合図

テーマ:


先日仕事で、とある工場にシステムチェックに行った。



県内でもトップクラスの規模を誇るその工場は、


厳重な警備体制で人の出入りを監視している。




海に面している為、国外からの不法侵入を防ぐ意味もあるのだろう。


そのため、その工場専用のIDカードがあり、


乗り入れる車両も、会社の社有車を登録してある。




その工場に入るのは数ヶ月ぶりだ。




入場するとき、IDカードと車両登録カードを、門番の方に向けて見せる。


この瞬間、ちょっと緊張する。


悪いことをしているわけでもないのに。




門番の方は、こちらに行って良いと合図をくれる。


無事通過だ。




僕は、当然のことなのだが、


何故かホッとしながら、車両を中へと移動させるのだった。






一通り作業を終えた後、荷物を整理し、車へと戻る。


あとは帰るだけだ。





キーをまわし、エンジンをかけ、


また、工場の入場ゲートへと向かう。




しばらく走ると、ゲートが見えてきた。



よしよし、、、またIDカードを・・・



・・いや、ちょっと待てよ?




この工場、出るときは、IDカードを見せるのではなく、


門番に対して合図を送るんだったな、そういえば。




あれ?


合図ってなんだ?


どんな合図だ?




何か、手で仕草をするような記憶がある。


しかし、それが何だったか思い出せない。




その間にも、車はゲートへと近づく。




やばい、このままじゃ止められる。。


なんだ・・・なんだっけ。。




そうだ!これだ!



思い出したとき、ちょうどゲートへとさしかかった。




僕は満面の笑みと共に、親指を立て、それを門番に見せた。


さながら、あのAAのように。








門番は、そんな僕をいぶかしげに見つめたあと、








OKマークを手で作った。







それを見て、全てを思い出した僕は、


作った笑顔を引きつらせながら、ゆっくりと車を発進させたのだった。







課長ごめん。


あの工場から怒られたらそれは僕が原因です。

AD

コメント(12)