いつも倹約しんちゃんを読んでいただきありがとうございます。

毎週投稿日が遅れて・・・

「投稿する曜日を変えた方がいいんじゃないの?」

って声が聞こえてきそうですが、とりあえず毎週土曜日と言うことで宜しくお願いします(笑)

現在、仕事のほうで基幹システムの立ち上げをしていまして、毎日消化する仕事以外の業務でパソコンに向かう時間が増えています。

立ち上げるのは大変ですが、運用されればエンドユーザーの作業負荷は確実に減るので頑張っているところです。

今まで使用してきた基幹システムの通信端末が旧機種で代替え機が無いことや、システム自体のカスタマイズができる社員が誰も居ないという理由で更新します。

エンドユーザーといっても同じ職場の同僚のことを指していて、残念ながら全ての同僚が待ち望んでいないということです。

これまで何年も繰り返し作業していたことが変わるので、その変化が望まれていないのです。

この状況によく似た状況を書いている書籍があって、全ての方にいろんな形で訪れる状況なので機会があったら読んでみてくださいね。

 

 


今回は部品の探し方から調達方法までをご紹介させてもらった記事の続きです。

 

割れた水栓パーツの交換
 

大分県の実家の水栓の吐出口先端パーツをネジ止め固定している部分が割れてミストが吹き出していました。

先日、amazonで注文した部品が届きましたが、私が注文したことで一時的とは思いますが売り切れました。

需要も少ないので在庫が補充されるのかは注目したい部分ですが、実家の水栓は次の機会で更新しようと思っています。


こちらが実際に実家に届けられた吐出口先端部品(PZK66C)です。

 


 


先端の部品だけだと思っていましたが、劣化しやすい消耗部品としてゴムが原料のOリングの他、バックアップリングやビスなどの劣化しにくい部品も一式入っていました。




交換作業はクロスネジを緩める#1のプラスドライバー1本で交換できます。




形状が若干異なりますが、ちょっとかわいくなっていますが取り付け部分の形状は同じです。

 

 



頻繁に分解する部分ではないので、この機会に掃除をしてから新しい部品を取り付けます。

 



部品交換よりも掃除の方が時間がかかったのですが、今回の交換であと十数年は大丈夫だと思います。



次回は先月、北九州にある東芝修理センターで受け取った新品のLED照明器具の交換をご紹介します。

こちらも器具の接続部分の設計が良くなっていて、交換作業が簡単に出来るようになっています。

問題になるのは「高所作業」で「器具が大きい」ことです。

家の中のいろんなものが自身で簡単に交換できるようになったのは、設計された方の努力のおかげですよね!

 

 

 

[バックナンバー]

割れた水栓パーツの交換

 

 

 

 

 

AD

いつも倹約しんちゃんを読んでいただきありがとうございます。

昼と夜の温度差が10℃を超える日が多いですが、体調を崩すことなく元気にお過ごしでしょうか?

私は普段以上に真面目に仕事をしてしまい、お風呂が沸くのを待っている間に寝てしまっている毎日で投稿も遅れてしまいました。

このブログでもご紹介させていただいた電子メモ「ポメラ」を使って、細切れ時間を利用して記事を書き進めています。

 

KING JIM デジタルメモ「ポメラ」機動戦士ガンダム ジオン軍モデル [購入編]

KING JIM デジタルメモ「ポメラ」機動戦士ガンダム ジオン軍モデル [部位解説編]

KING JIM デジタルメモ「ポメラ」機動戦士ガンダム ジオン軍モデル [本機設定編]

楽天市場で「ポメラ」が値上げ?

 

 


その細切れ時間を合わせても、毎週土曜日の投稿日に間に合わない事が多くなっているのも問題です。

行動管理方法を見直す機会だと思っていますが、そんな時間も確保できないで居ます。


今回は約10年ぶりにパトカーに停車を求められたお話です。

 

 


最初にお話しておきますが、止められた理由は所持品の検査でした。

それ以外に標的にされたと思われる理由を添えながら続きを書きたいと思います。


大分県の実家に帰る途中で福岡県警のパトカーに止められたのですが、時間は23時を過ぎた頃で道路脇に隠れているパトカーの存在は認識していました。

普段はもっと遅い時間に移動するので、この時間帯は車のスピードは車任せにしてゆっくり走ります。

PIVOT社製のオートクルーズ機能付きスロットルコントローラーを車に取り付けているので、この機器に走行速度を設定して一定速で走っています。

スロットルコントローラー

 

 

 



一定速に設定して走行する理由は、夜中の運転は知らず知らずのうちに速度が上がりやすいからです。

周りが暗くて歩行者も居ない時間帯なので、周りの車の速度に釣られて走ると法定速度を超えてることがあります。


このスロットルコントローラー(スロコン)の弱点は加速制御はできるのですが、減速制御はアクセルオフしかできません。

よって、減速はドライバーの操作が必要になりますが、ブレーキを踏むとスロコンの安全装置が働いて加速制御が解除になります。

私のは旧式なので、スロコンの制御が解除になるともう一度速度設定をやり直すことになります。

そういった面倒な部分もあって、極力ブレーキを踏まない運転をしています。

減速したいときはシフトについている「S」のマークの入ったボタンをして、「スポーツモード」に切り替えて減速しています。

この「スポーツモード」への切り替えによる減速効果は車種によって異なるようで、私のもう1台の愛車ラパンでは減速効果がほとんど得られません。


話がいつものように脱線しつつあるので話を戻しますが、今回考えられるパトカーのターゲットになった理由がスロコンの減速効果にあったと思います。

私がパトカーの存在を確認したときは特に運転操作に変化はありませんが、長い下り坂を走行していたときでした。

先ほどの無駄と思える前書きにもありましたスロコン制御の解除を避けるために、スポーツモードに切り替えて減速しているところでした。

たぶん、この減速タイミングが遅かったのか、パトカーのお巡りさんには走行速度がちょっと速いと判断されたのかもしれません。


もうひとつ考えられる理由は車載している荷物の多さにあったのかもしれません。

ただ、夜中で車窓からは見えない高さに荷物を載せていたので、止められた後の職務質問時に不自然と思われたのは確かだと思います。


パトカーに停止を求められたときは、マイクで何かを言っていても何を言っているのか全くわかりませんでした。

パッシングされてようやく私のことだとわかったので、広い場所まで移動しました。

片側一車線の狭い道路で停車させようとしていたようですが、夜中でも車通りの多い道なので広い場所までしばらく走行しました。

車を停車させて警察官がこちらに来る前に免許証を持ってパトカーに駆け寄ると、警察官の方がビックリした様子でした。

パトカーに止められて警察官がこちらに来るまで車内で待つというのも無礼な話なので、こちらから駆け寄って止められた理由を尋ねました。

止めた理由は、車内の荷物の検査を行いたいとのことでした。

警察官「お急ぎですか?」
私「実家に帰省するだけなので急いでいません」

ここでは書けない意外な雑談もあって、私の素性がわかったところで荷物の検査が始まります。

本当に荷物の検査が目的なのか疑問に感じたので、見るべき場所を教えるように徹底的に荷物を出して中身を見せました。

警察官「引っ越しですか?」
私「実家に帰省するときは、いつもこのくらいの荷物になります」

荷物の多さと工具箱から沢山の特殊工具が現れたので、警察官も唖然としていましたがひとつひとつ説明しながら見せていきました。

せっかく止めてくれたので、ここぞとばかりにタダでは終わらない倹約しんちゃんです。

最後には・・・

警察官「もうイイです、もうイイです!(汗)」

この日は頼まれた修理をするための工具が沢山あったので、私の意外な素性を知らなければ完全にクロだったかもしれません。


この一件を福岡県の職場の同僚に話すと、私が止められた路線は頻繁に荷物検査で止められるそうです。

薬物売買のルートになっている路線のようで、警察官は怪しい薬物を所持していないかをチェックしたかったようです。


警察官の方から結構な時間を奪ってしまいましたが、終始丁寧なご対応で好印象でした。

最後には私が道路に出るのに誘導してくださって、手は振りませんでしたがお別れしました。

 

 

 

 

 

AD

いつも倹約しんちゃんを読んでいただきありがとうございます。

以前、このブログでご紹介した「イオンスマートクラブ」が10月31日にサービスを終了しました。


WAONポイントの交換可能ポイントが変更
「イオンスマートクラブ」で電子マネーWAONゲット!

貯まったポイントは100ポイント単位の交換となり、11月7日までという短期間でポイントが失効になります。

この記事を投稿した3日後までなので、お早めに交換手続きをお済ませください。

私は合計で2700WAONを手にすることができましたが、残念ながら95ポイントが交換できずに端数で残ってしまいました。


今回は実家に取り付けていた初期不良のあったLED照明器具のお話です。

 

写真を掲載したかったのですが、googleドライブの不調で実現できませんでした。

 

最近、ネット絡みの不調が連続していて本当に困っています。

 


長寿命を売りにしたLED照明器具も、回路を構成するほかの部品が壊れてしまえば機能しないお話は以前にも書かせてもらいました。

家電の「LED化」は急ぐ必要があるのか?

お約束のLED電球分解写真
 

LEDの素子自体は確かに長寿命ですが、コンデンサーや抵抗器などの素子は長寿命ではありません。

組合わさって機能している機器がほとんどで、ジェット機も機体を構成する部品に不具合があれば運行できません。


今回、私が修理に出した東芝製のLED照明器具で、不具合を問い合わせたままになって放置していました。

放置した原因は私に強い気持ちが足りなくて、県外転勤などを理由にずっと先延ばしにしてきました。

福岡県に転勤して2年が過ぎて、仕事にも慣れてきたところで社宅内の片付けも兼ねて修理を依頼しました。

東芝の修理センターに直接持ち込むように指定されたので、北九州にある修理センターに行ってきました。

車で数十分の距離にあるので、距離の近さも私の背中を押したのだと思います。

修理に持ち込むと修理着手金のようなものを請求されて1,080円を支払いました。

この費用は修理をしたときには修理費の一部に充てられますが、修理できなかった場合などは修理手数料として結局戻ってこない費用になります。

人手がかかっているので理解できる部分ですが、今回は初期不良でどちらかというとクレーム寄りの持ち込みでした。

もっと早く持ち込めばこんなことにはならなかったのですが、購入して何年も経てばさすがに厳しいですよね。

この時点で修理費が有料でも直ればイイと考えていたので、不具合機器の調査結果を待つことにしました。


数日後、電話で結果連絡があったのですが・・・

受付担当者「不良になった交換部品の入手が困難なので、修理費同等の金額で新品商品をお渡しできますがいかがでしょうか?」

私「金額はどのくらいになりますか?」

受付担当者「3万円に消費税となります」

私「修理に出した照明器具を買ったときの金額を超えてますよ!?」

受付担当者「はい・・・念のために確認なのですが、お買い上げ時期はいつですか?」

私「持ち込んだときにもお伝えしていたのですが、2013年1月です。」

受付担当者「保証期間が5年ありますので、無償修理扱いにできるか確認してみます。」


私は元々そのつもりで修理に持ち込んだのですが、担当者が状況をよく理解していなかったようです。

実家のどこかで行方不明になった保証書が無い状況なので、強気で行けない部分はありました。

受付を担当のしてくれた女性の実力なのか・・・

受付担当者「保証書はありませーんって言ったら審査に通っちゃいました(笑)」

ということで、修理に持ち込んだ器具よりもワンサイズ大きい10畳用の新品を受け取ることになります。

 

amazonでは3万円もしないんですが、まあいいでしょう。

 

でも、ここのレビューを見ると「リモコンが付属しない」といった情報もあり、実家で開けてビックリとなりそうな予感です。

 

 


そして、休暇に合わせたかのように電話がかかり、その日のうちに新しい照明器具を受け取りにいきました。

預けた形なっていた着手金も無料修理ということで返金され、受け取り手続きをしました。

私が用紙に記入をしていると、受付の女性が段取りよく商品を運んできてくれたのですが・・・

私のすぐ真横で思い切り音を立てて転倒させました。

受付担当「あ・・・何か不具合がありましたらご連絡ください」

大分県の実家からここまで持ってこなくては行けないのかな?って思ったりもしましたが、この方のおかげで今回のような良い結果で終わることができるハズです。

次の実家帰省で元の場所に取り付ける予定ですが、動作確認ができるまでは心配でなりません。


こんな感じで一件落着となりそうですが、何事も先延ばしにせずに迅速な対応が必要であることを改めて学びました。

とはいえ、私の中で優先すべきことが沢山あったので、結果オーライで反省することは無いと思います(笑)

 

 

 

 

AD