良作が沢山だったので
ちょっと心配でしたが良かったですね。





連合ニュース

http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20130211001000882&page=7&domain=6&ctype=A&site=0400000000

記事によると映画公開数減少が
年々下がっているようです。
これから先 「ピエタ」「建築学概論」
「金の味(日本タイトル密の味)」
ジェジュンの新作映画辺りの
日本公開は決定しているようですが
もっと大事な作品公開してほしいですよね。

北海道 日本海側の皆さん
雪大丈夫ですか?
暖かくお過ごしください。
AD

MovieWeekHP(韓国語)



冬も良作に恵まれている韓国映画界

「ベルリン」国内外で好評

「7番部屋の贈り物」が 1000万人突破

キム・ユンシクさんの映画も好評のようです。

とりあえず公開前に前売り1位は確保(Kstyle日本語)


インタビュー(Kstyle日本語)

AD

韓国女性雑誌 COSMO MEN2013年 3月号


雑誌コスモポリタンHP(韓国語)


ジョンジェのページ(韓国語)



最近のジョンジェぽくない

若いころならこんな写真もあったかも。

とか

コーディネーターのチャレンジ?

と思うような写真もありますが

新しいジョンジェに出会えるのはうれしいことですね。



News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae


News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae




そしてもう1冊

「主婦生活」


雑誌「主婦生活」HP(韓国語)


童顔の秘訣は?というテーマだそうです。


AD

VOGUE記事をあっちこっち見ているうちに

カフェで行われたインタビュー記事の紹介まで

行きつきません。


また後日

とりあえず親友ウソン氏とのことを語った記事をピックアップ



News of Lee-Jung Jae


映画やドラマの宣伝やインタビューという形では

TVには出演するが

単純なトーク番組にはあまり出演しない理由は

「何かを話すということが苦手だから」

だそうです。


だからと言って芸能番組は嫌いなジャンルではなく

むしろ好きで 見損ねた番組は再放送を必ずチェックする。

ともコメント。


先日トーク番組に出演したウソン氏に対して

そういう番組に出演してみたい気もするが

どちらかというとウソン氏と司会者側に立って

番組を進行してみたい。そうです。


マイデイリー(韓国語)


もし実現したら ゲストの方は見ないで

司会者の二人ばっかり見ていそうです。



もう一つ

はては妊娠や結婚説まで飛び出した

ウソン氏とイ・ジアの熱愛記事について

「他人の事実ではない話をする人が

 もっと大人にならないと」とコメント



News of Lee-Jung Jae


そういう人からインタビューされたら

「力強く対応したら」

とウソン氏にアドバイスしたことを明かしたようです。


「本気で話をしてもそれを否定的に判断して

 悪質的な噂になってしまうのが嫌だった。

 人の話だしこんなことをこの場所でいうのは

 好ましくないが

 ウソンさんのためだし

 世の中がこんな方向に行くのは正しいことだとは思わないから

 公の場で話をしました。」


「ウソンとイ・ジアが別れることになったのは

 二人で会うことができなくなったし

 嫌な記事が出回ったからだ。


 素直に話をすれば何の問題もないのに

 二人が会えば変に思われるくらいの

 ひどい記事がたくさんあった。

 マネージャーも会わないように勧めてきた。

 振り返れば あの時会うことができていたら

 また違った結末になったと思う。

 私は反対できる立場にあったのに。

 手助けすればよかった。

 

 イ・ジアさんは過去を隠すしかなかったかわいそうな人だし

 (ソテジと結婚→離婚していたこと)

 二人の関係すべてが湾曲して伝えられたのが

 とても残念。」

とジョンジェにしては珍しい内容を熱く語ったようです。


「映画「新世界」が好評だとうれしくて

 多種多様な人々と交流できたらうれしくて

 (忙しくて)疎遠になった人とも交流できたらうれしい。

 ウソンさんは週に2回は会う特殊なケース。

 「太陽はない」以来映像の仕事はしていないが

 いつか一緒に演技したいと思う。」


いいな いいな ウソンさん。

ウソン氏ファンから見ると ジョンジェがうらやましいんですよね。


誤解記事

ジョンジェの雑誌でのコメントが

ネチズンの間で話題になっているようです。


ちょっとデリケートな話でもあるし 

翻訳ページを見ても 意味がとりにくいのですが


先日発行のVOGUE KOREAで

「友人に好きな人ができて

 その人を好きになった自分自身を

 友人が責めていた。

 悩んでいる途中に自殺した。

 悩んでいるのは知っていたが

 まさか自殺するとは思わなかった。」

というコメントが紹介された。

このコメント部分のみNEWSPIM(韓国語)



「友人を失った。

 ゲ〇を辞めなさいと言ったが

 易しいことではなかった。」

という書き方をしているところがほとんどで

上記のNEWSPIMコメントを見つけるまで 

意図が伝わらないなぁと思ってました。



ジョンジェ自身は名前も出していないのですが

記事には 

「クリエイティブなファッション界の」

「自殺した」

などと暗にジョンワンさんを指し示すような

書き方をしていたので

ネチズンが推測して騒いでいるようです。


記事にして しかも推測させるような

書き方をした記者に対しても批判はありますが

今の韓国では

そういう方々のアイデンティティも少しずつ確率しているようで

ジョンジェに対しても 

ネチズンは批判したり

「デビュー前からの友人だから

 そういう意図で発した言葉ではないのではないか」

などと擁護する意見も出ているようです。

ジョンジェはヘアスタイリストやファッション関係の方と

仕事をすることが多いので 偏見はないはずで

文章の書き方にも問題があったのではないかと思います。



記事を書いたのはジョンワンさん ジョンジェ共々

長い間親しい関係にあった記者だったようです。

ジョンジェ関係者は  

「親しい間柄での内輪な話をそのまま公開して

 誤解の原因を作ったことを申し訳なく思います。」

とVOGUE側から謝罪があった旨をコメントしたようですし


VOGUE側はtwitterで

「イ・ジョンジェさんが VOGUEの記事で誤解を受けていることを

 切なく思います。

 イ・ジョンジェさんとウ・ジョンワンさんは特別な友情を分かち合った中で

 故人の心を痛めることがこれ以上広がらないことを願います」

とコメントして自体が収まるようにお願いしたようです。

公式にジョンジェ側に謝罪したようです。


公人であることの難しさ

文章 記事にすることの難しさを感じますね。


スターニュース(韓国語)


韓国 中国 台湾 香港の方の正月休みも今週末まで

里帰りした台湾の友人は弟たちが肉ばかりリクエストするので

一緒に食べていたら太ったと言っていました。

どこの国でもお正月は太る危険性大


10日 お正月の翌日のブログ


これも韓服だから

新年のご挨拶。

福をたくさん受けて 元気で 愛しています。

いつまでも幸せに暮らしてください。



News of Lee-Jung Jae

13日にカフェで行われたインタビューで

ジョンジェは


自分が演じる王に対して

悪人の男という見方と

自分なりの論理に従った男という見方があった。

映画「観相」ではこの二つを合わせ持った男を演じる。

自分自身も どちらか片方だけの印象に見える

演じ方はしたくなかった。


出演シーンは少ないのに

多様な印象を与えたかった。


自分の目的が明確だったので

目的を達成するためには

自分が強くならなければならないと

思っている男だ。


演技者が同じようなキャラクターを演じるのはできない

映画「泥棒たち」のポパイが 大いに発散できるキャラクターだったが

映画「新世界」は 心に押し殺した貯める演技だったし

映画「観相」は ちょうど溢れ出す感じの演技だ。


 「観相」と「新世界」の撮影がかぶった時期があったのでは?

かぶらなかったとしても すぐの撮影だったでしょうが

演技の種類が違うからこそ 切り替えできて

専念できたのかもしれませんね。


映画「観相」 秋夕?もう少し早く?

王様ジョンジェの姿を早く見たいものです。


ロケ地師匠からの ソンムルです。

師匠 いつもいつもありがとうございます。


News of Lee-Jung Jae


映画「新世界」のチラシは 横2つ折

News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae


もうすぐ公開ですね。

あわせて韓国に行かれる方いるのかな?

まだまだ寒すぎる韓国 

寒さ対策をしっかりしてお出かけくださいね。

香港の友人から映画「泥棒たち」のDVDが届きました。


News of Lee-Jung Jae


パッケージ画像は先日紹介しましたが

もう一度


News of Lee-Jung Jae


News of Lee-Jung Jae


DVDはこんな感じ


News of Lee-Jung Jae


音声は韓国語に加えて 中国語

字幕は英語と中国語


リージョン3で 

隠れリージョンフリーではありません。


ちなみに3枚組 韓国語DVDですが

某方が教えてくれたので確認したら

(情報 ありがとうございます)

なぜか2枚目だけ 隠れリージョンフリーで

日本のプレーヤーでも視聴できます。


2枚目の内容は 台本読みだの撮影風景だの

コメントだのです。

監督の早口台詞要望に苦戦する キム・ヘスクさん

ポパイの演技に 子どものように喜ぶ監督

ワイヤーアクションに何度もチャレンジする 

チョン・ジヒョン など

韓国語がわからなくても楽しめる内容となってます。


そうそう 

サイン版のシール紹介忘れていました。


News of Lee-Jung Jae

過去記事

1月23日に

チョン・ジヒョン ハン・ソッキュなど出演して

海外ロケも行った

映画「ベルリン」VIP試写会に

映画「新世界」メンバーと一緒にジョンジェも出席しました。



News of Lee-Jung Jae


前後しますが

「新世界」VIP試写会でつけていた時計と同じですね。


News of Lee-Jung Jae

 

「スカーフがポイント」と書かれています。

News of Lee-Jung Jae



News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae




ブログ 動画のかわいい部分をピックアップ



韓国 台湾 中国 香港は
今日9日が新年です。
日本でも地方によっては
旧正月をお祝いしている所があるかもですね。

香港や台湾の友人に聞くと
7日とか8日まで仕事で
1週間程度のお正月休みのようです。

ソウルに至っては-10度とか-15度とか
非常に寒い新年になっているようです。
意外と航空券が安いので
お正月前後に韓国旅行なさるかたも
多いようです。
寒さにはお気をつけください。

最後におすそわけしてもらった
台湾の新年風景と
香港らしいスタンプを紹介







ここをご覧の皆様とそのご家族にとって
素敵な1年となりますように

むさ