹介とさせて頂きましたがどのモデルもリアルタイムでのライブパフォーマンスにもご使用頂けるモデルとなっております。
今回は主要となるモデルをご紹介させて頂きましたがこちらのモデルも随時追加、ご紹介させて頂きます。
DTM、MIDIパッドコントローラーに関しましてのご質問、疑問点など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
企画ページにも取り入れさせて頂きより良いページに随時変更していきますので何卒よろしくお願い致します。
お問い合わせはこち



----Facebook ---- 
お気軽に友達申請お願い致します♪

http://www.facebook.com/musichousefriends.musichousefriends
----Facebook ページ----
http://www.facebook.com/pages/MusicHouseFriends/301313293224862
Twitterも更新
http://twitter.com/mhfriends

DJショップの総合サイト

Music House Friends
http://www.mh-friends.com


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。