社会・環境と健康8番

こんにちは

社会・環境と健康の8番の問題です。

 

8.睡眠に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ

 

(1)年をとると、早寝早起きの傾向が強まる。

(2)休日に「寝だめ」をすることで、睡眠リズムを改善できる。

(3)飲酒は睡眠の質を高める。

(4)レム睡眠の時には、骨格筋は緊張している。

(5)睡眠時無呼吸のある人は、高血圧になりやすい。

 

正解は、(1)と(5)です。

 

(1)年をとると、脳の機能が弱まって覚醒と睡眠のどちらも長く維持できなくなるそうです。

(2)睡眠は脳を休ませることでもあり、ためて寝るのはよくありません。また、休日に寝だめをすることで逆にリズムを崩すことになると思います。

 

(3)飲酒量にもよると思いますが、一般的には質が悪くなると考えられます。

(4)骨格筋は弛緩し休息状態になっています。

 

(5)睡眠中の呼吸障害が長期にわたり、無呼吸によるストレスで交感神経の緊張が長く続くと、高血圧や心疾患などになる危険性は高くなります。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

AD