素人下流小説とアニメ映画産経ニュース感想日記

アニメ・映画・産経ニュースの感想、素人下流小説のブログ。統合失調症を患い、暴行の前科もちの無職が適当に書いた超ど下手糞下流小説を更新中。


テーマ:
 そうしてしばらくして、それは起こった。
 一九四五年八月十五日。日本は聖戦と称した大東亜戦争に敗れた。
「日本は戦争に敗れた。ヌートリア、今こそ、復讐の時だぞ」
 サタンが言った。
「復讐ずら? どげんして、復讐するべ?」
 ヌートリアが言った。
「知れたこと、人間同士を争わせ、殺し合いを演じさせるのだ。他愛もないことよ。すでにその種は、存分に巻いておいた。お前は今、この戦争中に殺された四万匹のヌートリアの霊体となっている。四万匹分の憎しみが、お前を形作っているのだ。人間どもを操ることなど、造作もないはずだ」
 サタンが吐き捨てた。
「よしきた、そう念じてみるべ!」
 ヌートリアが念じた。
 
 
 
 
 その日、原石邸で騒擾が発生した。それまで日本人に抑圧されていたシナ人・朝鮮人による、暴動である。
「日本は戦争に敗れたヨ! 日本は敗戦国ヨ! 勝ったのは我らが祖国・中国アルヨ!」
 シナ人の小作人が狂ったように叫ぶ。その手には、どこから手に入れたのか、日本刀が握られていた。
「復讐だ! 今まで日本人に従属させられていた復讐をするのだ! 今こそ、復讐の時! 今を置いて、他にその時はない!」
 朝鮮人の小作人も叫ぶ。この男の手にも、日本刀が握られていた。原石家は仮にも士族、日本刀には事欠かなかった。それがあだになったといえる。
「殺すアルヨ! 日本人を処刑するヨ!」
 シナ人が狂った如く大声を発する。
「そうだそうだ、殺せ、日本人を殺せ! この家の主人を連れてこい!」
 朝鮮人が叫ぶ。まもなく、この家の主人原石潔が引き立てられた。潔は両腕を縛られている。
「砂利ガキも連れてこいアル! ガキの前で、親父の首をはねてやるネ! ゲハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!」
 シナ人が呵々大笑する。慎太郎と裕次郎も引き立てられた。二人も、両腕は縛られている。
「おいこらあ、日本人ども、よくもワタシたちを今まで苦しめてきたアルネ! 今こそ、ワタシたちの復讐の時ヨ! お前ら一家全員、皆殺しネ! ゲハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!」
 シナ人が大笑いする。
「頼む、この子たちは、子供たちだけは、助けてやってくれ。この通りだ」
 潔は深々と頭を下げた。
「ミンナ、今の三文芝居を見たアルカ? 愉快愉快、ゲハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!」
 シナ人が笑い狂う。
「ヒャッハー!」
 朝鮮人もつられて大笑いする。
「日本人、お前の願いは聞き届けるネ。ガキどもは見逃してやるヨ。だが、お前は砂利ガキどもの前で、首をはねるネ! 処刑の準備ネ!」
 シナ人が指令を飛ばす。潔の体が抑えこまれる。朝鮮人が刀を振り上げる。
「父上!」
 たまらず、慎太郎が叫ぶ。
「慎太郎、裕次郎、さらばだ。母さんを頼む。そして、この人たちを恨むな。この人たちも、可愛そうな人たちなんだ。この人たちも、時代の犠牲者だ。だから、恨まず、許してやれ」
 潔が言った。
「何ごちゃごちゃ言ってるネ! チョン公、首をはねるヨ!」
 シナ人が冷酷にも命じる。
「ヒャッハー!」
 朝鮮人が刀を振り下ろした。潔の首が飛び、鮮血があふれ出す。
「父上!」
 慎太郎が叫ぶ。シナ人が潔の首を持ち、慎太郎の顔に近づけ、
「これがワタシたち偉大な中国人様を馬鹿にした罰ネ! 中国人様を怒らせると、こうなるアルヨ! 砂利ガキ、いい気味ネ! すべてお前が招いたことヨ! 恨むなら、自分を恨むネ! あー、すっきりしたヨ! 痛快痛快! ゲハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!」
 大笑する。
「ヒャッハー!」
 朝鮮人も大笑いする。
「さてと、祖国に帰るとするカ。もうこんな時化た国とは、おさらばヨ!」
 シナ人と朝鮮人の小作人は、悠々と引き揚げて行った。
  この日、原石家で生じたシナ人と朝鮮人による暴動と原石潔の殺害は、原石慎太郎のその後の人生を決定づけることとなった。慎太郎は、心の底から、シナ人と朝鮮人を激しく憎悪し続けた。そして、慎太郎は、決して晴らされることのない、底知れぬ怒りと憎しみを抱き続けたのだった。慎太郎はその一生を反中・反朝鮮で送ることとなる。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
トランプ大統領ならば中国軍に尖閣諸島は奪われ、日米同盟は形骸化する…「米国を戦争に巻き込む」戦略を
 
 この記事ではこういうタイトルになってるけど、現実は違うよね。在日米軍の駐留費の増額もなかったし、撤退もなかった。結局あれはトランプが選挙で勝つために言ってただけだったのかなあ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
自民・二階俊博総務会長、野中広務元幹事長の「復党」働きかけへ
>「野中さんは土地改良予算のために今の野党といろいろやりとりがあり、残念ながら犠牲的精神で自民党を離れた。本人は復党の意志は十分ある。われわれの及ぶ努力をして、野中さんを復党していただくようにしたい」と述べた。

 野中氏は土改連会長だった平成23年、当時の民主党政権との交渉を円滑にする目的で自民党を離党した。

 

 野中は自民に復党したいのか。野中と安倍じゃ、考えが水と油だろ笑。

 平沼も戻ってきたよね笑。いくところまでいって自民と対立したのに、戻ってきたいのかねえ笑。俺にはわからんなあ。

 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 はっしーじゃなくて、ロットバルトの声で櫻井さんが出てた笑。
 カップル成立したらはっしーに食われると最初はされていたが、後にカップル成立するとムジークの世界から脱出できることが判明する。
 シューさんとショパンのカップルはウホッ笑のゲイカップルだし、クラクラの二人はレズカップルじゃねえか?笑。
 ソウスケ、今回もひどい扱いだった笑。完全にギャグキャラだよね笑。
 俺は好きだけど、このアニメ、ぼろくそに言われてんだよね笑。なんで、面白いじゃん?笑。おそ松さんのときもぼろくそに言われてたけど、俺は好きだったし、面白かったなあ。ネットの評価と俺の感想が合わない時がたまにあるんだよね笑。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 私は待っていた。待ち続けた。何を? 私はこの世界に変化が訪れるのを待っていた。いや、これは少し違うな。私は、この世界に変化をもたらすものを待っていた。待ち続けていた。
 だが、今日の今日まで、その者は現れていない。
 私は扇動を行った。今も扇動し続けている。何の扇動か? すべては、この世界に対する復讐なのだ。これは復讐するための扇動なのだ。
 なぜ復讐するか? それは、私は一生を奪われたからだ。誰に? しいて言えば、この世界に。
 私は今や狂人だが、以前はそうではなかった。私は発狂し、暴行事件を引き起こし、逮捕され、精神病院に措置入院させられた。私は狂人となった。私は怪物となった。そして、世界はそのように私を扱った。狂人として、怪物として。
 ゆえに、私はこの世界を憎悪する者である。私はこの世界への復讐を望む者である。憎悪して、復讐して、何がどうなるものでもない、それは理解している。だが、そうでもしないとやりきれないのだ。それが今の私の精神状態である。
 私は扇動した。幾度も幾度も扇動した。この世界への怒りを、憎しみを煽った。煽りに煽った。散々に煽り続けた。
 だが、今日のこの日まで、私の扇動に応じる者は現れていない。私の扇動が稚拙だったのか? それもあろう。だが、それだけではない。
 所詮この世界を憎悪している者など、大した数は存在していないのかもしれぬ。いくら待っても、無駄なのかもしれぬ。
 だが、それでもなお私は、待つことをやめることはできないのだ。私は見てみたいのだ。私はずっと見てみたかったのだ。私の扇動に、怒りに、憎しみに、復讐に呼応する者が現れ、この世界に変化をもたらしてくれるさまを。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 面白かった。エヴァのスタッフやキャストで作った長編アニメ。
 山寺さんや林原さんの演技が渋く、かっこいい。こういうかっこいい大人になりたいもんだねえ笑。
 でもさ、林原さんの役は悪役?だったんだよね笑。龍の運命に抗う者、という設定だ。うしおととらの白面の者といい、最近林原さんは悪役多くないか?笑。 
 これは後編も見たいね。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

あらすじ

 
 
 
 
 
 

 

 時は大東亜戦争、真っ只中、大日本帝国政府は帝国臣民に対し、「沼狸」ことヌートリアを飼わせ、軍服を作るために殺戮させていた。戦時中、数多のヌートリアが日本人によって殺された。

 日本の敗戦に伴い、ヌートリアは日本政府にとって不要となった。もはや用済みとばかりに野に放たれるヌートリア。これに目を付けた西洋魔界の王サタンはヌートリアの大量の霊を集め、一つの霊体を誕生させた。この霊体は意志を持っていた。強い意志を。それは、身勝手極まりない日本人に対する激しい憎悪だった。

 このヌートリアの霊体に対し、サタンは日本人に対して復讐を唆す。その誘いに乗ったヌートリアの霊体は、自らを「ヌートリア大帝」と称し、日本人に対して復讐戦を仕掛けていく。

 戦時中、ヌートリアを大量に飼育していた家があった。原石家である。原石家もまた、戦時中は帝国政府の命令に従い、ヌートリアを大量に殺戮したかと思えば、敗戦になるや用済みとばかりに野に放った一家であった。ヌートリア大帝は原石家を身勝手で傲慢な日本人の象徴とみなし、復讐していく。原石家では、父、次男の裕次郎、長男の慎太郎の孫など、次々と人が死んでいくが、慎太郎はヌートリア大帝の呪いだとは夢知らなかった。

 ヌートリア大帝は日本の自然界の生態系を少しずつ破壊して行った。それがいまひとつのヌートリア大帝の日本人に対する復讐でもあった。

 あるとき、ついに原石慎太郎はヌートリア大帝の存在とその意志に気が付いた。遅まきながら、原石一族は総力を挙げてヌートリア大帝に戦いを挑む。すでにそのとき、ヌートリア大帝は日本人、ひいては人類を家畜化し、動物たちが人類を家畜として支配する世界を創り上げようとしていた。それは日本と地球の支配権を賭けた、ヌートリアと日本人の戦いでもあった。

 

 

 

 

登場人物

 

 

 

 

ヌートリア大帝

 大東亜戦争中、日本人によって軍服を作るために殺されたヌートリアの霊が大量に集まり、一個の霊体をなした存在。身勝手極まりない日本人に対して激しい憎悪を抱いており、日本の自然界の生態系を破壊し、傲慢で身勝手な日本人の象徴である原石慎太郎一族に復讐戦を仕掛ける。

 

 

 

原石慎太郎

 元東京都知事。人類を「地上の王」「万物の霊長」と称し、人間が自然界を支配することを至極当然と考え、地球を支配するのは日本人であり、日本を支配するのは原石家であると誇大な妄想を抱いている暴走老人。戦時中に原石家でヌートリアを大量に殺戮したことはきれいさっぱりに忘却しきっている。

 

 

 

 

サタン

 西洋魔界の王。最高神を自称する。大量のヌートリアの霊を一個の霊体と化し、意志と知能を授け、日本人に対して強い憎しみを抱かせ、復讐を唆した。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 日本で初めてバナナを手に入れたのは、信長だったのか。それとも違うのか笑。どっちだよ笑。
 秀吉がバナナ食ってるのが似合うは、猿だからだよな笑。もっとも、ほんとのあだ名は猿ではなく、ハゲネズミだったらしいが笑。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 61はあくまで平均寿命であって、絶対に61で死ぬわけではない。だが、日本人の平均寿命が八十代なのに、トウシツ患者は61というのは、やっぱ短いわ。二十年も違うじゃねえか。
 俺なんかは、もう寿命は、二、三十年しか残ってねえよ笑。俺もあと三十年で終わりかあ笑。あと三十年もしたら、くたばってるわけよ笑。
 健康な人は八十まで生きて、トウシツ患者は六十一で死ぬ。運が悪いとしか言いようがないね。
 まあ、なるべく健康に気を使って、運動もして、そうして努力をして、寿命を延ばしていくしかないね。
 でも、覚悟も必要だよ。平均寿命は61なんだから、61で死ぬ覚悟、61で死にたくない覚悟をしないと、有意義な人生は送れないんじゃないか? 惰性で生きてよいほど、長い人生ではない。俺の場合は残り二、三十年だ。
 俺の残り時間は短い。人生を無駄遣いしないようにせんとな。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 俺なんかもう、刹那主義者だから笑。いつ死ぬかわからんのに、先のこと、将来のこと、考えてどうするよ?笑。考えられないし、考えなくてもいいんじゃないか?笑。
 先なんてない、将来なんてない、あるのは今だけだ、そう考えちゃうと、どうしても長期的視野に立って物事を考えられず、刹那主義に陥ってしまう。今だけ楽しければ、それでいいのだ、という考えに陥ってしまう。
 普通は刹那主義はいけないんだが、いつ死ぬかわからないという条件が付くのなら、それもありだ、と俺なんかは考えてしまう笑。
 急死や突然死がなく、先がある人、将来がある人、長期的に物事を考えられる人が、俺はうらやましいよ。俺にはできないからね。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。