2012-02-15 23:20:04

気象庁からの2つのデータ

テーマ:気候変動-現在
 今月に入って、気象庁HPに2つの重要なデータが公開されました。

・海洋内部の水温上昇
これまでも、海洋の表面付近の水温については分析公開されていました。しかし今回は推進700mまでの水温の推移を示したものです。


上段:海洋表層の水温の経時変化
下段:水深700mまでの水温の経時変化(今回新たに発表された)
気象庁HPより。

 水は大気より熱容量がはるかに大きく、わずか0.02℃/年という上昇幅でも蓄積された熱量は膨大なものになります。
 0.02℃/年なんて測定誤差範囲なんじゃないか?という疑問を持つ人も多いかと思います。その疑問はもっともなものですが、水温測定は多数の地点で何度も何度も測定されています。測定回数が増えるほど測定の信頼度は高くなるものです。

 下段のグラフで藤色に網掛けされた部分は、「95%の確率で水温の推移はこの範囲内におさまる」ことを示しています。

・対流圏上部の二酸化炭素濃度の公開


上段:地表付近の二酸化炭素濃度の推移
下段:高度6kmの二酸化炭素濃度の推移
気象庁HPより。

 上空6kmでも、二酸化炭素濃度は着実に上昇を続けています。また、地表と同様の季節変化が見られます。
 大気(対流圏内)は十分に混合されているわけで、これはまあ当たり前の結果ではありますが、人類の活動が大気上層にまで強い影響を与えていることを示す訴求力のあるデータであると思います。
 改めてこのグラフを見ていて思ったのですが、全球平均の二酸化炭素濃度はあと数年のうちに400ppmという大台に到達します。その報道を、我々はどんな気持ちで受け取ることになるのでしょうか?


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

mushiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:横軸のせいでしょうけど

>タカ派の麻酔科医さん

水温だけでく気温も1980年頃を境にして昇温が加速しているように見えます。気温となかなかよい相関があるとも言えそうです。
別に直線近似でなく、二次曲線近似していいんですけどね。以前私もお遊びで書いていますが。
http://ameblo.jp/mushimushi9/entry-10733533468.html
気象庁の図は、100年で何℃海水温が上昇したかを論じているものですので、横軸が100年ちょっとしかないなら直線を引いたのでよい、ということでしょう。

1 ■横軸のせいでしょうけど

 海水温の変化が、1980年から急に大きくなっている様に思えます。上のグラフでみれば全体として右上がりでプラトーよりの時期からのグラフが下のグラフなのでしょうが、温暖化が実感できるグラフですね。
 ただ、1890年から直線で右肩上がりというのには違和感があります。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。