私が音痴がなおって歌が上達した秘密

私が歌がうまくなりたくて音痴を克服するためにしてきたトレーニングや、音痴お直してさらに歌が上達した方法をご紹介します♪


テーマ:

こんばんわ!!


今日はなぜ歌うと喉が痛くなるのかについて話します♪



あなたは、歌を歌うとすぐ喉が痛くなったり、
何曲か連続で歌ったとき喉が痛くなったことはありませんか?



最近のボイストレーニングの中には


「喉は歌うと痛くなるもの」
「喉は一度つぶせ」


といった間違ったことを教えるものがあります。



正しい発声ができていればどんなに歌っていても
喉が痛くなることはありませんし、
喉をつぶしたり、ポリープができるような発声では
その先に正しい発声、歌がうまくなることはありません。



喉に違和感を感じたり、痛みを感じるということは
喉が締め付けられているとか、息の圧力が強すぎるなど
発声に問題があるということ。



その発声に問題がある状態にいて
気合と根性で練習を続けても、悪い癖が身につくだけですし
声帯への負担も増すばかりで心配です><



ですから、喉に異変を感じたときはすぐに
水を飲むなどして水分を補い休憩することが大切です。


それでも喉の違和感や痛みが引かない場合は
その日1日は喉はお休みさせて、安静に過ごしてください^^



そして、なぜ喉に違和感や痛みが生まれてしまったのか
一度考えてみてください。



◇無理して力で押して声をだしてなかったか?

◆体を締め付けて声を出していなかったか?


◇無理な音域を気合で歌い続けていなかったか?

◆もともと風邪等でのどの調子が悪かったのではないか?

◇寝不足で声が出ずらかったのではないか?


◆いきなり高音を歌ってしまったのではないか?




喉を強くしたいとあなたは思いますよね?

私ももちろん思います!


喉の痛みに耐えた方が強くなるのではないかと
思うかもしれませんが、
本当に喉を強くする正しいトレーニングは
喉にやさしいトレーニングなのです。


ですから、喉に違和感を感じたり
痛みを感じた場合は練習をやめて1度考えてみてください♪


では、今日はこの辺で☆

ランキングに登録させてもらってます♪ よろしければ1クリックお願いします!! にほんブログ村 音楽ブログへ
いいね!した人  |  コメント(18)
PR
同じテーマ 「喉が痛くなる」 の記事

[PR]気になるキーワード