2011-02-27 22:58:05

竜王ごえツァー

テーマ:山スキー

         一度は辿ってみたかったクラシックルート



    志賀高原の焼額山から竜王山を越え野沢温泉へ、古き佳き時代の山スキー


    愛好者の世界へ・・・



    小林秀雄さん風に発哺温泉に泊ってカヤノ平まで辿れればベストだが、世知辛


    い現代では竜王スキー場からロープウェイ&リフトで頂へ届いてしまう ('-'*)


    日帰りツァーなので出発地戻りのため、小丸山スキー場を経て竜王帰着予定


    「竜王ごえ」だから竜王はスタートに非ず、先ずは出発点の焼額山へGO!


    今日のメンバーは久し振り?浪速恋しぐれ夫妻、昨日に続いてゆきむし夫妻


    とみやさんむらさん及び会のお仲間ヒロシさんY岸さん、企画者たかちゃん


    ガイドは小丸山スキー学校のK島校長・・と総勢11人の大所帯 (ノ゚ο゚)ノ



    昨日はアドベンチャー要素たっぷりのツァーだったが、今日はまったり系か!?




            撮影機材:Canon PowerShot SX1300IS





 (AT 9:26) 遅い出発だが早速文明の利器、動く歩道でリフト乗り場へ 背後は高社山、今日も快晴だ♪
ロフトで綴る山と山スキー-0227_0926





  文明の利器、クワッドがトラブルで動かず一本分ハイクアップ!
ロフトで綴る山と山スキー-0227_0938





  ロープウェイに乗り、最後もう一本のリフトで竜王山頂だが一気に高度を稼いでくれる
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1038





 (AT 10:44) 竜王スキー場トップ、いよいよツァーのスタート!
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1044



  やっぱ標識は味の有る木製が好いネ
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1046





  しばらくは平坦な山頂台地を進む、要所要所に下がる赤布は視界の悪い時に助かるだろう
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1056





  もちろん、こんなレトロな標識も在ったりする訳で・・・
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1057





 (AT 11:17) 焼額への鞍部まで滑り込んでシール装着
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1117





          竜王を背にゆるゆると登る、正にまったりツァーの趣 (・∀・)
        ロフトで綴る山と山スキー-0227_1128





      動画はシール登行の模様(後半は竜王への登り返し)

            

                    Youtubeで見る → クリック!





  シラビソの林が良い雰囲気を醸し出している
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1144





  もちろん、切り開きにも案内標識
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1145





 (AT 12:00) 広い雪原となっている焼額山頂台地到着 ヘ(゚∀゚*)ノ
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1200




  ここにはもっとレトロな看板 \(゜□゜)/
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1201





 (AT 12:07) 山頂と思しき場所から奥志賀スキー場トップへ、眼前に苗場~鳥甲さらに上越国境の山々
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1207



 (AT 12:20) 時間好し、ロケーション好し、天気好し!で早速ランチテーブルを造り 乾杯~v(^-^)v
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1220





  こちらは少々逆光気味・・(^_^;)
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1221





 (AT 13:01) 稚児池脇の鳥居で記念写真 :*:・( ̄∀ ̄)・:*:
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1301




 (AT 13:04) さぁ、竜王目指して戻ろう!
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1304



  焼額からシラビソ林切り開きを鞍部まで滑り込んで、再び竜王へ登り返し(動画は既出)
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1356





 (14:25) 竜王ゲレンデトップ、滑降モードに切り替え♪
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1425





 (AT 14:48) ロープウェイ山頂駅から竜王ごえがスタート、先ずはピステンの掛った下山ルート
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1448





 (AT 14:55) いよいよ本格的ツァーコースへ、未だ解放されていないがK島校長により許可を貰う ヽ(゚◇゚ )ノ
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1455





  こちらもツァーコースは切り開きで、古い看板もあるが文字は読めない (´□`。)
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1510





  両サイドに白樺林も在り、楽しい尾根コース♪
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1514





  開けた場所では眺望も利き、まだまだ高度感がある
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1516





 (AT 15:24) 名物「蟻の戸渡り」と呼ばれる痩せ尾根の降り、階段歩行でクリアする (ノ゚ο゚)ノ
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1524





  此処にホーローの看板、ニッポンビールって??(Wikipediaによれば1957年にサッポロと変わる迄の商標名)
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1526





  意外に長い階段降り (;^_^A
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1530





  降りきったら板を担いでの登り返し f^_^;
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1534






  白樺に喰われたホーロー看板、さくらフィルムは小西六写真工業(現在のコニカミノルタ)の商標名
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1601


      ※大學目薬、ニッポンビール、さくらフィルムと如何にも時代を感じさせる標識にホンワカ気分




       では、ツァーコースの滑り動画を


                Youtubeで見る → クリック!




 (AT 16:27) ようやく旧小丸山の廃止ゲレンデへ、辺りは夕暮の気配・・・
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1627





  次なる核心は急な細い尾根筋を降る、これまた長~い横滑り箇所 (・_・;)  
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1621




  出発地の竜王スキー場ボトムが見えた!
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1637




  最後は林道を流して・・・
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1635





 (AT 16:57) 無事帰着、お疲れ様でした~ (^_^;)
ロフトで綴る山と山スキー-0227_1654



   出発が遅く帰着は五時近くとなってしまったが、一度は辿ってみたかった山スキーのクラシックルート♪


   雪質の変化や、階段降り横滑り・・とプチアドベンチャー要素もあり中々面白かった o(^▽^)o


   案内して頂いたK島校長さん、企画者たかちゃん、そして一緒に周った仲間たちに感謝×2 (*^o^*)/~

                                                     ~お終い~


AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。