目からうろこの

テーマ:
家選び最新トレンド2016なる東京FMのセミナーが当選した。

{0BB30CBB-9809-4256-929A-FEFB5FB1E1D7}

わたしが毎日目覚まし時計に、朝のうごきの基準になっている、クロノスという番組のイベント。
朝テレビをつけている人も同じだろうけど、朝の番組ほど、コンパクトなプログラムが正確な時間で組み込まれていて、時計を見なくても身支度が整い、朝ごはんを食べ、お弁当を作って、出かけることができる。
とくにラジオは、視界に入らない分、何をしながらでも聴ける、すばらしき道具よのぉ。

さて、このセミナー、テーマからすると、東京に家買う? ってことなんだけど。
うん、わたしはたぶん、買わない。
でも賃貸はあと何回か引っ越すと思う。
そんな時のために、非常に興味深く面白いテーマだった。

わたしがクロノスという番組が好きなのは、月〜木の中西さんのアホってくらい前向きなところと、金の速水さんのインテリなところ。
(プラスどっちにも、鋭いつっこみを笑いながらごいごい刺していく高橋万理恵ちゃんの存在。)

今日の解説を担当した速水さんがラジオ以上に全開だった。
規模も知名度も月とスッポンレベルだけれど、ライターの仕事をしている者として、もう、ごめんなさい! って言わなければならないくらい、速水さんはなんでも知っている。

知ることは、探究心の後についてくるもので、知識は、ヒアリングや調査に自分の感覚をこねこね混ぜたものなんだなぁ。

速水さん曰く、家を選ぶ時、間取り・築年数。路線・駅からの徒歩といった物件の条件とか通勤ルートとかで選ぶのは「昭和的」な選び方で、今は、「好きな街、気に入った場所」に住むのが成功だそうだ。
これ、ものすごく納得。

わたしは今好きな街に住んでいるから幸せだもの。
間取りはほんの1kだし、築だってわたしくらい年取っているし、23区内じゃないし…なんだけど、住みたい街No.1のモテモテの吉祥寺に住んでいた頃から、一駅となりの今住んでいる地域を狙っていた。
今年の1月に、駅前の不動産屋さんに飛び込んで(ハモニカ横丁で生ビールひっかけて気持ちも大きくなっていた状態で)、この物件を見せてもらって即決したくらいだ。
「ほかは見なくてもいい?」
という不動産やさんにも二つ返事で「結構です」と、ノーと言える日本人、決断する女になっていたわけです(ビールのせいではいよ)。

ほら、納得。
ここは、商業施設、商店街、繁華街からは少し離れて、公園に寄り添うようにくっついている住宅街なんだけど、キラキラの場所からの距離感がステキな街だと思っている。
わたし自身が、キラキラから少し離れた人間だからかもしれない。

311以降、新宿渋谷池袋といった都市の繁華街より、地元の居酒屋で飲む人が増えたとのこと。
何があってもすぐ家に帰れる。
地元の人と友達になれるから何かあったとき協力できる。
強く意識していなくても、そんな意識が潜在しているのかもしれない。

わたしも家のそばの赤ちょうちんにだいぶお世話になっている。
近所に知り合いもできた。
ここに引っ越してきてよかったとあらためて実感した日となりました。

土砂降りの中出かけてよかったわ。

さ、明日もクロノスを聴こう!
なんて、気合を入れなくても壊れかけていないレディオが6時になると勝手にスイッチ入るんだけど。

クロノス!

{F741C097-BA68-4659-9F47-799F50618A3E}





AD

カッパ飯終わる

テーマ:
この夏は、カッパのように、きゅうりをたべまくった。
なぜかって?
好きだからですよぉ。きゅうりが大好きです。
カッパです。

夏が終わる。
ということは、きゅうりの季節が終わる。
カッパ飯が終わる。
寂しい限りです。

スーパーやら八百屋やらマルシェやらでよく買いましたが、
運よく、畑で作ったきゅうりをもらう機会がおおい夏でした。
ラッキーなカッパです。

とくに実家のものは、ひん曲がったり、影に隠れて成長が悪かったり、
いつまでの収穫されず大きかったり。
個性個性のオンパレードでしたが、味が濃くて、ものすごくおいしかった。

もちろん、2000と16年にもなれば、年がら年中きゅうりは食べられますよ。
温度管理して、形よくまっすぐ育てたきゅうりたちが、1年中食べられますわい。

でも、夏が終わる。
きゅうりの季節が終わる。
だから、寂しいカッパなのです。

今朝、実家から届いた最後のきゅうりをいただきました。

夏のきゅうりを偲んで、カッパ飯コレクションにて〆ます。

{7F58F5E0-C4BD-4C70-857F-200F9CA6C56B}

{6B47E380-BBEE-4F88-9B20-05DB9EEBE2DD}

{48F1E5A2-AB59-4F93-899C-C8E41D31514C}

{31EE7932-4C83-4549-8DF4-B4A60E98A772}

{1A5F5476-116F-4B3C-ABAC-E9834D3CB846}

{667FE71E-7165-484A-ACCB-0BB176705834}

{F5EA3A1D-4840-4B57-BD40-BE1A9F29F709}



AD

ブレイクスルー

テーマ:
あ、どうもです。ご無沙汰です。
って誰に呼びかけているわけでもありません。おっす! おら悟空的なノリです。

ブログは大好きなのに筆が遠のく。
筆といってもMacBookなのだけど。そうだ、今日からこのMacBookのキーボードを筆と呼ぼう。
で、画面が、紙。
ふむふむ、江戸っぽくてすばらしい。

久しぶりに筆をとっています、黒川豆。

ご無沙汰している間にいくつかのブレイクスルーがありました。
まず、イタイイタイと文句を言い、つらいつらいと仕事中ぐるんぐるんまわしていた首が、なんだか安定してきました。
首が座ってきたってやつ? もう中年なのに、ようやく?
肩は凝るし、首もぽきんぽきん変な音がするんですが、あのもげそう感が緩和されています。
考えられる要因は、ひとつ。
「通勤をリュックにした」こと。
トートバッグにあれもこれも弁当も本も詰めて右肩にしょって通勤していたころの、首の不快感がない。
大手を振って歩きたいからリュックにしたんだ、ということを思い出し。おおおお、これは、ブレイクスルーだ。
なぜ、もっと早く、通勤バックパッカーになっておかなかったんだろうか。

{E56485E0-72B0-4DA5-9F02-4DDDA8DF8307}

スーツだって、ワンピースだって、いつものリュック。背に腹は代えられませんからね。
あ、背に背負うものをよく腹に背負ってますけど。
リュックって、腹に背負うと、財布を取り出すとか楽チンなんですよねぇ。いまなら、コアラやカンガルーの母の気持ちがよくわかります。

それから、通勤で読む本は、軽いから文庫に限るなんて言ってたわたしですが、買うのをやめて図書館で借りることにしたら、単行本ばっか。
図書館の小説は、単行本一族に属しているやつらばかり。こっちの世界でスマートに生きている文庫本一族なんて、棚数本のなかでひっそりと暮らしているときたもんだ。

あいにく読みたい本は単行本ばかりなので、えい、ままよ! と、単行本一族と仲良くなった最近のわたしの通勤本は、上司のセカンドバック分はあろうかという大きさの本ばかり。

しかし、これがいい。
運よく毎日の通勤は各駅停車でちんたら行くために毎日わたしの椅子は確保されている。
だから、ゆったり座り、腹に背負ったリュックの上に、どっかりでかい本を置く。
なんと、そうすれば、自分上腕二頭筋やら手首の力を使わずに、本が読める。
スバラ式、リュックと単行本のセット。
井の頭線は、即席図書館、しかも快適な。

{30F34D76-2F5B-4584-8B41-A39045EEFEC4}

ということで、「単行本を電車で読む」これもブレイクスルー。

リュックと単行本を持って、明日も明後日もブレイクスルー後の通勤を楽しむのですわ。
どんどんスタイリッシュじゃなくなっていっている気もしますが。
そこは、まぁ、まぁ。あ、別に誰もそこを求めてない? ね。






AD

サンダルは変だ

テーマ:
夏になると思う。
サンダルは変だ。

わたしも履いている。
しかしやっぱりサンダルは変だ。

変なのは女性もの。
たとえば全体的に網だったり、足を抑える面積が少ないタイプは、90パーセントの女性の小指がおいていかれている。
日本人の足の小指が短いのか、足を抑える革の部分に小指がついていけずフリーの状態だ。
だから変だ。

それから、先端が絞られていて、足の親指と人指し指?←足の指で人を指したらマナー違反のような気もするが、だけが覆われていないタイプも変だ。

たいていの親指は上を向いているし、人指し指(と呼んでいいなら)は下を向いている。
バランス的にちぐはぐだ。
だから変だ。

その点、ビーチサンダルや草履、ワラーチなんかは、指がみんなフリーで、変ではない。
だから、ミャンマーの正装がビーチサンダルなのも、変ではないのだ。

{7CCCDD32-22E3-4665-BCCD-8A47D1E18E2A}


わたし的、Wの悲劇

テーマ:
今日は猛暑の名古屋にて、その情熱は常に赤道直下にあるボスの講話などの事務局としての仕事がありました。
きちんとした経営者が集まる行事には、白シャツを着て行くと、わたしの相場で決まっています。白シャツの凄さとは、それ1枚をまとっているだけで、途端に真面目に見えてしまうこと。それがたとえオシャレから程遠いところにあっても、です。
名古屋といえば友人のKの故郷であり、前々から、あんかけスパゲッティなる得体の知れない珍味のうまさを力説されていたので、仕事が昼からの今日、これ幸いと、Kイチオシのあんかけスパゲッティの店に、オープンと同時に、客1号として入りました。
メニューはあらかじめネット記事を熟読して決めていた、シーフード。理由は、名古屋的なエビふりゃーが乗っているから。皿と鉄板が選べるのだけど、鉄板の場合卵が引いてあるので、Kからの指示で鉄板で。

{E35326B9-B33D-4C8F-8B55-DF674E7315E5:01}

ジュージュー音を立てた鉄板がテーブルに運ばれてきて、しまった! と思ったことが2つ。
ひとつは、本日猛暑の名古屋にて、オープンしたてでまだクーラーも不完全燃焼な環境に、鉄板…
あんかけスパゲッティは、最後の最後のひとくちまで熱々で、ついつい全国頭皮汗選手権準優勝の実力を見せつけてやりました。
それから、白シャツ…
スパゲティはフォーク1本で食べる派ですが、それは、ソースを飛ばしながら食べる前提のことで。
これから仕事だという白シャツに、とろんとしたソースを飛ばすわけにはいかない。
ということで、首からハンカチをべろーんと提げて、白シャツをソースから守りつつ、時々汗をふく作戦です!

たった1枚のハンカチのおかげで、シェフという店のあんかけスパゲッティをおいしくいただき、ひとっ走りしたくらいの汗をかきながらも、汚れのない白シャツで、イベント会場に向かいました。

イベントは無事に終了しましたが、17:00完全撤退の会議室で、締めの挨拶が始まったころに、赤道直下ボスとそのお弟子さんが、熱い語りを始め、やばい、時間までに鍵を返さなければ! と焦りながら机の片付けやゴミ捨てを終え、ホッとして、鞄をしょったときに、事件は起きました。
プシュッ!
という気の抜けた音とともに、赤い液体が、わたしの胸を染めたのです。

なんじゃ、こりゃぁああああ〜〜

パタリ。
とは倒れませんが、一瞬何が起こったかわからず、その赤い液体を舐めたところ、
あっ!
野菜ジュース! カゴメの野菜ジュース。
今朝、新幹線に乗る前に、お札を崩したくて無理やり買って飲んだカゴメの野菜ジュース。
飲み切ったつもりで、トートバッグに入れておいたカゴメの野菜ジュース。
肩にかけた瞬間、書類に圧力をかけられ暴発。
よりによって、白シャツに。しかも胸に。

この発砲事件よろしく右胸を赤く染めたシャツで、東京行きの新幹線に乗るわけにも行かず、駅ビルのデパートに入って、某ショップの店員さんに事情を話して、今日の黒パンに会う、できれば白いシャツかカットソーをいくつか見繕ってもらい、そのうちの1枚を我がものにして、デパートを出ました。店員さんは、カゴメの野菜ジュース染めシャツを丁寧にたたんで袋に入れてくれましたが、帰宅したら染抜きという作業がまっています。

まっています、と、未来系なのは、まだ自宅にたどり着いていないから。

今月の予定にない買い物をして、帰路に着こうと新幹線改札を通ったところで、東海道新幹線大雨による運転中止のアナウンスが。
確かに外は凄い音をたてて、土砂まで本当に降ってくるのではないかという土砂降り。さらには雷。
どうやら1時間に120ミリという大雨が名古屋に降ったようです。わたしがイベント会場を出たのが17:15くらいで、シャツを着替えたのが17:45くらい。雨はこの間に降り出したもよう。

悲劇の上塗り。
もう、ここは、動くまで、コレだ!

{80472AD7-6192-40D8-A1C0-66ADABA417B2:01}

何だかとても長い1日でした。
シャツ洗ったらさっさと寝よう。 

ここまで書いて、自宅まで最後の井の頭線が、お客様対応というよくわからない理由でなかなか動かないことも、一応付け加えておこう。

靴底が、絵に描いたようなボロ靴になったので、修理に出した。
修理が完了したので、わたしの元に戻ってきた。
何年も履いているビルケンくん(夏以外はく)。
ちなみに、この靴を修理に出したのは、2回目。どんだけ、同じ靴を履いているんかい、という声が遠方から聞こえ。
{F09257EE-0462-4AE6-A63E-9AC71D4481A6:01}

同日、時計のバンドを取り替えに行ってきた。
この時計は、来月で17年になるので、1年に1回交換したとして、バンドは17本くらい変えていることになる。
一度基盤自体が壊れてしまって、その修理代が、時計の値段と変わらなかったので、「新しいデザインも出ていますし、いかがですか?」と勧められたのだが、かたくなに、ここぞとばかりに頑固ジジイよろしく、修理で貫いた。

{C3CDCBB9-95DE-4BDB-9689-91A3431CAA65:01}
前述のビルケンだって、靴底修理代で、そこらへんの靴は買えるのだけれども。
お店のスタッフの方々が、修理を受けるのをとても嬉しそうにするのが、好感が持てる。

靴も時計も、わたしの肌の汚れやニオイには歴史がある。
その歴史を吸い込んで馴染んでしまったこれらを裏切って、新しいものに手などだせようか。
例えばわたしが一夫多妻の戦国武将だったとして、
若くてプリプリしている女性に側室にしてくれと言い寄られても、長年親しんできた、いぶしぎんの女を選ぶ。

勢いのある企業で深夜まで働いていた頃、いろいろなものを買った。
どう考えてもわたしには似合わないだろう、背伸び服を買ったり、足の指が朝のラッシュ状態のとんがった靴を買ってみたり、人のものをうらやましがった挙句自分の姿格好を顧みないで真似をして買ってみたりして、物欲戦争の果てに、焼け野原の自分に、本当に自分に合うものたちだけが残った。

あの戦争に、いま、感謝している。

あの頃の遺産だけで、十分生きていけるだけのモノを持たせてもらっている。
壊れたら直して使い続けることができるし。
だから、収入が少なくても、モノついては、特に困ることがない。

となると、家賃が高いここ東京に住んでいる必要は、べつにないのだけれども。
東京に、環境が良くて住みここちのよい、何よりも、家賃が安いのにナイスなアパートメントを見つけてしまったので、しばらく、こんな生活をしてみることとしております。

明日は、カードと小銭の境界線がほつれてきている財布を縫わないといけない。
買わないよ。










10のもの。その6「帽子」。

テーマ:
久しぶりに、モノについての言及。
帽子は、好きなものではない。
帽子が大好きという人も多いし、帽子はかわいい。帽子は素敵。帽子が似合う人がうらやましい。
はい、わたくしは帽子が苦手である。

{DEB9E080-FB9E-4EFA-B674-9FF2B461D10F:01}

何か苦手かというと、あの温度と湿度。ははぁ、こんなことを言っているのは、夏だからだろう?
そう疑われますがね、年がら年中高温多湿のアマゾン川流域の熱帯雨林。

とにかく、髪の毛が多い。
毛量が多いってやつです。毛量が魍魎のごとく、ゴーゴンよろしく、毛髪大奮発。
こんな風にキーボードをたたいている今も、私の頭上では、地球上でもっとも住みづらい環境ができあがっているのです。
恐る恐る指を入れてみると、シャー。アイロンの蒸気モードみたいになっている始末。

{7E0A5E74-E244-47E3-A5AB-FE179656107D:01}

小川糸さんの「リボン」を読みました。
1羽のオカメインコをめぐる、心温まる物語です。リボンという名前のオカメインコのおいたちはというと。
すみれちゃんという名のおばあちゃんが、自分の髪の毛をおだんごヘアにして、そこに卵を入れて、湿度と温度管理をして、雛をかえしたというもの。

できる。
わたしの頭だったら、日本、いや、世界最短記録で、オカメインコがカラをやぶる気がする。

前職で、○ツラの方がいらっしゃって、「あれは蒸れるでしょうね」「あの中で小龍包が蒸せるよ」なんて、仲良しの同僚と噂し合っていたけれど、天然毛のわたしも、実は、極上の小龍包を蒸せる頭を持っているのでした。

えーっと、何の話しでしたっけ。あ、帽子ね。

そんなわけで、帽子は、いりません、って話しでした。
この夏の熱中症対策は、笠か手ぬぐいで、防ぎますでしょう、江戸っぽく。
本をたくさん読む手段として、大きくわけて2つしかない。
買うか借りるかだ。
立ち読みという手もあるがわたしのようなスローリーダーには向かない。

「本は買って読め、家は借りて住め」
そんな言葉をなんらかの本で読んで気に入っていたので、本をよく買っていた。家計を圧迫。
今は、図書館から借りることにしている。

ミニマリストの考えに影響されていることもあるけれど。

敬愛する作家の一人、三浦しをんさんが、エッセイの中で、インテリア特集が嫌いだ、と言っていた。
「インテリア特集で、おしゃれ、と称されている部屋には、必ずといっていいほど、本がない」と。
そうかもしれない。
わたしはモノは大して持っていないけれど、引越しで大変だったのは、本だった。あと何度かは引っ越すだろうから、泣く泣く本は手放すことにした。図書館に、お世話になります。

さて、日曜日に図書館から借りてきた、しをんさんの「三四郎はそれから門を出た」というエッセイを読んでいる。様々な雑誌で連載されたものをまとめた一冊だが、全編「本」がテーマになっている。
しをんさんが、本当に本を愛していることが伺えて、楽しい。
{A34750CC-7D99-4A14-A2BE-4B8B8F04210B:01}

中でも、わたしが気に入ったのが、「電車の中で人は何を読んでいるか」ということが気になって仕方がないという話し。
人が読んでいる本を覗き見しながら読み込んでしまって、おじさん早くページをめくって! と気を揉んだり。
電車の中で人が読んでいる本を探って、それを自分も読んでみるということをしている。

いい!
いつも自分が本屋や図書館で探す本には偏りが出てしまう。顕著なのが、アマゾンで探すとき。ズバリタイトルや作家の名前を入れるし、「これもおすすめだぜ」と出てくる本も、同ジャンル。
今の本の選び方をしていると、好きな作家やジャンルからなかなか離れない。冒険がない。
だから時々友だちに「オススメの本を貸して!」と交換こをしたりする。
でも友だちも、趣味や嗜好が似たような人が多いから、結局、「あ、それ持ってる。あ、それこの前別の子に借りた」的なことがたびたび生じるのだ。

ということで、昨日の帰り、井の頭線先頭車両で、人が読んでいる本を探ってみた。
かなり怪しい人だったと思う。
予想はしていたが、みんなスマートフォンで、シャーシャーしている。
LINEしてるゲームしてる動画見て、シャーシャーしてる。

読書をしている人は、1列に1人くらいしかいない。
そして、タイトルを探ってみると。

・・・ブックカバーという鉄壁に阻まれ、結局わからなかったということは、お察しの通りです。

本探しって、難しいわ。

重版出来の最終回が、とても泣けた。
いや、最終回どころか、毎回どこかしらで、手ぬぐいを目がしらにあてながら、Tverを見ていた。
漫画ではないが雑誌の編集部で仕事がしたことがあるのと、フリーランスでイライラ仕事をしたことがあるのと、
いろんな気持ちを思い出したり。
いいドラマだった。



さて、漫画といえば、日本のMANGAが海外で非常に人気があるとか。
ある国ではものすごいブームだとか。
すばらしいですもの、日本の漫画文化は。
先日ラジオで、江川達也さんがゲストで、このあたりのことについてコメントしていたのが、非常に面白かった。

「COOL JAPANって、その中に、漫画も入れていますが、政府が干渉すべきことではないと思います。
日本政府が入ってきた時点で、もうCOOLじゃないです」
って。ひゃひゃひゃ。なんか、わかる。
政府とか、COOLとかそういうのとは、別の水面下でじわじわ楽しまれていたことを、政府が釣り上げて、使えるからって先頭に立たせるのは、おかしな話しですわね。



それから、
「海外で日本の漫画のような作品を、同じように創ることができるかと言ったら無理でしょうね(キッパリ)。ブラック企業どころか、漫画家は寝ない、遊ばない、過酷な環境で、締切に追われながら、書いているわけですよ。それを、ワークライフバランスだとか、バカンスが大事だとかどうだとか、そういっている国の人間にはできないことです。日本の漫画家はものすごく働いてます(キッパリ)。」
的なこと言ってた。かっこいい。

重版出来でも、みんなそうだったもんねぇ。
中田伯先生なんて、がりがりになったりしてさ。

江川達也さんは、愛知教育大学を卒業して数学の先生をやっていたけれど、辞めて漫画家になったという、面白い経歴の人ですが、とても心に残るコメントでした。

この夏の世界一周のたび?

テーマ:
これはわたしの世界一周計画である。

{EDEAE1C3-BFDF-4858-B5AF-C23A03D070DC:01}

実行計画もわりと綿密に練ってあった。
ビザの必要な国の大使館の開館時間とかも考えていた。
妄想ではない。
すべてはこの1冊に計画がねじこまれている。
{925D910C-0326-4427-AD41-1C947B8D787B:01}

「世界の図書館巡り」
夢をかなえようと必死だったころ、訪ねたい図書館の住所や行き方、わけのわからないヨーロッパのバスはどこから何番に乗ればいいのかまで調べていた。
南米に行ったら、治安やらいろいろ辛いだろうから、間違った食べ物を食べたら辛いだろうから、つらくもからくもなりたくないから、スペイン語を覚えなければ、アミーゴ、カラムーチョ!
それでスペイン語の勉強もはじめた。
だから妄想ではない。

アイロンもドライヤーも世界対応を買ったし、パソコンもマックブックにした。
コンタクトレンズもソフトの使い捨てを処方してもらえるよう整えた。
なぜ行かぬ。
でも妄想ではない。

さて、「こじんまりとしていていいですね」と来訪者に言われる某NGO団体に勤めてはや7年。
抜けられないんですよ、つっこんだ首を引けないの。
立派な会社にいたら、すぐにおさらばしただろう自分。
要は、仕事が好きなんだろうと思う、トホホ。イエローモンキー根性め!

そこで、考えた。
妄想ではない本番は、数年後まで、とりあえずおいておいて。
それまでに、資金をもう少し増やしておいて。

この夏は、都内で世界一周をしようと。
ええ、食べることで。
運よく今暮らしている東京都には、各国の大使館があって、各国のレストランがある。
ならば、このノートに書いてある国の料理と、ついでに、自分の計画では行けそうもないが行ってみたい国の料理を食べてみよう。

スタートは、来週。
戻ってくるのは、12月くらい、ということにして。

うん、あんな食べ物やこんな辛いものすっぱいもの、なんだか、やる気がもりもり出てきた。
こちらは妄想です。

最近の思考が食べ物よりなことは、重々自覚しておるので、そこはツッコミなしよ。