メインHP   TOPページからのエアシティリンクがおかしいです

そのうちに直します エアシティページ  

そうね「トリプル」なページも作らないとね。。


髪型はどうなったのか。。

トリプル 出し惜しみなのかニュースが聞こえてこなくて寂しいです



ユン・ソクホ監督のドラマ「フィーリング」

出演していたソン・ジチャンがユニット「The Blue」を14年ぶりに再結成して

ミニアルバムを発売したのですが IS SPORTS(韓国語)  


バラエティ番組に出演した際に「フィーリング」の裏話をしたようです

ジチャンは企画段階から参加しており

3男ははじめ 歌手でもあるキム・ウォンジュン(写真)

あらいい男


News of Lee-Jung Jae


をキャスティングして 一緒に主題歌を歌おうと思っていたようですが

ウォンジュンが降りてしまったので

誰にしようかと KBSのロビーでスタッフと話していたら

ジョンジェが通りかかったので

「最近どう?」 と聞いたら

「あまり仕事がなくて。。」と答えが返ってきたので

三男にキャスティングしたと当時のエピソードを話しました

Newsen(韓国語)


実力だけでなく いい作品に出会う運もないと成功できないですよね。

ここ数作品はヒットとは言い難い結果で

今回こそは!と燃えているはず

(なら髪型も。。以下省略)

AD

海外で話すということ

テーマ:

高校が英語に力を入れていたので 映画が好きだったので

mさん程ではないですが 英語は得意です。

恋愛映画位なら字幕なくてもケンチャナヨ 

海外で困らない程度ですかね。。



そんな私を頼りきった夫は

新婚旅行は 飛行機とホテルのみをセレクトしました。

イギリスでは 電車とバスを乗り継いで セブンシスターズという白壁の断崖絶壁を見に行ったり

フランスに行く際に 入り口が空いていたので

ユーロスター(イギリスとフランスを結ぶ高速鉄道)ホームに入って

警備員に検問された時も (開けていた方が悪いと思う!) 問題なく旅を続けていたのですが


フランスで おされなレストランで食事をしていた時

夫がギャルソンに フランス語で 「とてもおいしいです」的なことを言ったのです

夫は フランス語話せません。

ガイドブックの最後部分にある お役立ち一言 的なのをがんばって覚えて使っただけなんですが


その一言でギャルソンの顔つきが変わったんですよね

ちょこちょこ声をかけてくれるようになって (英語だったので また私の出番でしたが)

最後のデザートまで約2時間半 忘れることの出来ない素敵なディナーになったんです。



世界共通語の英語が話せれば何とかなる と思っていた自分は反省して

それからの 海外は 最低でも「こんにちは ありがとう おいしいです ごめんなさい」

を覚えていくようにしています。



英語以外の語学も興味があったんですが なかなか。。(中国語1回挫折してます)

ジョンジェを好きになった時に チャンスだ!と思って勉強を始めたんですが

お恥ずかしいながら 同じところをぐるぐる回っているだけで進歩していない気がします。


が 「フィーリング」のボート場での おじさんとのやり取りや 受けた親切

「オーブラ」のホテルまでの道のりや 部屋の交渉 など

を考えたら 勉強して良かったかも! と思います。

(大したトークもしていませんが)


韓国行かないし。。ロケ地行かないし なんてなんて思う人もいるかもしれませんが

ジョンジェの日本未公開の作品や 新作のセリフが少しでもわかれば

楽しいと思いますよ 

ジョンジェニュースがない時に またこんなトークするかも です



動画 韓国映画のよくある風景(韓国語)

(画像下 TVマークをクリック)

ジョンジェ作品共演者がちょこちょこ出演しているし 

「あるなぁこんなシーン」と1粒で2度楽しめる動画です

AD

4日目 3作品まとめて

テーマ:

レストラン宮 が「ラスプレ」 「情事」のロケ地でしたが

ここは3つのロケ地


まずは

「インタビュー」でダンサーの長髪男性がインタビューを受けている場所


inntabyu-


そして 「フィーリング」で

長男がユリと友人を連れて出かけた先 


フィーリング マロニエ公園2


ユリが迷子になり 体育座りしていた場所


フィーリング マロニエ公園1



「若い男」でお金持ち夫人とデートする場所



若い男 マロニエ公園1


人ごみでわかりにくかったですが ビールを飲んだのはこんな場所?



若い男 マロニエ公園2



ジョンジェが元オーナーだった?

大学路のイルマーレも同じ駅

別方向に30分歩けばイルマーレ ウンジュのマンション


ついでに言うと「HappyTogether」のチョン・ジヒョン ライブハウス

「猟奇的な彼女」レストラン  「フーアーユー」待ち合わせ停留所

「フレンズ」デート場所 などなロケ地の宝庫です。



恵化駅


駅中にも外にも舞台のポスターがびっしり張ってある 演劇の街なのでした。

AD

3日目 フィーリング2

テーマ:

ロケ地めぐりって 本人もいないのに 何が楽しいかというと

探す面白さ 実際に訪ねて存在した喜びもありますが

普通の観光旅行では行かない場所に行ってしまう事

そこに行くまでの人との出会いもあるから辞められないんだなぁと思いました。


じつはタクシーのアジョッシはミサリ競艇場の場所こそわかっていましたが

私の行きたいコース先頭の場所はわからず

まずゴール地点に着いちゃったんですね。

で 警備員にここじゃないと言われ

真ん中辺りの入り口までは行ってくれたんですが

最初でメーターを止めていたこともあり

中に入るのが面倒くさかったようで 降ろされちゃったんです。



まぁ1キロくらいなら歩こうかと思っていたら

入り口にいた警備員のアジョッシが

「どこに行くんだ」と聞いて来たので

「(写真を見せて)ここに行きたいんだ」と答えると

「遠いから ちょっと待って 車捕まえてあげるから」

と通りかかった業者の車を捕まえて 乗せてくれました。


というわけで警備員アジョッシと 業者のアジョッシのおかげで

あっという間にスタート地点に着いたのでした。



寒の戻りで しかも朝9時ごろ 曇り 

風をさえぎる物のない競艇場はさむうございました。


ミサリ競艇場6


友人と話をしたり 水を飲んでいたベンチ


ミサリ競艇場7



ジョギングをしていた 

応援する兄弟たちが走っていた道路

ミサリ競艇場8


さて撮影も終わり帰りのタクシーを捕まえようとしたら

さっきの警備員アジョッシが マウンテンバイクでいるじゃないですか!!


「写真撮影は終わったのか?」と聞いてきたので

「おかげさまで終わりました。ありがとうございました」

「今日はとても寒い コーヒーをご馳走するから こっちへ来い」

と ボート場脇の売店へ


「寒いから中に入れ」とさらに売店中へ

はじめはラーメンをとおっしゃったのですが お断りしました。

私にはコーヒーと小娘にはお菓子をご馳走してくださいました。

(もちろん払うといったんですけどね)


しかもアジョッシが 売店外の人にも

「このアギとオンマは ソル・ギョングの映画に使われた場所を撮影しにわざわざ日本から来たんだ」

(一番新しい撮影がソル・ギョングの映画だったので 勝手に思い込んだんでしょうね)

なんていうもんだから

他の警備員や 商品搬入のオッパまで顔を出して小娘の相手をする始末


偉そうな小娘と売店オッパ 警備員のアジョッシ


小娘


そして記念写真とってやるから コース前に立てと

写真まで撮ってもらいましたよ

(あくまでもお菓子を離さない小娘と 私)


私と小娘

「帰りたいので 近くの駅はどこか」と訪ねると

教えてくれた上 タクシーまで呼んでくれましたよ。


他人にも優しくする愛情深い韓国人に触れ合えて幸せなひと時をすごせたのでした。

警備員アジョッシや 売店オンマにお手紙とお礼の品物を送るつもりです。

3日目 フィーリング

テーマ:

チャムシルからタクシーに乗り向かうこと20分あまり

着いた場所はここ


ミサリ競艇場


猟奇的な彼女 」の後半辺り キョヌが突き落とされるのもここ


ミサリ競艇場1


「フィーリング」でジョンジェがボート部員として活躍していた場所

ミサリ競艇場です。


ミサリ競艇場2



ミサリ競艇場4


正確な場所はわかりませんが

コーチにしかられたり 話をしていたボートハウスもありますよ


ミサリ競艇場3


ミサリ競艇場5


実際に大学生や高校生がボートの練習をしていたり

周りをマラソンしている人がいたり

ドラマそのままの風景が見られる競艇場でした。


明日もミサリ競艇場写真です。

2日目 フィーリング

テーマ:

さすがに疲れてきました。

「若い男」のロケ地を探して あっちこっち聞いて回ったのですが

わからず

そのうち大通りに出たので タクシーを待っていて

ふと道路反対側を見たら



alto1


あれ?あれ???どこかで見たことがある建物


道路横断してみると。。お店のロゴは変わっているけれど 名前はそのまま



alto2


そう 「フィーリング」で3兄弟のオンマが経営していた照明器具のお店!!!


alto3


道路先の青い看板もあったし


alto4


道路反対の

ユリがタクシーを捕まえたときに映っていた古そうなビルも健在


alto5


手がかりもなく 検索してもわからず あきらめていたので

改装や閉店で落ち込んだ気分も

ぶっ飛んでしまう 素敵な発見でした。