めじの音楽日記

クラシック音楽のコンサートの感想などを綴っています。

筆者はクラシック愛好歴40年、年間数十回はコンサートを聴いています。


テーマ:
今日は、久しぶりに演奏会のハシゴでした。

まずは、11時から武蔵小杉の「NEC玉川ルネッサンスシティホール」で
スダーン=東響のモーツァルト・マチネです。

【演奏】
指揮:ユベール・スダーン
管弦楽:東京交響楽団

オーボエ:荒 絵理子
クラリネット:近藤千花子
ファゴット:福士マリ子
ホルン:上間善之

【曲目】
モーツァルト:
4つの管楽器のための協奏交響曲
交響曲第38番 ニ長調 K.504「プラハ」
(休憩なし)


このモーツァルト・マチネ・シリーズというのは、しばらく前から行われていたのですが、
長年のモーツァルト・マニアを自認してきた私としては、
実にうかつにも(笑)、これまでパスしていました。

4回券(今回、7月、12月、それに来年2月)というのがあったので、
今回購入してみたのです。

休憩なしのミニ・コンサートという位置づけですが、
一回3,500円ですから、気軽に聴きにいけていいと思います。


さて、まずはこのホールのことを書きましょう。

場所は、新しく開業した横須賀線・湘南新宿ラインの武蔵小杉駅、
または南武線の向河原駅が最寄です。

私は武蔵小杉駅を使ってみましたが、徒歩で4分くらいです。不便ではありません。
湘南新宿ラインで、新宿から武蔵小杉まで18分ですから、思ったより近いです。

ちなみに、東横線の武蔵小杉からは、たぶん徒歩で10分以上かかると思います。

このホールはいつオープンしたのか寡聞にして知らないのですが、
新しそうで、とても綺麗なホールでした。

前の10列目までが平面で、通路をはさんだ11列目からは階段式です。

私は12列目でしたが、音響的にも視界的にもまずまず満足できました。

響きは多すぎず少な過ぎず・・という感じで、私は好感が持てました。

ただ、愛好家さんの中には、少し音が硬すぎるという感想の方もいるかもしれないな・・
とは思いました。多目的ホールでしょうから、仕方がないのだとは思います。


さて、今日の演目ですが、実はモーツァルトのマニアを自認する私としても、
大変好きな曲が2曲でした。

管楽器4本の為の協奏交響曲というのは、実はライブでは初めて聴きました。

この曲は、ご存知の方も多いと思いますが、モーツァルトの曲であるか確認されていない、
いわゆる「偽作」という位置づけです。

何年か前に、別の作曲家のものであることが確認された・・というニュースも出た
記憶があるのですが、今日の演奏会のプログラムには、真偽は確定していない・・という
書き方になっていました。

確かに、モーツァルトにしては、第一楽章がやや冗長な感じはしますが、
それは恐らくスケッチから再構築した校訂者の責任でしょう。。

注目すべきは、何よりも、この曲の旋律の美しさでしょうね。

私は個人的には、モーツァルト以外にこんなに美しい曲を作った人はいない筈・・
と思っています。


スダーン=東響の演奏は、ニュアンスに富んだ大変素敵なものでした。
もう最初の数小節で、私の口元には思わず笑みがもれてしまいました。

オケのみなさんも、スダーンの音楽を反応良く感じ取っていましたし、
東響の管楽セクションの皆さんも、ソリストとして素晴らしい実力を見せてくれました。

どの楽器もよく歌っていましたし、まさに愉悦に満ちた音楽でした。


続くプラハ交響曲は、提示部だけでなく、各楽章とも後半の繰り返しも実行して、
随分長い演奏時間を掛けていました。

ミニコンサートといいながら、結局、この完全反復のお蔭で終演は12時20分になりましたが、
モーツァルト・マニアの私としては大歓迎でした。

この曲はメヌエットを欠く3楽章形式なわけですが、
一曲目の協奏交響曲が約30分の比較的長い曲ですから、
バランスという意味でもこれは必要だったのかもしれません。

モーツァルトだけでなく、ハイドンの交響曲でも、提示部だけでなく展開部以降にも反復指示が
されている曲が多いですが、これは、当時のシンフォニーの形式美そのものであり、
やはり私は本来そう演奏すべきものだと思っています。

特に展開部以降の反復では、ニュアンスを微妙に変えることが期待されますが、
スダーンもまさにそのような演奏をしていました。

特に3楽章後半の反復後の演奏には、一段高い集中力とニュアンスの豊富さが与えられ、
まさに、「古典派交響曲、こうあるべき!」と私は納得のひとときでした。

終演後は、今日二つ目のコンサートを聴くべく上野へと急ぎました。

次のブログ記事に続きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

MEJIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。