【福岡】子宝鍼灸・よもぎ蒸しの蒸しりんご♪(鍼灸りんご堂・よもぎ蒸しよもぎ庵)

福岡のよもぎ蒸し 自然派マクロビスイーツのお店【蒸しりんご】逆子や二人目不妊の方にはよもぎ蒸し!逆子はいつまで大丈夫なのか?逆子の寝る向きは?現役鍼灸師でもあるりんごがVBAC(帝王切開)のことや、逆子治療のことも書いた冷えや不妊に悩む女子に必見のブログ。


テーマ:
→子宝鍼灸2月から再開致します。
※妊婦さん(特に逆子)は随時受け付けしています。


----

おはようございます。
蒸しりんご店長のりんごです。

年末年始に妊娠出産に纏わる話が
たくさん入ってきました。

逆子になったとか、逆子が戻ったとか
妊娠したとか、出産したとか

そして、昨日は微弱陣痛が続き
なかなか生まれず

帝王切開のことも視野に入ってきて
気持ち的に追い詰められているという話も。


ああ、そう、その気持
すごくわかるなぁ

と、自分の第一子のお産をふり返り思いました。


初めてのお産。
やはりだれでも不安があるものです。

周りに頼りになり支えてくれる人がいたらいいけれど
不安で不安でたまらない時

あそこに行ったら癒しの場所になるよ
色んな励みをくれるよ
お産に対して前向きになれるよ

そういう場を創りたくて

このお店を開いた理由の一つでもあります。


それは、過去の、一人目のお産の前に
私自身にかけてあげたかった言葉。


妊婦さんは色んな人が色んな温かい想いで
サポートしてあげるくらいでちょうどいい。


出産前に不安になったら
とりあえず蒸しりんごに行こう
お茶でも飲みに行こう


そんなふうに気軽に行けるお店があったらいいな
そこには、専門的にも、そして経験的にも
話が出来る人がいるお店


そうやって自分の思いで開業したけれど
ウマイことに集まってくれたスタッフさんも

お産に関しては、いろんな経験の持ち主で
更には助産師の星子さんも居てくれて


思いはしっかり形になっていくものだな~と
思ったりするのです。


最終的には、妊娠出産は
養生論ではなく運命論だと思っているので

まさにお産前の時は
必死になって知識集めて
歯を食いしばって養生するのではなく


ゆったり構えて
今からくる運命の子を受け入れ
この世に送り出す

穏やかな気持になりに来て欲しいのです。


どうか、出産を控えた妊婦さんたちが
今日も穏やかな朝を迎えていますように。




■りんごの第1子お産のふり返り

①『お産のふり返り:母児緊急搬送

②『お産のふり返り:緊急帝王切開

③『お産のふり返り:退院

④『お産のふり返り:産後の想い
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。蒸しりんご店長のりんごです。

昨夜は、日本三大火祭の一つ鬼すべを
天満宮で見ました。

太宰府鬼すべ火祭


実はここのところ
新年早々ですが
ちょっと気力がなくて

なんだか無気力な日々だったのです。


本当は基本は、面倒くさがり屋なので
どうでもいい~となるのです。

けれど、日々の中でのいろいろな人の一生懸命さにふれ
感化されて、私もいきなければ!と奮い立っている

その持続が私の日常なんです。

正月休みがあったからか
ちょと無気力になっていたのですが
火祭の神事を見て、スイッチが入りました。


ということで、ブログ、書きます。


今年はしばらく
いろんなことを書いていこうと思いますが

書くにあたって、私の大前提の姿勢を書いておこうと思います。


というのも、色々なこと
特に伝えることをフォーカスしようと思って
記事を今年は書いていこうと思っているのですが

やはり人の考えは一様ではないので
色んな意見があります。

更に、文字という、言葉という限定された記号
その使い方によっては
誤解を招くこともありうると思います。

いや、あるでしょう。

それは、これまで頂いたコメントからもわかります。

ですので、極力
辺に人を傷つける事のないように

私のスタンスを書いておこうかなと思うのです。


たぶん長くなりますが、お付き合いをば。




基本的に、楽しく生きる
笑って生きる

これが一番だとおもっています。



ほどほどが良くて

その人にとっての調度よい塩梅
ほどほどラインを見つけて生きることが一番だとおもっています。



毒もウマしだよね
ダメってわかってることやるのって楽しいよね

そういうところに人間臭い喜びがあるとおもっています。


だからこそ、
『毒も美味し』と思えるための
日々の日常があるとおもっています。


そして、人間の、体の可能性を信じています。

そして、その体は脳の認識が多分に影響しているとおもっています。


だから、治療とは究極的には
脳の認識を変えることだとおもっています。
究極的には。


このはり灸という仕事をし
かつ、これまでの自分の歩みからは


私が語るべきは
何が“その人にとっての”自然なのか

その糸口を見出すお手伝いかなといますです。




私達が、いわば常識と思って

それが普通と思っていることが
そうではなかった。

というのが露呈されてきている時代です。





ややもすると強い言葉で
既存の認識、常識を批判したりされています。



ただ、私は
それは駄目だ!というスタンスではないのです。

良い、それが常識、普通というわれるものに対して


そうではない、という意見があるとして



ダメ出しや、問題提起はだれでも出来る。

ダメ出しするなら、
代替案や解決策、別の提案

そういったものも同時にすべきだと思います。

むしろそここそが重要だと。



予防接種、ワクチンを例に取ると


私もそうでしたが
ワクチンは特効薬的な良いものである

そういう認識がこれまでの普通だと思います。


だから、多くの人が
良いか悪いか考える前に

そういうことを考えるまでもなく
言われるがままにあまり深く考えずに、


大病したくないから打っておこう


そう思っているのではないでしょうか。


そこにはやっぱり医療はスゴイ
ワクチンで大病は防げるという思想が
根本に出来上がっていますよね。




そして、少しずつ
ワクチンは悪い!有害だ!という声が上がっている。

今の時代は、それなりに情報が出ているので


そういった批判的な声に対して


初めて聞いた!と驚く人

前からきいていたけど、どうしていいかわからないと悩む人

既にその話は聞いて、自分なりのスタンスができている人



様々です。
でもおそらく、まだ聞いたことない!という人も
多いと思います。






私は、悪い!とはいいません。

し、

悪い!というならば

既にそんな『悪い』ワクチンを打ってしまった人はどうすべきか
病気になった時にどうすべきかを伝えるべきだし
それでは、病気にならないようにどうすべきかを伝えるべきだし



そこまで、そここそ、伝えるべきだと思うのです。


良いという常識があり
そうではないかもという意見があり

きっと知れば知るほど迷うものです。

じゃあ、自分なりの結論をどう出すか。

その結論を引き受けて生きる。


そうやって自分の人生を引き受けて生きねばなりません。




けれど、これまでのこの国の体質からしても
隠ぺいする力、利益至上主義の力
メディアのあり方からしても


負になるであろうことは表に出てきにくい。


そして語る人も少ない。


だからやっぱり、そんな話知らなかった!という人も
まだまだ多いと思うのです。


それで、私は
自分は知っている話だけど


正直、それでいいかなとおもっていたのです。
自分が知って、自分のスタンスができていればと。


最初に書いたように、本来面倒くさがり屋なので

もう、私は目の前の患者さんの治療だけに
集中し全力投球、それが私の誠意でいいかなと


これまではそうおもっていたのです。
それぐらい、治療がいっぱいいっぱいだったというのもありますが。


でも、こういう話は
有名な人が有名な講演会ではなすというよりも


気がついた人が、その人のコミュニティの中で
少しずつ話し、共有していく

そういうたぐいの話だと思うのです。



そう思った時
私は語るべき側にいると自負したんですよね。



良いという話も
悪いという話も

科学的根拠ということを求めるならば

どちらも同じように科学的根拠はないといえるのです。



良いという常識を普通として
疑ったこともなく

アンチ!な話すら聞いたことがない人がいる。


聞いても、『悪い!』とだけ聞いて
かなり行き詰まっている人もいる。


大切なのは、両方の見解を知り
自分の立ち位置をどこに置くのか。



東洋医学もまた科学的根拠の最終着地点を得ていません。


しかし、おそらく最先端医学の
不妊治療、再生医療もまた

試行錯誤で治療は組み立てられています。



東洋医学の人間であり
また、気がつけば国内初のよもぎ蒸し
国産ブランド創始者としても

自分自身の生きてきた経験値からも


私は、コチラ側の意見を
伝える側にいると思うのです。


これが絶対にいいというのではなく
こういう話もあるんですよ。

そのことを知った上で、どう行動するかは
あなた次第ですよと。


そして、私は基本的に
性善説のもとに生きています。

だからこそ、何でも初期の人間の行動は
良かれと思って始めたものだと思うのです。



その恩恵を受けた影で
人工物であることの宿命として
歪が生じた。

それをどう引き受けるか。



人工物に振り回されるのではなく
人工物を使う側の人間がしっかりしなければならない。



紙ナプキンにしても

おそらく開発当初は

忙しく社会進出する女性にとって
とても便利なものとして

女性に良かれと思って作られたと思うのです。


私は約8年くらい布ナプキンを使っていますが
究極的にはどっちでもいいとおもっています。

つまりは、使う側の人間の意識、体次第であり
そこが問題なのです。



ものは総て使い方次第だと思うし

使う側の体の意識の問題だと思うのです。


使う体の意識ができていたら
どちらを使おうと大丈夫です。


ケミカルナプキンの素材という
絶対的なものの違いはありますが


重要なのは使う私達女性の
体、意識の感覚が衰えてしまっていること
そちらこそが怖いことだったりします。




だからこそ、大切なものは


やっぱり多少どんな毒を入れても問題ない
ベースの強い体作り


はっはっはっ!といえる元気な精神力


一緒に笑い合う仲間です。



ということで、私は
わたしにできることの一つで

私が知りうることを伝えるということ

そして、やっぱり精神、体のあり方
強く負けない、笑える生き方の出来る

体、心を作るお手伝い


していきたいなとおもっています。



だから、面倒だわ~なんて言わず
頑張ってこのブログにも書いていきます。




ただ、人はその人がどんな状況下によって
受け取る情報の響き幅が違います。


いわば、健康の猛者が聞くのと
病弱で、常に病気と隣合わせの方が聞くのは

響きが違います。


多くの人が読むブログである以上
言葉が人を傷つけることもあると自覚して


言葉を選んでいきたいと思います。


ということで、改めて今年もよろしくお願いします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは
蒸しりんご店長りんごです!

私が『蒸しりんご』を開いた理由は

『あそこのお店に行けば安心して相談できる』

という女性の方、特に妊婦さんや逆子治療
二人目不妊等で悩んでいる方の憩いの場を
作りたかったからです。

これには、私の鍼灸治療家としての
経験に基づく大きい背景があります。

私は今まで、主に子宝希望の望妊(不妊)の方の
鍼灸治療をうけおってきました。


鍼灸院を開業したのが約12年ほど前。

当時から、『女性のための駆け込み寺』となるような
地域の治療院作りを目指してはいましたが
特別に『不妊専門』というわけではありませんでした。

ですが当時、

『ネットで調べていたら不妊治療に
鍼灸治療を併用すると効果が高いと知りました。

近くで鍼灸院を探してみると
コチラの治療院がヒットし

女性の先生だからあんしんだと思ったんですが
不妊治療を受け付けていますか?』


と問い合わせがありました。

その当時、不妊カップルはおおよそ
10組に1組と言われていました。

情報としても今ほど不妊情報サイトや病院ランキング
個人の不妊体験談などを綴った不妊ブログ・日記なども
多くはなかったように思います。

そういう背景もあり、
なかなか不妊治療の鍼灸院を探しても
見つからず、当院がヒットしたのだと思います。

が、その頃の私は

出産はおろか、結婚さえしていない・・・

いわば、不妊と言われてもその状況
悩みの深さが本当の意味でわからないだろう

まだまだ若すぎる私が
心底患者さんに寄り添えるのか

そんなふうに心配になるような
単なる若い女の子でした。

ですので、そのお問い合せをされた方に
正直に答えました。

『確かに、鍼灸治療は不妊治療に効果があると
データでも出ています。

私自身も、勉強はしてきていますが
当院は不妊治療に特化しているわけではなく
また、開業して日も浅いため
臨床経験が豊富というわけでもありません。

ですので、安易にお受けするわけにも行きませんが
お受けすることになれば
私なりに全力で治療をさせて頂きます』


そう説明させていただくと、この方は

『他に当てがあるわけでもありませんし
やはり、私は男性の先生は苦手なので
是非お願いしたいんです。

また、今回体外受精を控えているので
体に良いと聞いたことは全て試したいんです。

是非よろしくお願いします。』


とおっしゃっていただき
この方が通院されることが決まりました。

この方は、すでに体外受精の計画が進んでいる方で
結果的に最初の体外でお子さんを授かり

その後、第二子に向けての体つくり
そして妊娠、出産までケアさせていただきまして
私自身もたくさん学ばさせて頂きました。

そうやって、この最初の一歩が
今につながっているといっても過言ではありません。


それが私の最初の不妊治療の患者さんだったのですが
その後12年たった今の社会は、

かなり不妊治療をされている方も
増えていると実感します。


実際に統計的にも10組に1組というのが
今や7組に1組の夫婦が不妊と言われています。

不妊に関する情報サイトも多いですが
それだけ、治療に対してオープンになったというのか
それともやはり実際の数が多くなったということなのでしょうか。

ちなみに日本は最高数の不妊患者数と言われています。

もちろん、不妊の原因でやはり社会構造として
晩婚化、晩産化が進行しているので
男女とも夫婦高齢であるがゆえに子宝に
恵まれないという方も多いのは実際だと思います。

不妊症の方のケアをさせていただいていたので
当然の流れとして、その後、妊娠された妊婦さんのケアも
させていただいていたのですが

ここ数年は
たまたま、妊婦さんとして、例えば逆子などで
初めて来られる方の中にも

不妊治療、特に体外受精の末に妊娠したんです
とおっしゃる方のご来店も今や珍しくないです。


一人で抱え込んでいた、という人が多い昔に比べ
まだ交流があったり、不妊仲間や友人がいて
情報交換、交流をしている人も増えているようです。

あからさまに語る内容ではなく
とても個人的でセンシティブな内容ですが

だからこそ蒸しりんごが

『みんなの不安な気持ちに寄り添って
大丈夫ですよ!って思ってもらえる』


そういうお店になればいいなと思っているのです。

よく言われるのですが

「鍼灸だけをしていた方が、儲かるんじゃないですか?」

という質問。

確かに、鍼灸治療だけをしていたら
予約がいっぱいで、不妊治療を希望する方を
ずっとお断りしなければならない状況が続いていました。

その時いつも思っていたんです。

この状況は、お店の経営的にいいのかもしれない。

だとしても、

治療後予約を希望されている方
しかも不妊で深刻に悩んでいる方
その方をお断りする、待たせ続ける状況は
なんとか改善しなければならないと。


とはいえ、私の体は一つ。限界があります。

また、鍼灸治療にこだわりがあるからこそ
簡単に他の鍼灸スタッフを雇うということも
私の気質ではできませんでした。

けれど、開業して3年目程から取り入れた
よもぎ蒸しの効果を実感していましたから
必ずしも不妊治療に鍼灸だけが良いわけではない。

治療を望まれている方々は
ストレスやメンタルの影響もかなり強いので

もっと広くケアできる状況を作りたい
一人で抱え込んでつらい状況の方に
寄り添いたい


そういう流れにより、今のよもぎ蒸しメインの
形にしたのです。

そして、

そんなお店があれば、私自身も行きたかった。

で、ないから自分で作ろう!と。

このように心の奥深くにはメラメラと
熱いメッセージを持っているのです!!

今では、私のこの想いに賛同してくれて
すばらしいスタッフ達が『蒸しりんご』
を支えてくれています。

私を含めて、スタッフ全員に共通している事は

子育て経験者である

ことです。

現在進行形のスタッフもおりますし
中には助産師のスタッフもおります。

妊娠中の悩みはもちろん、産んだ後のこと
女性としての悩み等、一通り経験してきたので
とっても頼りになる存在です。

実際に来店されているお客さんからは

「病院では教えてくれないことを
たくさん聞けてよかったです。」

「何をしたらいいか、なんでそうするのか
すごくよくわかりました!
来て本当に良かったです。」

「いろんな人の不妊情報が聞けて参考になる」

「やっぱり人には話せないので、こういうところだと
安心して話ができる」


という感想をい頂いております。

基本的には、予約制となっていますが
当日予約も承っています。

「急に、ブログ読んでたら行きたくなったんですけど・・・」

そんな時でも、気軽に092-595-8181まで
お電話下さい!

よもぎ蒸しをしている時間は40分程度です。

普段、一人で色々と悩んでしまっている妊婦さんや
子宝を希望されている女性の方達に

心からリラックスして頂きたい40分

だと思っています。

是非、一度『蒸しりんご』にお越し下さい!!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

今後も、寄り添う気持ちを第一に
妊娠への、子宝への架け橋となる
お店作りを目指します。

最後まで読んでくださりありがとございます。

------------------------------------
体の芯から女性を癒す場所
よもぎ蒸しサロン『蒸しりんご』
ご予約のお電話はこちら
092-595-8181
お問い合わせ・ご予約のメールはこちら
info@mushi-ringo.com
大野城市つつじヶ丘1-1-18 ソシアつつじヶ丘1階
お気軽にお問い合わせ下さい♪
------------------------------------
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。